“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

日常日記〜THE☆人見知りのつれづれ。

どうもこんにちは、たーこです。

待望のGW突入、夏樹は

「よっしゃ講座の資料作るぜ!!」

〜と、ノリノリですが、

私は自分が飲んでいる

眠りを深くする薬を、

夏樹のみそ汁に溶かし込んで(以下略

まあそういう危険思想的な何かの実行を画策してます。

資料作りは応援するけど、先ずは思い切り休んでほしい。

 

といいつつ、昨今自分の顔がかなり疲労顔になっていたらしく

本日夏樹に心配されてしまいました。

最近割と体調が良いので睡眠時間を

ほぼ一般の方の平均睡眠時間にして

活動時間を増やしたのですが、

まだ普通の生活をするには早かったようです。

まだ当分病みニートですわ…(泣

 

人好き人アレルギー。

 

私は恐ろしく人見知り…というより

人アレルギーの傾向があり、人の輪に入ることが心底苦手です。

人嫌いではないんです。

たぶん、むしろ好きなほうじゃないかなと思うんです。

 

でも、下手すればガチで泣き出すレベルで

人の輪の中に居ることが苦手です。

そんななので、誰かに話しかけるときは余程のことが無い限り、

トップ絵みたいな感じになります。

(※超★内弁慶傾向なので、夏樹には普通ですw)

どっからどう見ても不気味なのですが、直りません。

 

なんでそんなにビビリなの?

 

私は人の輪の中にいると、人の本意・気持ち等々が

気になって気になって仕方なく、

なんつーか、とにかく

”恐い”んです。

なので「居なくなりたい」という願望が

私の心のどこかで常に渦巻くことになります。

決して「死にたい」ではないのがミソです。

つまり、私は「私の存在そのものを消したい」

という願望を心のどこかで持っているんだと思うんです。

もちろん、それが善いことだとは全く思いません。

 

過集中と逃避と戦いと。

 

私は過集中傾向で、この傾向に結構手を焼いていますが

(病気の原因の一つになってるので)

自分の過集中の本当の原因はこの

「居なくなりたい願望に対する”逃避行為”であり、”戦い”」

なんじゃないかと思い始めてます。

人間の心って複雑ですね。

皆さんはこんな困った傾向に悩まされたり、

無意識のうちに困った傾向を乗り越えるべく戦ったりしてませんか?

自分の心、自分と向き合うという行為は

とてもとても恥ずかしくて苦しくて辛い行為ですが、

極々稀にこれまで見えなかった

「頑張ってる自分」の姿

が、透けて見えてくることもあります。

まあ、多少状況を変えようと

頑張っている自分の姿が

見えたところで自分の抱えているモノの重さが

軽くなる訳ではありません。

でも、今まで見えてなかった自分の側面を知って行くことで

自分のことが少し好きになるきっかけ…

になりうる面をてにいれることはできるのかもしれませんね。

そうなれれば多少救われたような気になれるかもしれないなあ…

とか、なんかそんなことを思った一日でした。

 

皆様、どうぞご自身・お体をご自愛くださいませ。

 

メルマガ登録のお知らせ。

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹がガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と真摯に問う方の登録を楽しみに待ってます!

 

魂の神秘学の登録はコチラから☆

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter