スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

メルマガ【魂の神秘学】Vol5.「エーテル」を感じることから始めよう。

どーも。
オレさまですが、
ぽまいらはいかがスピっていやがりますか。


さてさて。

出発点はいろいろあれども、
「スピリチュアル」な道を踏み込み、
探求しようとする人は、
基本的に優しい人が多いのだろう。

だからこそ、思うのだ。

ちょっとした霊的なモノや現象に、
いとも簡単に人はだまされ、驕り、そして堕落する。

わけあって、オレさまは何人か、
そうした霊能力者を見てきた。
ある人に至っては、「まさか……」と思うような、
それなりに高いレベルにいたった人もいたのだ。


だから、こうして縁のあったぽまいらには、
うざいくらいに、オレさまは言うだろう。


ゆっくり、成長していこう。


この道は、急ぎ足でいいコトなんて一つもないのだ。
そしてお互い、エゴイズムの肥大化なんてことにならないように、
本当に注意しよう。

ちょっとチャネリングができる。
ちょっと霊感がいい。


そしてそんな自分が、ちょっぴり誇らしい……。


こういう心は、いとも簡単に憑かれ、堕落を招く。
ぽまいら、注意しろよ。


さ。辛気臭い話ばかりしてもしょうがねぇ。
今日も勉強の時間だ。
今日は、ちょっとカラダを動かしてみようか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■VOL.5「今号のコンテンツ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・「エーテル」を感じることから始めよう。
・エーテルの機能について1
・読者からのQ and A
・編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「エーテル」を感じることから始めよう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
もし、今ぽまいらが、一人になれる場所にいるなら、
次のことをしてみようか。

1.まっすぐに立ってみよう。

2.膝を軽く曲げて、腰を少し落とそう。

3.手のひらを地面に向けて開き、
へそと同じ高さに位置させよう。

このとき、手のひらは軽くリラックスして開いてくれればいい。



そして手のひらに、
「温かさ」が集ってくるようにイメージし、
しばらく立ってみてほしい。


ゆったりと呼吸して、目を閉じていい。
立禅ともいうんだ。

ゆっくり呼吸して、
意識を下に、下にと深く落としていく。
足はしっかりと大地に根をおろしたように感じられてくる。
自分の安定感も増してくる。
そんな気がしてくるだろう。

そして手が暖かくなってきたら、
今度は手のひらと手のひらを向かい合わせたりして、
手の中に透明で温かいエネルギーのボールがあるようにイメージするといい。


次第に、熱気やボール状の反発感や弾力のような感覚を覚えるはずだ。


それが、気を感じることの第一歩。


東洋では、「気」(chii)とか、
「プラーナ」とか言われている、
生命を生命たらしめているエネルギーだ。


オレさまは自分の学派に従って、エーテルと呼びたい。


この生命エネルギーを扱うことこそ、
もっとも効果的なヒーリングを可能とする。


・・・・つづきは、コチラ。









↓【Facebookページ】「いいね!」をクリックして、各コンテンツ記事をどうぞ。↓






関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/02/16)
    随分古い記事にコメントありがとうよ。(笑) 下手に内省や精神的治療をやるよりも、 エネルギーワーク(エーテル系ワーク)で心の浄化が進んだり、 癒えたりする方法もあるってこったな。 これも一つの方法さー。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar Mayuko さんより(21/02/16)
    夏樹さん 次回の神秘学講座を目前に、多くの中からこのブログにあたりました。記憶の傷を癒す、原因を赦すという箇所を読んだ時、「ええ、マジで?!」と叫んでしまいました。 内省は自己否定付きという誤ったやり方でしたが経験もあります。(辛い) でも、エーテル体へのアプローチなんて全く知りませんでした。というか、エーテル?何?というレベルでした。これからの講座、俄然やる気がでてきました。ブログ、有難うございます。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar 藤千晶 さんより(20/12/02)
    はじめまして、藤千晶と申します。 いつもメルマガ拝見させて頂いています。 住まいは奈良県になり、神秘学講座を学びたいと思いながらも遠方なこともありなかなか行動出来ずにおりました。コロナによりZOOM講座も取り入れていただき、この度受講させていただきたいとメールさせていただきました。 受講希望はどちらから申込みさせていただけばよろしいでしょうか? どこかに記載くださっているはずですが、うまく申込み先を見つけられず、申し訳ありませんがご教示いただきたく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ふじちあき
    » メールマガジン発行者・ブログ情報
  • User Avatar なが さんより(20/07/26)
    久々に(今頃)読んだけど、いい記事やった。 夏樹氏もブレないし(一時期質問の返答がみんなこれだった←そりゃそうだ) ああ、勉強したくねえ。(本音)
    » マスク作りが面倒な疑い深い私の疑問と神秘家の回答

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter