“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

非日常〜病みート考。(笑)

前書き

花見行ってたらブログ更新時間過ぎてたああああああ!!!!!!

夏樹がお昼寝しているうちに更新しておこう。

ぶっ殺される…gkbr

「かくかくしかじか」っていう漫画読んでました。泣いた…

良い漫画なのでご興味ある方は

TS●TAYAでレンタルするか

立ち読みするかしてみてくださいw

病みートしていても

ベースは体育会系の根性論で構成されているたーこには、
グッサリと刺さるものがありましたぜ…へっへ。

さて。

 

死に至る病、ギシアン(笑)

 

病気がさっさと治らないことや、
社会にとけ込めない状態に苛立ち焦り、
時には発狂し、
挙げ句の果てには過去の出来事を呪い始める。

そんな「スピリチュアルとは無縁にしたほうがいいんじゃねえかコイツ」

というような心持ちのたーこです。

いいの。努力はしてる…とおもうから(笑)

※面の皮は厚いたーこです。

 

先日、無意識であろうが何だろうが

「自分は誰かしらに愛されている」という

絶対的な信頼を持っている人の心境はどんなものだろうか?

と、ふと思うことがありました。

そういうのがある人間は強いし、
病にも負けないと思うんですわ。

少なくとも、今の私より、
ずっと心の基礎が安定しているのではないかと想像しています。

とはいえ、
私自身も「愛されていない訳ではない。」ということはわかります。

ただ、信頼ができない。

※人はそれを疑心暗鬼と呼ぶ(笑)

まあ、そういうものを私は確実持ち合わせています。

人に歴史ありという感じで、

私に体育会系の根性論を叩き込んでくれた恩師が、

私にとってどうしようもなく「裏切り」にしか見えない行為をしやがりましてね。

問いつめる前に亡くなっちまいやがったから、もう聞けないし。

で、その後何度か自分にとって大事と思っている人に「裏切り」を食らっちまって

見事な疑心暗鬼、略してギシアンの出来上がりですわw

 

見方を変えて見る。

 

でも、ここで敢えて恩師の行為を信頼した見方をすると、

恩師の暗の伝言はこうなるんですよ。

「人の間違い・裏切りとか、なんかそういうのを、

 笑って受け入れて赦せてしまうような強い人間になれ」

いやさ、人って間違えて当たり前じゃないですか。

「裏切り」ひとつとっても、
見方によっては一種の「甘え」にも思いますし。

(※きちんと考えられた上での「判断」によるものもあると思います。)

 

私はもうすぐ33歳、いい年ですし時間もたっぷりあるので

時々私より若い人の「間違い」も目にすることもあります。

で、そいつが多少頭に来るような内容で、

表面的にめっちゃ怒ったとしても

その裏側で「まあ、仕方ないよな」とも思います。

だってそういうものなんだもの。

そんでもってたぶん、
自分のわだかまりに対しても受け入れる必要が、
私にはあると思うんです。

具体的に言えば、
下記の能力を身につける必要ですかの。

●相手を問わずしっかり自己主張できる力

●「まあ、仕方ないよね。ハハハ」と、笑える度量。

 

この辺が現在私にって、
最重要な課題だろうなあと思ってます。

んでも、そいつをクリアするにはやっぱそれなりの「力」が必要じゃないですか。

※経済力・実行力・コミュニケーション能力など現実的な力を含みます。

無茶を言いやがって〜とか、思いますが、

そこクリアしないと、
私治りそうにないのでしゃあないですね。

 

弱者故の強みと弱み

 私は貧困は悪だと思ってます。(清貧と貧困は別な気がしますけどね。)

だって精神面であれ金銭面であれなんであれ、

「貧しくて困ってる」って、「恐怖(不安)」そのものじゃないですか。

エゴイズムの種が「恐怖(不安)」だっつーなら

つまり、貧困=病といっても過言ではないのでは?

なんて思ってます。

で、私はギシアン故にかなり強い恨みと復讐心を腹に抱えております。

まあ、だから病気なんでしょう。

※恨みやら復讐心は精神的な貧困からくるものだと仮定してます。

で、悪いことに私は時々復讐心から復讐の対象に自分を見せつけます。

そして目を逸らす彼らを心の中で嘲笑います。

「何故私を見ない?耐えられないのだろう?

自分の過ちに。もっと見ろ、この無様な私を。」みたいな。

※人はそれを「嫌がらせ」と呼ぶ。(笑)

 

この行為は勿論良い行為とは言えないでしょう。

むしろ、自己憐憫的で非常に「悪い」行為と言えるでしょう。

でも私はその行為をすることで、
さり気なく私から目を背ける彼らのことが可笑しくてなりません。

「ワケもわからず私を踏みつけにし続けた癖に、
何故その結果の一つを見ることが出来ないのか?pgr」

〜と。

うん、すっごく誰も得をしない悪い行為ですね。

 

知っては、いるんだけどね。解ってはないんでしょうね。

まあ、その行為を続けるうちに

「見ることが出来ない、というのは良心がある故の弱さかもしれないな。」

と、思うようにはなっているのですけどね。

現実問題、弱者はキレイなところしか見ることが出来ません。

例えば、私は社会的には弱者です。
食わせていただいている身故に

食わせてくれている人が社会の中で泥まみれになっている姿を、
見ることも知ることも出来ません。

力がないと、見ることも知ることも出来ないものがあるんです。

まあ、この辺は霊性の世界でも同じですよね。

力がないと知ること自体が不可能な世界は「ある」のですよ。

 

たぶん、正解は全部受け入れて生きる

 

現状の私を支えているものは「復讐心」と「治りたい・生きたいという心」です。

そしてその奥にある立ち直って一発当ててやりたい」
という気持ちじゃないかと思います。

つっても、少しずつ積もっていってしまった根深い復讐心は確実に心と身体を蝕みます。

現状でもかなり良くなってきているほうですけれども、

私はとにかく「私がこんな無様な状態なのは(ほぼ全て)お前らのせいだ」
と言いたいのです。

もちろん、良いことではないですけどね。

本当の事実は自分でも分かりませんが、
今の私にとっての現実は「私がこうなのは、昔私を追い詰めた人たちのせい」なのです。

これは視点の問題かもしれませんが、
そいつをさっ引いても「今の私」にとってはそうなのです。

この、行き過ぎた復讐心がうまく昇華されない限り、
私の病は今以上良くなることはない気がしています。

自分自身の中にネガティブな気持ちや感情、
嫉妬や恨みや敵意のようなものを抱え込むことは、
継続的なエネルギーの燃焼引き起こします。

このため、病の80%は患者の責任と言えます。

 

って、ダスカロスも言ってるみたいですしw

 

恐怖からの解放のプロセスとは、

「正しい判断」による「正しいプライオリティ(優先事項)」です。

私たちはプライオリティを変えることによって、恐怖から抜けることが出来るのです。

たとえば、自分の肉体が一番のプライオリティであれば、

それが執着になり、もし健康が崩れたら、恐怖を感じます。

しかし肉体がプライオリティの4番目5番目だったら、病気になってもそんなに気になりません。

なぜなら、プライオリティがスピリチュアルの成長であれば、

それは内面のことなので、誰も私たちからそれを取り上げることが出来ないから、平静でいることが出来ます。

正しい判断とは、今心配していることが、本当に大事なのかそうではないのかという判断です。

ほとんどの人が怖がっていることは、実は大したことではないのです。

よく考えてみると、私たちは自分で幻をつくっています。

自分が怖がっている相手は欲望ー思考型のエレメンタルですから、

怖がるとエネルギーを与えるので、ますます強くなります。

エレメンタルは、怖がらなければ寄ってこないものです。

怖がるというのは逆らうことで、反抗する力なのです。

嫌だ、嫌いだ、駄目、要らない……

このように反抗する感情が、私たちをノイローゼや精神病にするのです。

私たちは好き嫌いが激しかったり、酷く反抗したりすると、

台風の中の松の木のように折れてしまうのです。

草のような植物は風邪に抵抗しないで、受け入れるから折れません。

私たちも、何でも受け入れて生きればいいのです。

Acceptance(受容)です。

※私は何のために生きているのか?p346

これらを元にして見ても、

今の私の状態は明らかに
「誤った」「あるべき状態から離れた」状態で、

「間違い」の状態です。
頭では分かっています。
とりあえず、わかりました。

分かったからには・・・と、
軌道修正を試みてはいますが、
これがまた難しい!!

自分の王様になるには、
やっぱり一定以上の努力と力が必要なんだろうと思います。

でも、間違いを体験しないと人を赦せないかもしれないよねー!とか、調子いいこと考えたりw

日々の自分のニートで愚かな生き方に「バカやってんなー」と思いながら考察してます。

ただのヒトが何かに気づく・わかるって大変ですね。

 

まとめ!

なんか、死んだらこの世ほどスピーディには
学べなくなっちゃうらしいっす。

生きるのって辛いししんどいし色々ありますけど、

時間は巻き戻せませんし、取り返しはきかないらしいので・・

まあ、ゆっくりでも頑張って学ぼうな姿勢で生きてってください。

私のような、わかってるのに間違い続けてる馬鹿野郎もとりあえず生きてますし。

がんばれ、がんばれ。

今日はそんな話です。

\(^o^)/

 

メルマガ登録のお知らせ。

メルマガ「魂の神秘学」は、
神秘家、加藤夏樹がガチに本物の神秘学の探究を進めます。
本物のスピリチュアリティとは・・・?
と真摯に問う方の登録を、夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

よろしくね!

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter