“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

最高のヒーリングの話~スピリチュアルヒーリングと病気と癒しの意味、カルマの関係について

はい、どーも。
今回は、スピリチュアルと病気の意味、
そしてスピリチュアル・ヒーリングの
観点から過去記事を編集して投稿する。



あー。さて。

ヒーリングとカルマの関係について



世の中には、
いろいろとヒーリングがある。
その効果はピンキリだろう。

「???」なものから、
カルマの肩代わりや聖霊の力、
創造エーテルによって、
目に見えてわかる強いヒーリングが起こり、
死の淵からの生還など。さまざまな例がある。
エーテルバイタリティー(気)の神秘的働きの一つだ。


※創造エーテルは、
スピリチュアリティが非常に高い者に
しか扱うことを許されていない。

しかし、
こうしたサイキック・ヒーリング、
スピリチュアル・ヒーリングは施術者の
能力に大きく左右されることや、
何よりも「カルマによる制限」
があるために、
癒しが起こるか否かを左右される面がある。


重い病を抱えた者が、
せっかく評判のヒーラーにたどり着いたとしても、
まったく癒しが起こらない
ということもまたあるものだ。


では、そうした現代医学に見放され、
スピリチュアルな癒しも通じなかった者には、
もう「打つ手なし」なんだろうか。


そんなことは、ない。

そこで次の話をしたい。

 

カルマの克服を目指して~過去世でナチス関係者だった者のケース


ダスカロス方面の学びをしている、
あるヤシから聞いた話をひとつしよう。
※ダスカロスとはギリシア語で
先生の意味。キプロスにいた、
キリスト教神秘主義のマスター。
20世紀最高のヒーラー、
霊性の教師と言われていた。


あるとき、ダスカロスのもとに
首から下がまったく動かない青年が
「なんとかならないか」
と運び込まれたそうだ。

とりあえずいろいろと試すが、
そもそもエーテル・バイタリティー
自体がまったく入っていかない。
相当なカルマの結果の障害だろう。


そこでダスカロスは霊視をして、
彼の過去世を読み取った。

すると、
その青年の前世はナチスの将校(?)
の一人だった。

詳細は忘れてしまったが、
とにかく彼は多くのヒトを殺してしまう仕事に直面した。


青年も多くのヒトを殺した。
しかし、最後の最後で彼は良心が目覚め、
反発した。

その結果、
彼は裏切り者として殺されてしまった。



「非常に言いにくいことなのだが・・・」



通常、ダスカロスはヒトに
過去世を伝えないが、
ケースがケースだったので彼はそれを伝えて、
今後の取り組みについて納得の上で
始めてもらおうと思ったのだ。



すると、青年はダスカロスの話を聞くと、




「やはりそうだったんですね。
そのことは実は何度も夢で見て、
そうじゃないかと思っていたんです・・・」



と、得心し、受け入れた。



それから彼は、
できる範囲でダスカロスの教えを学び、
ことわりを知るようになった。

生きることの意味を知り、
理解を深め、
自分の負うべきカルマについても理解するようになっていった。



するとどうだろう。
理解の深まり、
内省の深まりなど時の経過とともに、
彼の手足の指先が少しずつ
動き始めるようになった。

 

肉体的にはわずかな進歩だが、
たとえそれだけでも目に見える変化、
癒しの実感は、
完全に体が動かなかった者にとっては、
どれだけの励みになったことか。



残念ながら、
今世で彼に許された癒しは
そのあたりが限界のようだが、
ヒトは「学ぶ」ことで、
人生に「癒し」が起こることを証明した。

 

人は自分の人生に顕れたカルマの鞭
としての艱難辛苦の意味を理解していくと、
これまで何度も触れてきた、
悔い改めが自然と人生を通じて
内的に起こるようになる。

 

いわば、魂の癒しだ。
元ナチスだったといわれた青年は、
自らのカルマの意味を知り、
学んだのだ。


ダスカロスは生前、
何度も言っていたという。


「派手なヒーリングが
できるようになるよりも、
スピリチュアルな学びを深め、
そして伝えていくことの方が
ずっと大切で重要なんだ」と。



エネルギーを流して一時的な
苦痛を癒すにとどまらず、
<叡智>を魂に届けて、
人生を通じて癒していく。

それが人々の霊的成長
にもつながる最高のヒーリングとなる。




どうやらこのブログにも
プロのヒーラーが結構訪れているようなので、
この点は強調しておきてぇな。

こうした理念を体現した人が、
ほんの少し前まで実在した。

その教えは今も息づいている。
少しでもそんな叡智があることを知り、
持って帰ってもらえればと思う。

そしてオレもまた僭越ながら、
キリスト教神秘主義に
連なる探究者として、
真摯に霊性の学問としての神秘学を
提供していければと取り組んでいるつもりだ。

偉大な先人と比べたら、
何百光年という開きと
未熟さを自覚しつつも・・・。


ま。そんな話だ。

 

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter