“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

放蕩息子

そんなわけで最近、ヘンリ・ナウエンの「放蕩息子」を読み進めているオレさまですが、ぽまいらはいかが「帰郷」への道にさ迷っていやがりますか。




ヘンリ・ナエウン。キリスト教的霊性を追求したカソリック司祭、作家ってかんじだろうか。



彼のもっとも評価が高いとされるのが、この放蕩息子。



ダスカロスの「キリストのたとえ話」にも登場し、神の愛の深さとオレさまたちがこの<世界>で生きることの本質を示しているともされる聖書の放蕩息子の話。オレさまももっとも好きな話のひとつだ。


この話を自分の人生に照らし、霊的探求、そしてキリスト者としての召命に忠実にあろうとするナウエンの霊的葛藤とともに描かれている。



ちなみにこんな話。



ルカによる福音書 第15章11~24節

 また、イエスは言われた。



ある人に息子が二人いた。

弟の方が父親に、「お父さん、わたしが頂くことになっている財産の分け前をください」と言った。それで、父親は財産を二人に分けてやった。何日もたたないうちに、下の息子は全部を金に換えて、遠い国に旅立ち、そこで放蕩(ほうとう)の限りを尽くして、財産を無駄遣いしてしまった。何もかも使い果たしたとき、その地方にひどい飢饉(ききん)が起こって、彼は食べるにも困り始めた。


それで、その地方に住むある人のところに身を寄せたところ、その人は彼を畑にやって豚の世話をさせた。彼は豚の食べるいなご豆を食べてでも腹を満たしたかったが、食べ物をくれる人はだれもいなかった。


そこで、彼は我(われ)に返って言った。「父のところでは、あんなに大勢の雇い人に、有り余るほどパンがあるのに、わたしはここで飢え死にしそうだ。ここをたち、父のところに行って言おう。『お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません。雇い人の一人にしてください』と。」


そして、彼はそこをたち、父親のもとに行った。ところが、まだ遠く離れていたのに、父親は息子を見つけて、憐(あわ)れに思い、走り寄って首を抱き、接吻(せっぷん)した。


息子は言った。「お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません。」


しかし、父親は僕(しもべ)たちに言った。「急いでいちばん良い服を持って来て、この子に着せ、手に指輪をはめてやり、足に履物を履かせなさい。それから、肥えた子牛を連れて来て屠りなさい。食べて祝おう。この息子は、死んでいたのに生き返り、いなくなっていたのに見つかったからだ。」そして、祝宴(しゅくえん)を始めた。


ところで、兄の方は畑にいたが、家の近くに来ると、音楽や踊りのざわめきが聞こえてきた。そこで、僕の一人を呼んで、これはいったい何事かと尋ねた。僕は言った。『弟さんが帰って来られました。無事な姿で迎えたというので、お父上が肥えた子牛を屠られたのです』


兄は怒って家に入ろうとはせず、父親が出て来てなだめた。しかし、兄は父親に言った。「このとおり、わたしは何年もお父さんに仕えています。言いつけに背いたことは一度もありません。それなのに、わたしが友達と宴会をするために、子山羊(こやぎ)一匹すらくれなかったではありませんか。ところが、あなたのあの息子が、娼婦(しょうふ)どもと一緒にあなたの身上を食いつぶして帰って来ると、肥えた子牛を屠(ほふ)っておやりになる。」


すると、父親は言った。「子よ、お前はいつもわたしと一緒にいる。わたしのものは全部お前のものだ。だが、お前のあの弟は死んでいたのに生き返った。いなくなっていたのに見つかったのだ。祝宴を開いて楽しみ喜ぶのは当たり前ではないか。」





さてさて。この話は、神の愛の深さを示す話としてよく語られる。イエスは貧しきものを愛したように、出来の良い兄貴がマジメでいることよりも、放蕩の限りを尽くしたようなバカ息子が立ち直るほうをより喜ぶ。



そうした神の愛の深さについてはいくらでも語られたところなので今更オレさまは触れないが、このナウエンも著書で語るところだが、より気になるのは、兄貴のほうだ。この放蕩息子に自分をなぞらえ、神の愛へと帰依とようとするのは誰にでもできる。



しかし、父の教えに忠実でずっと応えつづけ、勤勉に、真面目に精励してきた兄。ずっと父のもとに在り、父を支えたきた。しかし、愚弟が財産を生前分与させ(これは当時の文化的には父に死ねといってるのに等しい反逆行為)、さらに身上を食いつぶしてでもどってきたにもかかわらず、大喜びで抱擁して赦し、受け止め、祝宴をひらいいて迎えた。



その様を兄は「自分ずっと父仕えてきたのに、こんなにしてもらったことはない」と不平不満をもって眺めることになる。



「自分は、ずっと自分のことを弟のほうだと思ってきた。しかし、実は兄だった」



とナウエンは気づく。それなりに裕福な家庭の長男として生まれ、親の期待に応えて神学を深めて司祭になり、ずっとマジメに生きてきた。バカな享楽に興じる友人知人を横目にしつつ。



しかし、彼らへの不平不満が渦巻いていたと気づいたとき、世界が変わった。自分は、まさに兄の側だったのだ。



もちろんこの兄に対しても父は、「わたしのものはすべておまえのものだったではないか」と言っている。弟と同じように、父の愛は注がれていたのだ。



だが、兄としての規律に縛られ、マジメに生きてきた兄には、バカに自由に生きた弟への羨望があったのだ。うずまく不平不満がずっと心に巣食っていたのだ。



「自分はまさにこの兄だった」ことに気づいてしまった者にとって、これは辛い。弟が<帰郷>するほうが、ある意味簡単だ。弟はその身ですべてを失った経験をした。それゆえ、「父の家へ帰ろう」とカラダを通して思うことができた。



環境によって学ぶことができた。



だが、兄はずっと父のもとにいたのだ。ずっと父のもとにいたにもかかわらず、本当に<帰郷>への道につかなければならない。闇に落ちたものにとって光を理解するのはある意味簡単だ。だが、光の中に居続けたものに、光の真価がわかるだろうか?



この放蕩息子のシーンを描いたレンブラントの絵には、弟を抱擁する父と、それをやや離れた場所から立ち尽くして見つめる兄の姿もある。兄は父と同じように、立派な服装で、父と同じように描かれている。しかし、彼は愛を表現できずに、立ち尽くしている。



弟よりも、兄こそ困難な霊的課題に直面してしまったといえるだろう。



人間的にマジメに、社会的には立派に。そうして生きている自覚のある者が、自分は「この兄だ」と気づくこと、不平不満がその胸に渦巻いていることに気づくことは、難しい。気づいても、認めることは困難だ。



だが、もし気づくことができたら、絶望が伴うような困難な道だが、価値ある霊的チャレンジがそこにあることを知るだろう。それは、<帰郷>へと続く道でもある。



世の中のうかれぽんちなスピ系セミナーはそうした道へと導くことはしねぇが、そんな道へと踏み出していくことが、ほんとのスピリチュアルな道だとオレさまは思う。



スピリチュアルな道は、いつも、自分がもっとも見たくない自分の発見から始まるのだ。



ま。そんな話だ。






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


はいはい。そんなワケで。オレさま主催の『神秘学講座 基礎編』の案内だ。


↓ここ見ておくんなまし。参加してみっか、という奇特なヤシはどうぞ。

第一期はもう少しの間だけ受付中。


神秘学講座 基礎編 参加要綱はこちら


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


                     訂正 1  


「そうは言っても、オレさまは弟タイプだとは思うのだけどw」なんて思ったら、ぽちっとな♪


                        人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter