“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

エセとは似て非なるもの、と書きますな。

はい、ぼくちゃんです。珍しく連投です。


そうですなぁ、ぽまいらの言うとおり、エセはなくならない。



いや、自分は本物、マジ覚醒した、というヤシ(団体)もある。非公開コメントで「ここおかしくない?」といって教えられたヤシも同様だった。



著書がアマゾンで、中身検索で少し読めたが、前書きだけでもええ加減にせぇよ、と。



で、具体的な批判は避けておこう。それよりもだ。



一人でいい。



本物を読み込め、と言いたい。



よく使う喩えだけど、美術品の鑑定士は、本物に触れまくる修行時代を経ていると、ある日、ニセモノに対しては「ピンとくる」「なにか違和感を抱く」ようになる。そして学んだ知識等で裏付けるわけだ。



スピに対しても同様だよ。



その意味でオレさまが安心して薦めるのはやはりダスカロスだろう。



「メッセンジャー」(太陽出版)があるおかげで、人となり、言動もよく分かるしな。ほんとに霊的に高い人がどう発言し、どう行動したのかわかる。


あわせて「エソテリック・ティーチング」を読み込んでおけぱ、エセのエセたる浅さも自分勝手なスピ理論もよく分かってくる。


ましてや、スピ世界で高額料金とって「チャネラーを育てる」「ヒーラーを育てる」なんてのが、あかんだろというのはよくわかる。


ダスカロスも、その娘さんも、ダスカロスの弟子たちも、世界中にあるサークルの運営や勉強会は、必要経費くらいしか取らない。極力、この道で不当な利益を発生させないようにしている。



その理由も、倫理観も、ちゃんとしっかりしたものに根付いている。エセヒーリング、怪しいチャネリング、きわもののリーディング、覚醒(藁を促すスピリチュアル・セミナー・・・。



近づくこと自体、やめるといい。


おまいの悩みは、自称霊能者のあやしいご託宣でぽっと片付くものか?


たかだか数千、数万程度のカネで片付くほどのものか?



もしそうなら、ハナからそんなモンに頼る必要はない。


「スピリチュアル」は願いをかなえてくれる便利な魔法じゃねぇよ?


むしろ、「霊的成長」を促しにかかる、時として辛い道だぜ?


自力でどうしようもないことだとしても、解決策は、どこかにはある。



絶対に。それが人生というものだ。



ときには友人、あるいは何かしらのまともな社会サービス、そうしたありふれたものの中にあることがほとんどだ。



気をつけるんだぜ。



「スピリチュアル」にすがろうとした性根が、事態を悪化させるのだから。



ま。そんな話だ。

                     訂正 1  


  「かめの歩みで、確実に歩く!」と思ったら、ぽちっとな。(藁


                        人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter