“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

日常日記〜夢うつつのコケコッコー

どうもこんにちは。

忍び寄るたーこ@寝不足です。

いやー。。。まいった。

 

謎現象〜終わらない大音量

 

えーと、kalafinaという歌唄いの曲に

「光の旋律」って曲があるのですが

夕べ寝てる最中頭の

この曲がずーっと大音量でガンガン鳴っててですね。。。

たーこはフツーのニートなので、

「そういうこと」はまず無いのですが、

なんか理由があるのだろうと思うことにしました。

理由は簡単。

そうでも思ってないと

何かキレちゃいけないものにキレそうだから。

 

正直あんまり大音量でエンドレスで流れ続けるものだから

 ああもうわかった!

 わかったから…!

 うるせえ…#

みたいな気分になっちゃってですね。

寝てるのに寝てる気がしませんで、

結局旦那さん見送った後、昼過ぎまで寝てしまいました。

※最近長時間睡眠せずに済んでたのになあ。

まあいいや。

 

光の旋律という曲、調べてみたら

「ソ・ラ・ノ・オ・ト」とかいうアニメのOP主題歌みたいです。

観てみようかな。(またアニメw)

ちなみにこの曲のテーマは「希望」なんだそうです。

 

ついでに「希望」を調べてみた 。

 

「希望」という言葉、

ポジティブなのか現実逃避なのかわからん言葉に感じて

あまり好きではない、むしろ嫌いな言葉に近かったのですが、

調べてみると、どうもユダヤ教・キリスト教では特別の意味を持つようです。

特にキリスト教。

信仰,愛と並んで三対神徳の一つをなすとかなんとか。

(キリスト者の基本的態度,コリント1書 13・13)

まだよく調べてないので全く意味がわかりませんが。

(※「三対神徳って何?」「コリントって何?」ってレベルw)

なんかわからんけど調べたほうが良さそうですね…面倒臭いけど。

 

もうちょっと語るつもりだったのですが、今日はこの辺で止めときます。

夏樹まだ家にいないので下手なこと書けないし。

 

ちなみに。

夏樹のメルマガでは現在

視覚化・ビジュアライゼーションについてディープに語ってます。

ご興味をお持ちの方はこちらからどうぞ!↓

 

※ちなみに、今月の講座は16・17日です。

それぞれジャンルが違いますので、

お申し込みの際はその点お気をつけください。

 

よろしくね!(^o^)ノ

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!


>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい


【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

 

 

 

 

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter