“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

日常日記〜大きな鳥かごと小さな隙間。

 閉じ込められた雀を巡る物語。

 

どうもこんにちは、たーこです。

先日、道を歩いていたら

畑のカラス除けネットの隙間から

入り込んだと思われる雀が

ネットから出れずに

オタオタ飛び回ってました。

 

いや〜、焦っていたんでしょうねえ。

一目見て焦っている様子が伺えました。

※ちなみに、鳥も焦ると

 口がポカーっと開くようですw

 

カラス除けのネットの中には

同じくネットの隙間から入り込んだ

と思われる猫もいました。

このまま放っといたら

疲労で死ぬか

猫に取っ捕まって死ぬか

このどちらかのように思われたので

出してやれんかなー?と思い、

ネットの隙間を探して隙間を作って

「おーいこっちこい」

と、呼んでみるのですが、

そこは流石人と鳥。

中々わかりあえません。

そうこうしているうちに

猫はネットの隙間から出ていきました。

 

あがく雀、助けようとする人間。

 

雀はなんとかネットを食いちぎろうと

あちこち飛び回っては必死こいて

ネットを引っ張るのですが

カラス除けのネットが雀程度の力で

どうにかなるわけもなく。

(雀の力がどんなもんかは知らんけど)

どんどこ疲弊して行く雀。

 

私も私で

ここの隙間を作ればいいのか?

あちらの隙間を作ればいいのか?

と、もだもだしてたら

段々面倒臭くなってきて

「もう、放置していっちゃおうかな」

とも思いました。w

 

でもそれもそれで可哀想なので

なんとか粘ってみました。

 

結果、雀はなんとか無事に、

私の作った隙間から

外へ抜け出たというか飛び出たというか

とにかく外界へと帰ってくれました。

 

「ああ、よかったなー」と思いました。

 

そして、ふとこう思いました。

 

「雀はきっと自力だけで外に出た

 と思っているのだろうな。」

 

「自分だけで助かる」ということは本当にあり得るのか。

 

今回文字通り籠の鳥状態に陥った雀は

自分から籠に入り、出られなくなりました。

抜け道はいくつかあるのですが、

見つけられず、

外に出ようと飛び回りもがいてました。

 

で、たまたま通りがかった私に見つかり

この雀は外に出たいのだなと認知した私が

ネット隙間を作られていたのですが、

雀はしばらく気づきません。

焦ってずっと飛び回っているだけでした。

〜で、たまたまなんとか

私の作った隙間から

外に出る事が出来ました。

 

さて、この雀は本当に

自力だけで助かったといえるのでしょうか?

 

西尾維新物語シリーズ

 

はい、こっから西尾維新の

化物語の話を知らない方は

ちょっとわかりにくいかもしれないけど

ごめんね。

 

「人は1人で勝手に助かるだけ」と、

忍野メメという人は言ってます。

※「1人」と「自分だけ」は

 似て非なるものですが

 とりあえず置いておきます。

で。

化物語(たぶん下巻)で

羽川翼タン(猫バージョン)という人が

主人公である阿良々木君という人を

ひん死の状態に追い込みます。

そのとき阿良々木君は

忍野メメから再三聞いていた

「人は1人で勝手に助かるだけ」

という言葉を使用します。

そして羽川翼タン(猫バージョン)は

こう言い返します。

「それはお前の意見じゃないだろう。

 それはただの言葉だ。

 お前の気持ちじゃない。

 問題は、

 お前がどういう気持ちでいるのか、だ。

 そりゃあ

 人は1人で勝手に助かるだけだけれど

 助ける側にそんな事情が関係あるのか?

 お前の事を助けたいと思っている奴が

 一体どれだけいると思っている?

 それをお前は独り残らず拒否するのか?」

でもって私は羽川タンの主張推しです。

 

出来事の裏側

 

人が窮地に陥り、四苦八苦して

なんとか窮地を脱したときに

「自力で、自力だけで助かった」

と思うことは、

ままある事なのではないかと思います。

まあ、そもそも

窮地に陥った状況で

「助かろうとあがくこと」は、

助かる大前提となるなのでしょう。

 

でも

 

実際は。

 

ほんとうは。

 

ほんとうのところは。

 

誰かが、

あるいは見えないどちら様かが

隙間 突破口を

あけてくれてる

・・・のかもしれない。

 

だとしたら、

自力だけで助かる

〜ということは

先ずあり得ないですね。

「御陰様で」助かった。

そういうことなのかもしれません。

 

まとめ。

 

カルマの80%は

今世で作られるもの。

これを前提に考えると

悪しき原因の結果は

カラス除けのネットに閉じ込められた

件の雀みたいな状態のようなもの

だったりするのかもしれません。

だとしたら、

助かったときというのは、

善なる原因の結果だったり

あるいは大いなる慈悲の働きとか

なんか、よう知らんし、

私がそういうこと言うと

めっちゃ胡散臭いけど

そういう事かもしれんな〜

と、思いましたとさ。

めでたしめでたし。

 

追伸:講座のお知らせ

 

最近ブログにめっきり顔を出さない

夏樹くんが、

神秘学講座今週の土曜にするます。

※受付終了してます。

 

 

 

いつものニート野郎もいるので、

ご興味ある方はコチラからドゾ-

(*´∀`)・。+*

あ、内容はガチです。

これホント。

ヨロシクネ!

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter