スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

つっこんだら負けか。不幸話でマウンティングする人の5つの特徴

不幸自慢てっているよね

さて。夏樹です。


まぁね、ふと思います。

人には誰しも、とんでもない闇がある。

辛く、タフな経験がある。


神秘学をおしえていると、実に多くの人が、そういう過去を投げかけてくる。

 

おれは別に聞く程度しかできんのでそれはそれで構わない。


ただ申し訳ないが、それなりに「返信すべき受講生」も多いので、基本全れすのおれでも見落としはあるし、「そういうメールには相手したくい」という手合いもいる。

 

残念なことに。

 

不幸な話でマウントをとってくる人

 

ほんで。ただ世の中には、

「不幸のマウンティング」

とでもいうべきことをする人って、

大人でも普通にいるのな。


「私の方がずっとつらい経験がある」

「だから今も生きてる自分はエラい」


と暗に言いたいのだろうか。

なんでそれを一応神秘家のおれに話すのだろう。

カウンセリングめいたものが目的なのか、慰めて欲しいのか。

そのわりには妙に挑戦的だったり。

対応が悩ましい。

 

ほんでふと思った。

不幸話でマウンティングする人には5つの特徴がある。

 

特徴その1.自分のことは話す。しかし人の話は聞かない。


しかし、人の話を聞く余裕も、何より関心がないうに思う。

 

まして、こうした道に足を突っ込んでいると、「スピリチュアルな学びをしている」と言っているにもかかわらず、自分の話ばかりしたり、

人の話に耳を傾けない(できない)というケースによく遭遇する。

 

 

特徴その2.人の話を盗んで話題の中心はいつも自分


でもって相手の話にのっかって、話題の中心を奪い(笑)、自分の話をしだす。


学校とか会社とか、普通にいるだろ。(笑)


井戸端会議だけにしておいて欲しいが。

少なくとも、こうしたことを学んでいる者の姿勢じゃないな。

 

 

特徴その3.本当に同情されるような話はしない

でな。そんな人だから実はめっちゃプライドは高いねん。(笑)

だから本当に同情されるような話—マジな不治の病とか、パートナーの浮気で離婚とか—はしない。

ましてや自分が否定されようなものならキレるまでまったなし。

 

特徴その4.特別感が大好き。私は人とは違う。

はい、そんな人にとってスピリチュアルだのヒーリングだのは「特別な私」の演出ツール。

「不幸な話」もしょせんは人の注目を集めるツール。

軽く不幸で注目を集めたら、同情をあつめて自己憐憫にひたる悲劇のヒロイン系から、それを乗り切る英雄神話に様変わりするツワモノもいる。

もういい。

好きにしてw

 

特徴その5.スピリチュアルもすべて自分を映えさせるインスタ系ツール。自分に決して向き合わない。人の話はやっぱり聞かない。

スピリチュアルな道の探求は、内的世界の探究だよな。

 

自分の心と向き合わない人間が、どうして他者に向き合うことができようか。


それは、多かれ少なかれ、人はある程度は艱難辛苦にむきあってくるものだ。


おまえさんは、どうだい?

 

他人への態度から、ほんとの自分の現状というものが

見えてくるもんだ。

「人の話を聞けるか」

「耳を傾けることができるか」


そんな自分を省みてみるのも、たまにはいいかもしれないぜ。

思いもよらぬ自分の傾向を発見するかもしれない。

 

でもあれね。

スピリチュアル・マウンティングなんて堕落しかまってないからねしなようにな。

ま。そんな話さ。

 

 

まぁ、何とはともあれ、今年も好評の特典つきのメルマガを下記からどうぞ。

 

 

第一部<スピリチュアル編>
【霊的成長編】

1通目:人格主義=霊的成長。それが前提
2通目:天国へと至る 5つ黄金の鍵とは何か
3通目:内省はすべてのベース
4通目:我々は真理の現れも観察する
5通目:集中力なくして達成できるものは何もない
6通目:霊的成長とは何か
7通目:もっとも重要なスキル—視覚化—
8通目:瞑想でこの世界を超越する
9通目:【重要】なぜ学ぶのか―魂のパトス—
10通目:お仕事編の学びを進めますか

 

【第二部お仕事編】

【spiritual&marketing】
1通目:真・善・美からそれないこと。
2通目: 個の時代の到来をはき違えるな
3通目:あなたの強みを具現化するということ
4通目:100年食いっぱぐれない力とは何か
5通目:非成長型社会を乗り切れる人種は〇〇
6通目: 再びモノづくりの時代へ
7通目: 日本人に最適な働き方

※第二部の配信はクリックした希望者のみ。
※icloudのメアドは使えません。

 

魂の神秘学『風の時代で成功するための神秘学』

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(21/02/21)
    中☆高☆年!! 大変興味深い記事でありんした。 ふと、友人が昔、霊障に悩まされて永代寺さんに駆け込んで助けてもらった話を聞いたことが思い出されました。 あそこは高野山の関係だそうで。興味本位で、一度お寺の話を聞いてみたいなと思ったんですが、結局その機会はありませんでした。(ひやかしはブロックアウトなのかしら(笑)「不安を払拭」「脱洗脳」も受けてみてぇ) 話は変わるけど、最近見た話で、ある日本の宗教学者さんが言うには アメリカでもスピリチュアルはエセスピの意味合いが強くなり、スピリチュアルという言葉を敬遠するようになってきたのではないかと。 個人的には、そのうちまた新しい言葉が生まれるんじゃないかと当て込んで?います(賭けてない)。
    » なぜ詐欺的なスピリチュアルを信じ、ハマる人は多いのか。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/02/16)
    随分古い記事にコメントありがとうよ。(笑) 下手に内省や精神的治療をやるよりも、 エネルギーワーク(エーテル系ワーク)で心の浄化が進んだり、 癒えたりする方法もあるってこったな。 これも一つの方法さー。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar Mayuko さんより(21/02/16)
    夏樹さん 次回の神秘学講座を目前に、多くの中からこのブログにあたりました。記憶の傷を癒す、原因を赦すという箇所を読んだ時、「ええ、マジで?!」と叫んでしまいました。 内省は自己否定付きという誤ったやり方でしたが経験もあります。(辛い) でも、エーテル体へのアプローチなんて全く知りませんでした。というか、エーテル?何?というレベルでした。これからの講座、俄然やる気がでてきました。ブログ、有難うございます。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar 藤千晶 さんより(20/12/02)
    はじめまして、藤千晶と申します。 いつもメルマガ拝見させて頂いています。 住まいは奈良県になり、神秘学講座を学びたいと思いながらも遠方なこともありなかなか行動出来ずにおりました。コロナによりZOOM講座も取り入れていただき、この度受講させていただきたいとメールさせていただきました。 受講希望はどちらから申込みさせていただけばよろしいでしょうか? どこかに記載くださっているはずですが、うまく申込み先を見つけられず、申し訳ありませんがご教示いただきたく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ふじちあき
    » メールマガジン発行者・ブログ情報

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter