スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

オーラ美人より

オーラをいかにメイクアップしてやろうかと目論むオレさまですが、ぽまいらはいかがスピビジネスのカモになつていやがりますか。



いやー。きましたねぇ。



オーラで美人になったり、ミカエルを願望実現ツールにしちまったり。今度は2日かそこらでオーラをリーディングできるようになろう!と。スピビジネス、ほんとになんでもありだな。



っていうか。2日かそこらでいったいナニが観えるのだ?(藁 と思わないでもない。つか、逆に観えるようになったら、わずか2日で第六チャクラをがっぴらかせたことになる。キケン極まりないことをするもんだなぁと。



まぁ、そんな危険性すらないレベルだとは思うけどよ。



さて。そもそもオーラ。一番基本的なのは、肉体表層部分にはみ出してみえるエーテル体の輪郭だ。つぎが、各チャクラの覚醒度合いを反映している、アストラル体だな。アストラル体はサイキック体(思考・感情)とも呼ばれる。



つまるところ、そのときのココロの在り方がおおいに反映している。そして思考と感情が人間的に高い人ほど、概ね透明度と光度が高い。いわゆる澄んで輝いているわけだ。



たとえば理性よく発達している人がいるとする。その人は、第三チャクラがもっとも開き、オーラの全体的なベースのカラーはイエローだろう。そして人格も同じく高ければ、それはより澄んだイエローとなってみえる。



こうした人でも、怒りに我を忘れたときは、にごった赤色が顕れもする。そのときの思考・感情だな。



また、そうしたアストラルの「オーラ」を読み取るよりも、だ。一番ベースとなるエーテル体の輝きは、肉体の諸症状を反映する。どこか悪い部分があれば、自覚症状がなくとも、その部分がくすみ、霊視者は病を発見できる。ヒーラーなら、そのままそこをヒーリングしようとするだろう。



基本的に「オーラを観る」とはそのようにヒーリングのためにリーディングされるべきものだ。「美人になるために」クリアーにするものではないし、オーラを美しくするということは、思考と感情を美しくするということだ。



そのプロセスは日々の内省や、道徳的に高い生き方を意識的・理性的に選び、歩んでいく長い長い道のりのことだ。



なんかのセミナーにいって、数日間なんかしてどうこうなるものじゃあない。っていうか、オーラがきれいに見えない写真をさらす講師がナニいってんだ???と、とてもフシギだ。



まったく・・・。



ちなみにシュタイナーもダスカロスも、オーラ視に関して次のようなことをいった。「オーラを観て診断することは、いかがわしい性格判断的なものとは、一切関係ない」と。



「オーラをはっきり観えるようになりたい」



という気持ちはわからんでもないが、そもそもなんのために?というのは考えたほうがいいだろう。そしてそのためにセミナーに通ったり、その気持ちを利用してビジネスにする輩がいたりするのが、いまのスピ業界だ。そんなのは、「きれいなオーラ」からはむしろ遠ざかると断言しておくぜ。



やれやれ。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter