“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

気合いが足りないと病気になるのか?

皆様こんにちは、たーこです。

全国で桜がポツポツ咲き始めているようですね。

北海道は流石の4月30日開花予定のようですが・・・

しばれる季節が続くかもしれませんが、

元気出してお過ごしくださいますよう!

東北にお住まいの方もお体ご自愛くださいませ!

 

さて。

 

昨日病院に行ったのですが、

長年ず〜っと悶々と悩んでいたことがあったので、

病院の先生にきいてみることにしました。

 

 

気合いが足りないと病気になるの?

「気合いが足りんから病気になるんだ!」

これ、以前とある医者が実際私に言いました。

私は体育会系上がりの人間なので

「そうか…。」と、かなり落ち込みました。

※私はバカなので真に受けちゃうんですね。

しかしこの話を夏樹にしたところ、

「んなバカな話があるか!」と、夏樹激怒。

それでも私は思い込み激しいので

「そうかなあ?」と、いまいち信用しきれません。

でも、夏樹の言うことは基本正しいことが多い。

私では判断つかないので、件のお医者さんにきいてみることにしました。

 

「”(医者に)気合いが足りないから病気になるんだ”

 と言われたんですけど、実際そうなんですか?」

 

先ず、看護婦さんに笑われました。

看護婦さん曰く

「まあ、抵抗力が落ちてると免疫力落ちて病気になりやすいけどね〜www直球過ぎるwww」

 

そして件のお医者さん曰く

「ん〜まあ、アニマル浜口だって怪我もすれば風邪ひくこともありますよね。

あれだけ”気合いだ”言っててもね。

でも、確かに日本人特有の”そういうの”はありますけどね〜。(※気合い・根性論)

俺も昔山岳部で体育会系でしたけど、

怪我した状態でも”前へ行こう!”

ってときに成長することもありますしね〜。

でも、限度がありますよね。

でもどうなんでしょうね、

マラソンでもスパートかけるときもあるしなあ〜…(ブツブツ)

でも取り返しはつかないしね。

こればっかりはわかりませんねぇ。」

ですって。

よくわかりませんがハッキリしていることは

気合い・根性論は一理あるけど、限度がある。 

というところでしょうか?

・・・ホントかなあ?

検証してみましょう。

さて、ここでまたわからないこと発生。

\(^0^)/抵抗力って何だ?

\(^0^)/免疫力って何だ?

\(^0^)/教えてインターネッツ!

 抵抗・抵抗力、免疫・免疫力、回復の意味

【抵抗】(goo辞書より)

 外部から加わる力に対して、はむかうこと。さからうこと。
 「権力に―する」「大手資本の進出に地元の商店会が―する」
 すなおに受け入れがたい気持ち。反発する気持ち。
 「相手の態度に―を感じる」「一人で入るには―がある」
 流体中を運動する物体が流れから受ける、運動方向と逆向きの力。
 「電気抵抗」の略。

 

【抵抗力】(Weblio辞書より) 
① 
外部からの力をはねかえす力。反発する力。 
 
② 
病気などに対して耐えることのできる力。

 

【免疫】(デジタル大辞泉より)

 病原体や毒素、外来の異物、
自己の体内に生じた不要成分を非自己と識別して排除しようとする生体防御機構の一。
本来は、ある特定の病原体に一度感染して回復できると抵抗性をもつようになり、同じ病気にかからなくなることをいう。
先天的に備わる自然免疫と、後天的に得られる獲得免疫がある。
機構としては細胞性免疫と液性免疫の二つが働く。

 物事が度重なってそれに慣れてしまうこと。「騒音に―になる」
 

【免疫力】(デジタル大辞泉より)

体内に入ったウイルスや細菌、異物などから自分自身の体を守る力。
低下すると多くの疾病を引き起こす。
白血球がその役割を担う。→免疫
 
よくわからないので色々調べてたら、
ヤフー知恵袋にわかりやすい例えがありました。
抵抗力=ブロック、ガード 
免疫力=スルー、慣れ

【回復】

 悪い状態になったものが、もとの状態に戻ること。
また、もとの状態に戻すこと。「健康が―する」「ダイヤの乱れが―する」
 一度失ったものを取り返すこと。「名誉を―する」「信用―」
だそうです。(goo辞書より。)

医者の仕事とは?

お医者さんの場合、
人(医師)は人(患者)にかかわり、
病んだ状況をもとの元気な姿に戻すことによって、
その専門性を人(患者)にもたらす、
病気を治す専門家です。
と、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会のサイトでは言ってます。
つまり、
お医者さんのお仕事は
患者さんである”人”にかかわって
「病んだ状況をもとの元気な姿に戻すこと」がお仕事。
「病んだ状況をもとの元気な姿に戻すこと」=病気を治す
ということでしょうか。

まとめ

 お医者さんがちょいと前、
私に教えてくれたことなのですが
ちゃんとした大人はそんなにいない。
むしろ大人は結構テキトー。
平気で大嘘つく。
そういうもん。
だそうです。
これってつまり、
患者の病気を治す為なら医者も嘘をつくことがある
ということではないかと思います。
※私は今お世話になってるお医者さんをかなり頼りにしていますし、珍しく割と信用しています。
その上で、私は病みート、「患者」です。
そしてお医者さんは
お医者さんの立場で「患者」である私に
気合い・根性論は一理あるけど、限度がある。 
と、回答しました。
コレは「気合いが足りないと病気になるのか?」
という問いに対し、暗に「そうではない」と否定しているということではないかと思います。
少なくとも患者の1人である私個人に対する回答としては否定しているといえるでしょう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
…この話はココで終わりになりますが、
話は終わりではありません。
だって、私は患者。
早く元気になりたい。
看護婦さんとお医者さんの話から私は
(医学的見地からザックリ言ってしまうと)
「抵抗力と免疫力に問題があるから病気の状態なのか。」
と、思いました。
ヤフー知恵袋に書かれていた例え
抵抗力=ブロック、ガード 
免疫力=スルー、慣れ
これらが核心を突いているものであると仮定した場合。
病を物理攻撃と考えると、
せっかくもっている防御力を使いこなせず
攻撃をモロに受けているということになります。
ドラクエでいえば、攻撃力・防御力の高い道具を持っているのに装備してないようなものですね。
次回はこの辺について考えていきたいと思っています。

んでもってメルマガのお知らせ。

病について語らせると

若干ウザい上にスピリチュアルから離れるたーことは違い

メルマガ「魂の神秘学」は、

夏樹がガチに本物の神秘学の探究を進めます。
本物のスピリチュアリティとは・・・?
と真摯に問う方の登録を、夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

それではまた!(^0^)ノ

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter