“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

【魂の神秘学】VOL.20「7つの約束」1番目について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■VOL.20「今号のコンテンツ」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・7つの約束について
・編集後記

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7つの約束について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
はい、どーも。
ぼくちゃんです。


前回まで、
魂の6つの行をやっていたな。


5番目までやったが、
最後の月が一番大変だ。


一日の間に、
これまでやった5つをすべて実施するんだ。
まぁ、大変だろうが、6ヶ月めは集大成だ。
がんばれ。(藁


さて。
今回は、七つの約束だ。
ダスカロスが、師ヨハナンから授けられたという、霊的成長を促す7つの項目だ。

7つの約束すべてについては、
こちらを見てくれ。
https://wizardofsoul.org/blog-entry-897.html
さて、まず1つ目。

1 いつどこにいても、私もその一部である 「絶対無限の存在」 に、心をこめて奉仕します。


今回は、この一つ目についてみていこう。


絶対無限の存在に奉仕する。


言葉を変えれば、
神に奉仕する。


日本語としてはまあ分かりやすい。


問題は、
「私もその一部」であるという文言にある。


よく言われるが、
「根源」は、「ひとつ」だ。


全は一、一は全という有名なヘルメスの言葉にもあるように。


魂は、究極的には、
「神」という存在のそのものだ。
神は神になるために人になった、
という東方キリスト教の公理にもあるとおりだ。


我々は、
いずれは神になる。
神になるために分裂し、
個としての人になっている。


だから、
見知らぬ他人に対して奉仕することは、
イエス本人に奉仕しているのと同じだ、
とイエスが言った通りなのだ。



・・・続きは、コチラ。







・・・せっかく来たので押していただけると、
   とってもうれしゅうございまする。。。
   はい、ぽちっとな♪   

          人気ブログランキングへ



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/12/17)
    Ryo ども!コメントありがとよ。 そうだな、その問いはむしろ心理学の範疇のように思うが、 まぁあくまでもおれの考え方、ということで。 そのときのシーンでも違うだろうし、そもそも目的があるんじゃないか?すべての感情や欲求にはさ。 一見、「憎しみ→破壊」という情動が生じたとしても、おれとおまえさんではきっと違うはずだ。 おれの場合は、「この人は、おれが見たくないことをおれに見せつけ、リアルなおれ自身の真の姿を見せつける」から憎み、怒り、離れたいのかもしれない。 おまえさんの場合は「この人はなぜおれの言うことをいちいち否定するのだ?なぜおれの正しさがわからんのだ?」と、自分は正しいというエゴイズムを否定してくるから憎み、怒り、離れたくなるのではないだろうか。 という具合に、人によっても異なる、状況等によっても異なる。 しかし感情・欲求には目的性があるはずなので、そこを理解すれば質問にも回答がでるのではないだろうか。 という回答はどうだろうか。 「そういうい意味で聞いたんじゃないー」というときはまた聞いてくれい。
    » なぜ復讐はダメなのか。
  • User Avatar Ryo さんより(18/12/16)
    読ませていただきました。 一つ感じた疑問は では憎しみを抱いた時 破壊したい、その人から離れたいと思う願望は どうして生じてしまうのでしょう。
    » なぜ復讐はダメなのか。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/11/19)
    そうそう!結局内観が一番のコアですよ。ここに取り組み、それだけで問題ないっす。
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar たかメイ さんより(18/11/19)
    こんにちは! 最近、つくづく思うのです。夏樹さんも言っていたと思われますが(違ってたらごめんなさい)、「内観だけでいい」と。 過去に意識をやたらフォーカスしてしまうと、それが国家規模になるとすごいルサンチマンになってしまいます。 個人たとトラウマですか。 未来にフォーカスだとまだ、希望的観測がありますが、いまここでいられる(時間を忘れている)無我夢中状態というのは、集中力が必須だと思います。 日常で、いまここに立ち帰れるというのは 内観 しかないのではないのかと。 仕事に集中できるってことはいいことなのですね。 「内観」、すごいですね!
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter