“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

VOL.49―読者からのQandAヒーリングについて前編

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■VOL.49―読者からのQandAヒーリングについて前編
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いやはや。
すげぇ雪だ、関東は。
横浜は吹雪いていて、
どこの雪国だwという状態だ。


こういう日は、
引きこもって寝ていたもんだ。


さて、今回はヒーリングについてのQandAだ。
読者の方からこんな質問がきた。


「ヒーラーは、患者からのマイナスの気を引き受けてしまうか?」

「ヒーラーは、他人のカルマに干渉していないか?」

というものなんだ。


これは非常にグッドクエスチョンだと思う。


この質問者がこの質問をしたのには、
まずこういう前提があったんだ。

1.ヒーラーは早死、相手の悪い気を受けとると聞いた。
 身を削って治療する結果なのか。

2.知り合いの熟練の気功家は年配だが、
 そんなことはないように思う。
 彼は体力を消耗することすらないようだ。

3.ダスカロスはヒーラーだが長生きだった。
 また、他者のカルマを引き受けて自分が病んでいたこともあったと思う。
 それは例外なのか。マスターレベルになると話が違うのだろうか。


※ダスカロス
 世界一のヒーラーと言われたキリスト教神秘主義の神秘家、
 マスター。
 創造エーテルも使用可能であり、
 筋骨の物質化・非物質化を使用して再生までしてしまう弩級のヒーラーだった。


さて、上記の質問と疑問は、
異なるレベルのヒーリングが混在してしまっているために、
混乱が生じているんだな。
順番に話していこう。


まずひとつ目の質問。
患者からマイナスの気を引き受けるのか。
これはイエスであり、ノーだ。
当たり前だが、水は高きから低きへと流れる。
同じように、気(エーテル)もそうなんだ。


病んだ者と健全な者が並べば、
それだけで健全な者からエーテルは、
病んでいる者へと流れる。


なんとなく、
いっしょにいるだけで疲れる人っているだろ。
まぁ似たようなものだ。


同時に、気功でいう「邪気」(悪い気)を受ける。
ましてやそれがヒーラー、
治療家になってしまえば、
恒常的に悪い気を受けるともいえる。


オレさまの講座に参加した人は覚えているだろうか。


ごく初歩の技術として、
自分から悪い気を出す気功もやったな。
気功家は当然こういうのは初めにやるので、
問題はない。


というより、
一般的な気功の訓練をやっていれば、
カラダから邪気を出してしまう。


気功の世界でそれは一般的に、
「せいしゅ」という。
スワイショウとも言うな。
講座でやったものは、
https://www.kikoukakumei.com/work_intro.htm
このページに紹介されているものと同じだ。


これは手を前後に振るというシンプルなものだが、
カラダを軸にして、
デンデン太鼓のように-例えが古い?w-
手を振り回すものもある。


個人的には後者のほうが気持ちよくて好きなんだが、
講座では会場スペースの都合で前者を選んだが。


効果はまあ同じだ。


だから仮にも気功家等の治療家であれば、
邪気を受けるとか、
あまり心配しなくていいんだよ。


ヒーラーは、
まず第一に自分の浄化はできる。


そんなことは、
当たり前の話ということさ。


これも講座で話したことなんだが、
ヒーラーは、
「ヒーリング」をするためのエネルギーを自分のカラダを通して、
癒しを必要とする人に流す。


いわば、水道管の役目だ。


さて、
もしここで水道管がサビていたらどうだ?


ここで言う「サビ」とは、
誰もが持っている、
心身の穢れ、
病気的な悪いエネルギー、
多すぎるストレス、
「おれはヒーラー、癒してあげるぜ」
というエゴイズム・・・。


そうしたものの総体を、
気功の世界だと「邪気」という。


そう、人を癒そうと思うなら、
まず自分をクリーンにしなくてはならない。


伝統的な気功とかの世界だと、
まず自分をクリアにし、
癒していくプロセスに、
五年、十年かけてじっくり行うのは当たり前のことなんだ。


そりゃ、
世の自称「ヒーラー」に対して、
「インスタントヒーラーww」とオレが言うのも分かるだろってなもんだ。


技術的にも、
エネルギー的にも、
たかが数回のアチューンメントだかなんだかで、
高い次元からのエネルギーを下ろせるとかいう触れ込みが、
なんのジョークだと。


ほんとにそんなすげぇのが可能なら、
世界中のエソテリック-神秘学派-な導師たちが、
数千年の歴史の間に、
とっくに開発して導入してるっての。


それをしないということは、
まぁ推して知るべしだな。(藁


さて。話が長くなってきたので、

もう一度まとめると、
ヒーラーは邪気を受けないかという問。


それは受けることは受けるということでイエスだが、
問題なく対処しているので、
ノーともいえる。


こういうと、
●●ヒーリングだと遠隔だから問題ないとか、
▼▼ヒーリングだと邪気が初めから自分のカラダに入ってこないとか、
言ってくる人いるんだよねぇ。


ま。はいはい、わかったわかった、
としか対応しねぇけど。


それはさておき、
もうひとつの質問は次回のメルマガで回答したく思う。


こっちの方が、
神秘学的に重要な内容となるだろう。
じっくり回答しよう。


ま。そんな話だ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
質問があると、
自分の復習になるし、
ときに自分でも思っていなかった問いを自らにすることがある。

それはオレにとっても、
非常に勉強にもなるな。

ぽまいらも、
なんかあったらいつでも寄越してくれ。
すべての質問を採用できるとは限らないが、
できる限り、
取り組みたい。





          人気ブログランキングへ



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter