“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

メルマガ【魂の神秘学】増刊号1「ホントに怖い、“魂の取り引き”」

あー、ども。ぼくちゃんです。





今回は、メルマガ増刊号。





先週一回原稿を落としたので、

号外的な内容を一回増刊でお届けする。





折を見て、

Vol.8の発刊を来週の木曜日前に行う予定だ。





そこで、今回はオレさまがよく否定するチャネリングについて。

怖い例があるので、それを元に話そう。





ところで、よく誤解されるが、

オレさまは何も無分別にチャネリングという行為を

否定しているんじゃない。





然るべきステージにいる人が、然るべスキルを経て、然るべき行を積んだ上で、

然るべきモノと繋がっていれば問題ない。





というより、いずれは必要になる。





オレさまが否定し、

鼻で笑うときは、繋がっている存在の程度が低いときだ。



お里が知れるってこと。






エラそうに神様的に振舞っておりながら、

その内容たるや、

そのへんのおっさんと変わりはしない。(苦笑





たとえば、ほんとに大天使等の高位存在と繋がる導師、神秘学徒は、

その時点で、もはや書物などは学びには必要なくなる。





自分が相応しく、それ相応の霊性を示して繋がれば、

相応の叡智を授けてくれるのだ。





そんなもん、語られる内容で用意にわかる。

言葉の示す先が、美しいのだ。

言葉が美しいんじゃないぜ?





言葉で描かれるヴィジョン、概念、叡智が「美しい」んだよ。





それが、

高き扉を開けた先から流れてくる言葉の特徴なんだ。





そしてこれまで道を歩いた先人たちが積み重ねた足跡の中には、

この道を歩く上で欠かせない知識が多々ある。





比較すれば、容易に本物かどうかなんてわかる。





ところがだ。





傲慢な者、物臭な者、著しい勘違い入った者が、

限りない、数多の先人たちが命を削って積み上げたものを容易に否定して、

「体験しなきゃわからない。頭でっかちに意味はない」的なことをほざく。







アホかと。







チャネリングする前に、リーディング(読書)しろ。





わけのワカラン脳内妄言に耳を傾ける暇があれば、

数多の知性、人生、命をかけて蓄積され、

研鑽されてきた体系にこそ耳を傾けるがいい。





おまえさんが一生かかってもたどり着けない境地、高みに辿りついた大先輩たちが

積み上げた叡智だ。





おまえさんの想像すら及ばない領域にまで辿りついた、

本物たちの足跡なのだ。





本当にチャネリングすべきは、

それらの確実なる叡智をつづる言葉で《描かれる思考、理性、理念の世界》なのだ。






↑はい、コレ。実は超重要ですよ。チャネリングを練習するなら、ココですよ、ココ。



世のチャネラーで、ココを教えてる人、オレさまは知りません。





本当に耳を傾けるべきはどこなのか、

真剣に考えるといいぜ。





おっと。メルマガ増刊号への導入のつもりが、

チャネラーとか、独学・体験派への批判になっちまった。(苦笑









━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■増刊号1 今号のコンテンツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・ホントに怖い、“魂の取り引き”

・編集後記





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ホントに怖い、“魂の取り引き”

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あーどもども。

年度末、大きなイベントを二つ抱えていて、

ついに週に一度出していたメルマガ原稿を落としてしまった。





その代わりと言ってはなんだが、

もう少し先にとっておく予定だったネタを一つ。





さて。





日本人の霊性、霊的文化というのは、

非常にシャーマニックだ。

霊界に近いというか。





西洋人がアジアを旅行すると、

非常に「エキゾチック」な印象を持つ。





シュタイナーは霊界が近い、といい、

ダスカロスも同様の印象を持っているようだ。





具体的に言うと、

日本では、たとえばお盆など、

ご先祖様がすぐ隣に生きている。





そういう感覚をもった霊的文化だ。

アストラル界と近いというか、区分があいまいだ。

たとえば、千と千尋の物語のように、

ある「境界」を何かの拍子に越えてしまったら、

生身の「異界」(霊界)へと入ってしまう。





そういうコンテクストが、

東洋では自然なんだな。

感覚としてあるということ。





今でも地方に行けば、

拝み屋なんてのが普通に存在するくらいだ。





そしてそういう文化に生きるだけに、

アストラル界と、東洋人は非常に近い。





それは、

逆に言えば、アストラルの棲む者たちの干渉を受けやすい、

シャーマン体質の者が多い、ということなんだ。





さて、話はここからが本題。



・・・・つづきは、コチラ。


















↓【Facebookページ】「いいね!」をクリックして、各コンテンツ記事をどうぞ。↓













関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter