“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

日常日記〜明日は決戦だから寝ます。

どうもこんにちは。

たーこ@絶賛風邪っぴきです。

明日10日に死んでも外せない用事があるため

先にブログ書いてます。

 

ちょっくら悪あがきの結果回収に。

 

ええ、人生の半分以上長年かけて挑んできた

家族問題に関わる悪あがきの

結果回収にいってきます。

しっかり見届けようと思います。

イメージ的に鼻息荒く挑んでるような

そんなノリですが、

そもそも根本的な問題は

私の問題ではありません。

なので実質何もできないのですけれどもw

 

それでも、ヘタクソなりにずっとずっと

もがいて望んできたことが

叶う…かもしれない局面です。

仮に望み潰えたとしても

何らかの結果を収穫することが出来ます。

私の人生の半分以上を費やした大勝負は

ぶっちゃけ何の意味も無かったですが、

望んだことへの結果を回収出来る。

「それでいいや」

って思います。

 

…ごめんちょっと嘘w

どんな結果になっても

個人的なわだかまりは残ると思います。

 

だって、文字通り

人生の半分以上費やしてたことだもの。

そりゃあ、色々思うところありますがなw

 

まあ、でも、いいんですわ。

 

「皆でご飯を食べる」この行為を

今更家族ごっこだと抜かしていた奴が

どんな気持ちで、どの面ひっ下げて

集まりの場を作ったのか

しっかり見せてもらおうじゃねえか、と。

 

まあ、社会的地位が全くないニートな

私はバカにされてるでしょうけどね。

 

それで傷つくような

自宅警備隊じゃねえ!w

 

力ではない戦い方で応戦したりますわ。

まけるもんか、ですw

 

 

それはそうと、明日は母の日ですね。

私は夏樹のご家族みんな大好きなのですが、

反面、涙が出るレベルで羨ましくもあります。

 

夏樹のご家族マジ大好き。

存在自体ありがたい。

今年こそ会いに行きたいものです。

 

ブログをご覧の方の中には、

ご家族に対して愛憎交錯している方も

おられるかもしれませんが

皆様どうぞご家族を大切にされてください。

いや、大切にしなくてもいいと思うんです。

ただ、

家族を大切に思う感覚を

忘れないでいてほしいと、

大好きな家族を他人の介入によって

ぶっ壊された身として強く思います。

ただの我が儘ですけどね。w

 

まあ、そんなわけで

明日がより良いものでありますように。

 

今日はそんな感じで…寝ます。w

 

メルマガ登録のお知らせ。

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

※ちなみに、今月の講座は16・17日です。

それぞれジャンルが違いますので、

お申し込みの際はその点お気をつけください。

 

よろしくね!(^o^)ノ

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter