“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

非日常日記〜気功(立禅、站椿功、三円式)の注意点(腹式呼吸)

ちょりーっす、たーこでぃーっす☆(ミャハ

投薬期間が終わったし天気もいいので、

洗濯しながらまともな記事書きます。
講座で毎回練習する基本の站椿功(タントウコウ)
と呼んでいるアレです。三円式とか立禅とも言いますね。

※薬が抜けるまで数日かかるのでまだ
多少ナニアレかもしれませんがその辺はご愛嬌で!

 

站とう注意点

 気功プラクティスとして

毎回皆様の筋肉の悲鳴を
聞くことになっている站とうですが、

講座を受講してくださっている方々の傾向で、
ひとつ気づいたことがありました。

ここは重要だと思うので、
記載させていただきますね。

といいつつ、人のこと言えないのですが^^;

 

腹式呼吸のやり方

 みなさんの練習を見ていて気付いたのですが、
腹式呼吸がうまくできていない方が多かったです。

腹式呼吸は

から

空気を腹の底から肺まで吸って

から吐く

 

ーです。

 

肺呼吸だけでは呼吸が浅く、

気が上がっちゃう&あんまり気が溜まりません。

 

たーこの勝手なイメージで説明してみる。
※ごめん、分かりにくいかも

 

鼻から息を吸うと、
カラダの周囲の大気の気が
自分の中心(丹田)に向かって
集まってくるようにイメージ
してください。

(※内臓という内臓全てに空気を満たすようなノリで)

 

そして息を吐くと、
体内の邪気がどんどん
体外に排出されるように
イメージしてください。

みたいなイメージ・ノリで。

 

注意点その1

 

ここでの重要点は、

毎回申し上げているものと
同じですが

“全身の力を抜く”

です。

現代社会で戦う皆様にとって
「全身の力を抜く」ってのは

かなり難しいことかと思われますが、

慣れてくると「力が入っている状態」&
「抜けている状態が体感的に解ってきます。

 

注意点その2

 

また、これも以前申し上げましたが、

「胸を張る」と
「背筋を伸ばす」は違います。

胸を張ると胸骨が詰まります。

デスクワークが多い方は、
特に胸が詰まりがちなので注意です。

なぜなら

講座で私に「胸が詰まってますね」と、

セクハラを受ける羽目になってしまうからです。

色んな意味で要注意ですよ!!!

※正直、夏樹も私もこの胸骨と腰(骨盤・尻)の
 指導には手を焼いています。

どうしてもデリケートな位置に触れることになるので…

 

まとめ

 

とにかく

全身・身体で

大気中の気を吸い上げ、

全身・身体から
吐き出す!

 

です。

 

若干暑苦しい説明ですが、
身体で覚えていただくしかないことなので
気合いで感じ取っていただけるといいなと思います。

呼吸がうまく出来るようになってくると、
気の溜まり方も変わってきます。

 

また、姿勢が整ってくると
足の裏で大地を掴めるようになってきます。

この、足の裏で大地を
掴む感覚を覚えていただけると、

より姿勢が整ってきて、
自分の全体重がうまく足の裏全体に
乗る
ようになってくる…と、思う。

(※たーこは、この足の裏全体に体重を乗せるってのがまだできません。泣)

 

慣れないうちは呼吸だけでも結構疲れますが、

そのうち筋肉・体力・精神力がついてきて、

体つきもいい感じにかっこ良くなってきます。

前回の講座で夏樹が

「大事なことは
 大体筋肉が教えてくれる」

 

なんてこと言ってましたが、
これは割とマジなんですwww

冗談みたいでも、実はガチ。

これが神秘家夏樹スタイル!!!

 

おまけ〜腹式呼吸の練習裏技

 

これは、やる度胸のある方だけお試しいただければと思うのですが

1人カラオケをすると

かなり腹式呼吸&気を感じる感覚が
鍛えられます(マジ。

 

やり方は簡単。

かかとの低い靴でカラオケに1〜2時間位籠もり、

モニターの真っ正面に立ち、

站とうの姿勢をとって好きな歌をひたすら思い切り歌う。

片手でならマイク持っててもオッケー。

※「モニターの真っ正面に立つ」は重要。

(背骨がねじれる可能性を回避する為)

 

休み休みでも2時間ぐらい歌ってると
気がバンバン溜まってきている様を
実感出来ると思います。

その頃にはマイクが要らずになっていたり、

気のかたまりをぼわんぼわん感じられたりします。

これは自分で実証済みですw

 

メルマガ登録のお知らせ。

メルマガ「魂の神秘学」は、

私とは違い心の澄んだ 神秘家、

加藤夏樹がガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

よろしくね!

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter