“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

メルマガ【魂の神秘学】VOL.15「魂の機能と魂の6つの行」

はろう。オレさまだ。


6月に向けて、
「魂の6つの行」についての内容に入れるぜ。


1ヶ月に1つ。


そんな風に進んでいくので、1月か6月にスタートを切ると
ちょうどいい、ということもあり、
今までメルマガにするのにネタにしなかった。


ようやく6月を迎えるこの時期になったので、
始めていこと思う。


そんなわけで、
神秘学徒ベーシック・メソッドの定番ともいうべき、
魂の6つの行、スタートだ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■VOL.15「今号のコンテンツ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・魂の機能
・魂の6つの行
・編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■魂の機能
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
はい、どーも。


オレさまです。


いやー、よーやくキリのいい6月が近くなったことで、
このメソッドの解説に入れそうだ。


神秘学の修練は一言で言ってしまえば、
「魂の機能」を鍛えるといえるだろう。


そこで今回からここで取り上げるのは、
「魂の6つの行」と言われるメソッドだ。


6つのメソッドを通して魂の機能の向上を図るわけだ。


「霊性の向上」全体をスポーツに例えれば、
魂の6つの行は、
筋トレにあたるようなものだな。



では、鍛えるべき機能はというと、
次の三つだ。


・思考
・意志
・感情


この三つが魂の三つの主要機能だ。
これを個別で順次鍛え、のちに組み合わせて鍛える。
毎月ひとつで、トータル半年かけて実施する。


今後、「霊的世界」「真理」というものに向き合い、
探究していくためには、
この「魂の力」が通常よりも健やかで、
そして強くなくてはならない。


霊的世界が曖昧な世界だからと、
論理的に考えることを放棄してはならない。


むしろ、確固たる足場を打ち立てられないからこそ、
頼るべきは、確かな思考力となる。
ぶれない思考力こそ、
前進するための推進力となるだろう。


霊的世界は、
いい加減で自分勝手で都合のよい感情、感性、感覚、
直感で向き合うべきではない。


感情とは、安定的なものとなって初めて湧き上がる
「快」「不快」といった感情が確かな判定指針となる。


まっとうで鍛えられるほどに、
感情がもたらす「快」「不快」は、
より確かな判定として用いることができるだろう。


そして強い意志があってこそ、
倦まずに歩いていけるのだ。
自分では一切探求や修練の成果が感じられなくても、
「いつか霊界の真理が自分に開示されるときがくる。
その日がいつなのかを決める権利は、
自分にはない。
権利があると思うのは傲慢だ。
自分に許されるのは、
自分が真理に相応しい器として、
成長のための努力を継続することだけである」
と考え、歩き続けるである。


思考によって道を切り開き、
感情によって道を判定し、
意志によって道を歩き続ける。


魂の機能は、
神秘学徒として相応しいレベルへと
高めなければならないのだ。


では、
実際の訓練に入っていこう。


・・・続きは、コチラ。









↓【日本神秘学徒協会のFacebookページ】「いいね!」をクリックして、各コンテンツ記事をどうぞ。↓








関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter