“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

生き物の育成に正解はない、というお話〜体育会系スピリチュアル@横浜

どうもこんにちは、たーこ@横浜です。

悲嘆にくれてベッドにスライディングしたら

リモコンに中指ぶつけて突き指しました。

何があっても悲劇のヒロインに

なりきれない女として伝説を残せそうです。

 

たーこ、危うく生ける枯れ葉剤の実力発揮しかける

 

私は昔から植物が大好きなのですが

育成スキルより枯らすスキルの方が

段違いに高く、

生ける枯葉剤

として大変将来有望な逸材でした。

 

ですが、ワタクシ数ヶ月前に旦那さんから

プレゼントに植物を戴きまして。

旦那さん萌えな身としましては

これを期に生ける枯葉剤の名を捨て

今後は生ける育葉剤となるべく、

地味に頑張ってるんですね。

そう。

Try & Error

繰り返している訳です。

 

実際、生ける枯葉剤の名は

中々抜けてくれませんでした。

危うく旦那さんがくれた植物を

爽やかに殺しかけましたw

 

生ける枯れ葉剤能力発動過程。

 

いやね、

貰った植物取扱説明書には

直射日光には当てず

穏やかな光に当て、

1週間に1度霧吹きをする程度で良い。

と書かれてたんです。

 

私は

「そうか(刮目」

と、大体そんな感じにしてたんです。

 

そしたらですね。

どういうわけか

葉っぱ

どんどん

萎れていくんです。

 

葉の色が変わっていたら

病気とか寿命とか思いますが

ただひたすら葉っぱがシワシワになっていくんですよ。

「え、取扱説明書通りにしてるのに!?何故!?」

私は慌てました。

そして今まで水のやり過ぎで

根腐れを起こさせる傾向にあった私は

こう思った訳です。

 

「…日光が足りないのかなあ?」

 

そして、こともあろうか

 

週1の水やりをやめ

そのまま

日に当て続けました。

 当然

更にどんどん萎れていく葉っぱ。

※でも枯れない。けなげ。

私はうろたえます。

 

そして…

このビッグな間違いに気づいたのは

何と

 

約3週間後(キャ-!!!

そう。

私は気づいてしまったのです。

 

あれ?

これ

 

もしかして

 

が足りないんじゃね?

 

 

私は、内心冷汗かきつつ

植木鉢から

カラッカラに乾ききった植物を

そっ…と取り出し

容赦なく水をザブザブかけて、

カビと根腐れ防止のため

しばらく放置して再び植木鉢へ。

 

そしたら2日後・・・

 

 

植物系の悪夢にうなされるような事もなく、

植物に水気がちょっと戻ってきました。

 

一昨日鉢植えを大きいものに交換して

土を足したら

またちょっと元気になってきた。

 

よくわかりませんが

とりあえず私が読んだ取扱説明書、

育成方法マニュアル自体が

この植物には合っていなかった模様です。

 

そういえば大昔、

犬買った当初のことです。

犬の飼い方マニュアル通りに餌やって

しばらくして動物病院に連れて行ったら

「これは…飢えてますね。」

って獣医さんに言われましてね。

獣医さんが与えてみた大量のカリカリを

血眼で貪り食う様を目の当たりにしました。

 

当時私は確か小学5年で、

自分の思い込み以外の事実を認識できない

どアホな時期で

(°△°)?

位にしか思えませんでしたが…

まあ、こういうことです。

 

私は犬を

大事にしているつもり

見事飢え死にさせる

ところだったわけですorz

※その後犬は20年ちょっと生きました。

 

〜で、今回私はわかりました。

ええ、わかりましたとも。

これまでものの見事に枯らしてきた植物と

危うく殺しかけた犬、

そして今回枯らしかけた植物のお陰で。

…物理的犠牲の上に成り立つ悟りって意味あるのか?

と思わなくもないのですが…まあ、いいか。

 

生き物を育てる基本的なマニュアルがあって

それはある程度必要。目安として。

んでも、

実際の生物は個性があって、

マニュアル通りの育成が

その生物の正解

というわけではないんだなあ。

 

ということを!

「こうじゃなきゃいけない」

なんてことはないわけですしね。

そんなわけで

現在旦那さんから貰った植物は

なんとか延命中です。

長生きして欲しい…

 

こいつを人に置き換えてみる。

 

さて。

今回の育成に関することを

まとめるとこうなります。

 

貰った植物の育成に必要な

適切な環境・適切な栄養を与えなかった事で

危うく植物は枯れるところだった。

 

植物ではなく人として置き換えてみると

こういうことです。

 

人の育成に必要である

適切な環境・適切な栄養を与えなかった事で

危うく人は餓死するところだった。

 

・・・

人でなくてよかった!

 

その上で「毒親」という単語を考えてみる。

 

スーザン・フォワードとか言う方の書籍

「毒を持つ親」・「不幸にする親」

から始まったのかもしれませんが

近年やたらと「毒親」

という単語が流行しているようです。

私もこの単語使用していましたが、

現在私はこの単語がとても嫌いです。

「なんでこんなに嫌いなのかなあ?」

とずっと考えてみたのですが

なんとなくみえてきました。

 

フグの子はフグ。

 

自覚無自覚問わず、

我が子を自分の私欲の為に

利用したり様々な方法で虐待する親。

確かに現実問題、大変残念ながら

そういう人もいると思います。

「そんな奴は人間のクズだ!」みたいな批判は

外側からはいくらでも好き勝手言えます。

 

でもこの単語、使った時点で

外側の人間は完全に批判者

直接の関係者は自分が被害者になれちゃうんですよね。

両者ともある面で非常に優位に立てる訳です。

このテはとても使えますが、

は自己成長の為には

とっても意味のない優位性だと、私は思います。

 

そして更に

思考の過程でどう思うかはさておき

自分の親が毒親だと結論づける事。

それは

自分が毒親の子であり、

自分が毒であることを

認めることになるんじゃないかなあ?

みたいなことも感じました。

 

以上の事を踏まえた上で、

私が今まで枯らしてきた植物や

殺しかけた犬にとって、

私の立場は育成者、つまり親に近い立場

だったのではないかなと思っています。

 

そしてこう強く思った訳です。

 

親・育成者って

 

ホッント

 

ダメだな!

完璧じゃねえなw

 

と。w

 

生物は自分の育成者をどう見ているのか。

 

にとっての

ホントの結論

どんな親、兄弟姉妹であれ

「毒」のようなものでは

ないんじゃないかなーと、

私は思います。

ただ、

病にかかっている

あるいは

他の生物である

という見方をしている場合は

充分ありうると思います。

 

長くなりましたが

まあ、旦那さんから貰った

植物を通しての学習による

私の現状の結論でした!ちゃんちゃん。

 

登録特典つきメールマガジンのお知らせ

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を待ってます。
内容にもどんどん質問してくださいね。


☑本物のスピリチュアルな成長に関心がある。
☑基礎的なスピリチュアルな体系を知りたい。
☑「最高のヒーリング」とは何か知りたい。
☑もう小手先のスピリチュアルは要らない。


そんな方に最適な「神秘学ベーシックテキスト」
もプレゼントします。

 

登録はコチラから☆

 

 

 

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

    • なが
    • 2015年 7月 18日

    ついこの間、私的にビックリすることが分かってしまいました。
    それこそ、物ごころつく頃からの懸案事項であった、
    「私ってなんでこんなに瞬間湯沸かし器の如く怒りが沸くんだろう」
    ということの1つの答えです。

    「父親とそっっっっっくり!コピーかよ!(◎_◎;)」
    なぜ今まで気付かなかったんだろう…。
    いわゆる毒親って程でもないし、正直、普通より恵まれているようだし、
    単なる私の性格かと思っていました。ゆえに頑張ってるのに制御しきれない。
    これでもしかしたら少しは変わるかも知れません。

    • 加藤 夏樹

      たーこです。

      長らくの懸案事項の答えがわかって良かったですね!

      わかる・答えが出る事で初めて変わることもあるかもしれませんね^^*

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter