“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

日常日記〜長い前置きと、いか超のススメ

長過ぎる前置きが幕をあける。

 

※今回、誰がどう見ても「なげーよ。」という位

前置きが長くなったので、前置きに項目分けをする

という異例の事態となっております。

 

因縁切りの洗礼ww

ちょいとした個人的な因縁ぶっちぎるため、

時々某所に行くようにしたのですが

行きだした1日2日で、

家の電化製品が次々に壊れてます。

※某所へは昨日行って、今日も行ったのね。

今日朝→旦那ちゃんのLANケーブルが逝ってた。

今日帰ってきたら→炊飯器異常発生

次の日→○理になった。

ケーブルとか○理とかはまだいい。

炊飯器!!

炊飯器があああああああ!!!(叫

折角「今日は旦那ちゃんの大好きな炊き込み御飯☆」とかいって

気合い入れて下ごしらえしたのに…

何故生煮えになるんだ!!!

もう、くやしゅうてくやしゅうて…(ワナワナワナナ

「ちゃんと炊けてたら美味しかったんだろうね…」

〜なんて悲しそうな顔をされたときの

悔しさといったらもう…もう!

 

ホント何だってんだ!予想はつくけど。

 

わき上がる私怨。

 

炊き込み御飯がうまく炊きあがらず、

夏樹に炊き込みご飯を提供出来なかったショックは

それはそれは大変なものでした。

とはいえ、諸問題に関する元々の原因は私が作ったものです。

なので、けじめをとして因縁解消作業をすることに関しては

(やり方は色々あるでしょうが)とりあえず納得いくように

頑張ろうと思っています。

しかーし。

これでPCや電子レンジ、

あるいはスマホが逝くようなことがあれば

その時点でもう強制終了する予定です。(完全に私怨。)

もー、ホントスピ系大嫌い!(完全に私怨。)

 

スピ系と波動と電化製品、そして私怨w

 

てか、怨んでばっかだな私。

こんなコトあってふと思い出したのですが、

たまに

「私の波動があがったから電化製品が壊れた★」

〜などという、ワケのわからないコメントをする

スピリチュアルな御方々もおられるようです。

この際はっきり言ってやるぅ。

「テメエの波動が下がったから壊れたんだよ。」

(完全に私怨)

なんで波動が上がってモノが壊れるんだよ。

(完全に私怨)

 

私もそんなヴァカなスピ系だったけどな!

(血涙&完全に私怨)

 

そんな、あらゆる意味で「完全な私怨」を胸に、

本筋から外れた前置きするたーこですこんにちは。

 

※重要※

波動は高くなればなるほど、微細で繊細なものらしいので

高波動であるならモノが壊れることは、

まずありません。

「波動が上がったから物が壊れた」なんて

夏樹ぶち切れの世界です。ウフフアハハ

 

やっと本題:いか超。

 

…え、やっとここから本題?

大丈夫、こんなのいか超の前書きの長さに比べれば軽いもんです。

いか超の前書きはまるっと10ページありますから。

しかもけっこう大事な事書かれていたりもするので読み飛ばせないという。

前書きだけで挫折した人も少なくない筈。

※ご多分に漏れず、私も何度か挫折しましたw

 

いか超の前半、特に条件の項目は、

「わかっている人」にとっては

極当たり前のことしか書かれていないのですが、

現代社会を生きる私たちはその当たり前の事を

おろそかにしがちで、理解もしていないことがほとんどです。

 

引用してちょいちょいなんか書けたらいいのですが、

難しくて現段階の私にはコメント不能であったり

重要部分が多すぎたりで引用し切れません。

なので・・・・

スピリチュアルに興味をお持ちの方は読んで!

大変だけど!

私も読み直しますんで。

確かに内容は難しいです。

私にとってはマジで泣く程難しいです。

難しいですが、とっても大事なことが書かれてます。

 

尊敬するに値する相手に対しては、

それに相応しい仕方で尊敬するという

態度を学んだ人間は、

精神を自由に保つ術をもよく心得ているものだ。

そして心の奥底から畏敬がわき起こる場合、

常にその畏敬の存在は正当なのである。

とか

高次の知識を得るために必要なのは

人間崇拝ではなく、

真理と認識とに対する畏敬である、

ということが強調されねばならない。

 

誰でもよくわきまえておかなければならぬ点が一つある。

 

今日の外面的な文明の中にひたって生きている人が

超感覚的な諸世界を認識出来るようになるのは

非常に困難だということである。

 

余程精力的に自己への働きかけを行うのでなければ、

それはほとんど不可能である。

 

物質生活が簡素だった時代には

霊的高揚も容易に達成された。

 

崇拝されるべき聖なる対象は

世俗的環境の中で際立って存在していた。

 

ところが批判の時代になると、

理想的なものが引きずり下ろされ、

人々の心の中で別の感情が

尊敬、畏敬、崇拝、讃仰の代わりを占めるようになった。

 

その結果、現在畏敬の感情は増々背後に追いやられ、

日常生活の中では非常に僅かな程度にしか働こうとしていない。

 

だから超感覚的認識を求める人はこの感情を

自分で自分の中に生み出す努力を重ねなければならない。

 

そして自分の魂をこの感情で充たさねばならない。

 

このことは勉学によっては達成されない。

 

その達成は生活を通してのみ可能となる。

 

従って神秘学徒たらんとする人は

畏敬の気分に向けて真剣に自己を教育しなければならない。

 

そして賛美と崇敬の対象となりうるものを、

環境や体験の至る所に探し求めねばならない。

とかね。

いか超内容解説に関しては夏樹に任せるとして、

ガチでスピリチュアルを
学ぶにあたっての必読性は強調させていただきます。

本物の本って探せばあるけど、

あるようでなかったりもしますし。

とにかく、

あるべき基本姿勢を知っていただきたいなと思います。

でないとスピ系に戻っちゃったり、

基本を忘れ去っちゃったり、

やっちゃいけないことやっちゃったりしちゃうから。

スピリチュアルって知れば知る程、

結構怖くて危険なものでもあるみたいなんです。

なので「学ぶにあたっては安全に正しいプロセスを辿ってほしい」と、

他でもない、夏樹が思っている筈です。

ホントよろしくお願いします。

 

4月25日(土)神秘学講座のお知らせ

4月25日(土)に夏樹が神秘学講座を開催します。

講座ではニートTシャツ着た奴が受付をして、

インストラクター夏樹が授業を進める形になります。

内容は至って真面目なのでその点はご安心ください。

気負わずご参加くださいませ。

皆様にお会い出来ることを楽しみにしています。

 

講座に関する詳しい内容・お申し込みはコチラ。

\(^o^)/

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter