“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

日常日記〜自分との約束と希望。

どうもこんにちは。

たーこ@花粉症だったと思ったら風邪だったです。

くしゃみと鼻水が止まらず、鼻水の色が薄いので

「ああ、これは花粉症だ、間違いない」と確信

・・・していたのですが、どうも眠たくて

布団に入って気づいたら19時でした。

「どんだけ鈍いんだよ!」っていう。

 

とはいえ。

相も変わらず夏樹多忙につき、

たーこがどんどこブログを更新します。

…もはやブログ乗っ取りに近いですねw

 

嘘つきたーこの逆襲

 

以前ブログでお話しさせていただきましたが、

たーこは自分にも他人にも嘘つきです。

その自覚もあって、嘘をつく毎に

自分の何かがどんどん弱くなっていく感覚を

体感しています。

〜で、私は今現在それを止めようと思ってます。

昔、人生迷子状態な私に向かって

「低いハードルを作ってそれを越えていけ」

みたいなことを色んな人から言われていましたが

私には言われている内容の意味が

全く分かりませんでした。

私にはその言葉は響かなかったのでしょう。

つってもまあ、

占い師の言うことなので響く訳が無いですね☆

占い師の大半は自分のキャパを越えた

占い・回答をしようとすると

その人の底が見えます。

客に人の底を見られたら、

占い師としては失格じゃないかと思う。

それなら「私には回答出来ない」と

認めてしまうほうがどれだけいいかと思うます。

 

今のところ言われた言葉で

大事にしている言葉がある占い師は1人だけです。

占い師としてよりは一個人、

艱難辛苦を生き抜いている

大人からの言葉という印象ですが。

 

自分との約束を守る。

 

今、自分との約束を守ることに力を注いでます。

例えば「日曜日に風呂場を掃除する」とか。

自分との約束をつくって、守る努力をしてみるんです。

嘘つきが身にしみている身にとっては結構大変ですし、

守れるときも、守れないときもあります。

でも、守ろうとするんです。

そうすれば、守ろうとしたことは自分が知っています。

場合によっては人に許しを貰って、

自分との約束に折り合いを付けます。

 

自分は見てるものなんです。ぜんぶ。本当に。

周りが何を言っても、自分は見てるし知ってます。

 

大体、夏樹に教わったスピリチュアルなエクササイズ。

自分に嘘つきである状態でやったところで

一番肝心なところが育ってくれるとは

私にはどうしても思えません。

それこそ宝の持ち腐れになってしまったり

肝心なところで「失敗」してしまう悪寒。

黄身の無い卵じゃ孵化する訳ないし。

 

「希望」でありますように。

 

夕べ奇怪な夢を見た話をした話をさせていただきました。

夢があまりにうるさかったので仕方なく色々調べた結果、

夢のテーマは「希望」であることが判明しました。

「希望」

私、実は「希望」って言葉が大嫌いでした。

浮かれたような、

ただの現実逃避的言葉に感じられて

「希望を胸にする前に行動しろ」

なんて思ってしまうんですわ。

「希望」なんて言葉自体、空虚で他人本意な言葉だ。

この世から無くなってしまえばいいのに。

〜と思う位嫌いでしたw

 

んでもあれこれ見聞きして調べてみると、

「希望」という言葉が違うものに思えるようになりました。

こいつは私個人の解釈みたいなものですが、どうも

 

望まずにはいられないものに向かって

恐怖の状態から

勇気を持って

向かっていく

そんな状態・姿勢そのものが

「希望」

という言葉で形容されている。

 

みたいな感じなんですわ。

それなら、わかります。

大事な言葉だと思えます。

 

何かに立ち向かおうとしているとき、

立ち向かおうとしている間、

(もっと言ってしまえば人が「成る」までの間)

色んな人が色んなことを言います。

本当に色んなことを言います。

 

でも、

自分や相手から逃げることなく

自分との約束を果たそうと

立ち向かっている間は

自分が自分にとって

希望足り得る人間なんだろうな、と。

 

くっさいですが、そんなことを思いました。

自分が自分である・あり続けるってえのは

文字通り死ぬ程難しいことだと思いますが

「希望」はキリスト教における

神学的な徳の1つみたいですし

(※他の徳は「信仰」と「愛」だそうで。)

そうあろうとする自分でいたいなあと思います。

 

まあ、今日はそんな話です。

 

メルマガ登録のお知らせ。

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

※ちなみに、今月の講座は16・17日です。

それぞれジャンルが違いますので、

お申し込みの際はその点お気をつけください。

 

よろしくね!(^o^)ノ

 

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/01/28)
    ゆうゆう まーほんと。 そういうこと言うヤツぁ流行りに のっかってるだけだろ。 「占い師に過去世とか聞いてくる人たちもいて困る」 という占い師側の苦悩も言う人はいるけどw 機械のやつな。どうだろう。 いわゆる「オーラ」とされている色に、 身体のになんらかの情報を変換しているだけだろ。 そこにどんなアルゴリズムがあるか しらんけど。 信ぴょう性はないと思ってる。
    » 占いでオーラが見えるは嘘!スピリチュアルの本質を理解しよう
  • User Avatar ゆうゆう さんより(19/01/28)
    興味深く拝見いたしました(^^) 実際、まともな占い師さんで「オーラが…」なんて言いだす人はいませんね。 オーラといえばキルリアン写真を思い出しますが、あれは信ぴょう性あるのでしょうか… ゲーセンやスピサロンでオーラ写真とかオーラ判定とかやってますよね。あれもどうなんだろ? ご意見お聞かせ願います。
    » 占いでオーラが見えるは嘘!スピリチュアルの本質を理解しよう
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/01/18)
    >justice いや、別に強い表現とかとは気にしてねぇよー。 そうか、あんたの「救いたい」は 業界というよりも、 「ヒーラー」とかやっちまう病んだ連中の 心なのかもしれねぇなぁ。
    » 偽物スピリチュアルヒーラーの実態と3つの見抜き方
  • User Avatar justice さんより(19/01/18)
    すみません、誤解を与えたようです。 文面をよく見ると、表現が強かったですね、すみません(笑) ただこの問題については、意外と根が深いと思います。 ご存じだとは思いますが、スピリチュアルのお仕事している圧倒的多くは、さまざまな事情でスピリチュアルの世界に辿りつき、心の拠りどころとしてスピリチュアルを自分の居場所をとしている方が多いです。 心にいろいろ問題を抱えているのだと思います。だから、理屈に合わない行動を取り、スピリチュアルの仕事やクライアントを「モノ」として利用してしまう人が多くなったのだと思います。 偉そうに言ってすみません。文面の一部は、今日書いたわたしのブログから抜粋しています。 こんなこと書いていますが、スピリチュアルは好きです。 加藤夏樹さんのキャラも好きで、記事も楽しく読ませてもらってます。
    » 偽物スピリチュアルヒーラーの実態と3つの見抜き方

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter