“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

インフルエンザA型とスピリチュアルと大天使との相関関係

たーこ@インフルエンザA型です。

灰色のジジイが隣に座った瞬間くしゃみが出て「やばい」とおもったんですよ。

でも人といたのでおいそれと動けないし。

で、帰ってなんか顔色悪ぃなあ。

脇と胸が微妙に痛いなあと思ってたら

次の日。

寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い

寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い

寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い寒い。

痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い

痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い

痛い痛い痛い痛い痛い痛い痛い。

全身筋肉痛みたいに痛い。

気力も体力もないので

夏樹にご飯作ってもらって

ようやく熱計ったら38、6℃。

基本的に熱に弱いので、

出しても37度代前半なのに、

そんな私が38度代。

 

ひゃっほう!

憧れの38度代だぜ!

 

みんなが心配してくれる体温だよね!

(普段37度そこそこで十分ばててしまうので、

自分的にしんどくても

まり認めてもらえない感がある気がしてたので、

いっそ38度代になってくれれば

みんな普通に心配してくれたのに

という歪んだ思いこみがありましたw)

 

〜などと馬鹿丸出しで喜んでいられたのは一瞬でした。

その夜、状態は更に悪化。

 

自分の発熱で暑くて布団の中が蒸し風呂。

関節痛どころか全身の筋肉が痛くて

終いには足の裏まで痛くなる始末。

ろくすっぽ歩けません。

 

気紛らわしに知ってる瞑想8割方やったけど、

当時は本当に気紛らわしにしかなってなかった。気分的に。

早朝、あまりの暑さとしんどさに寝ていられず

座って熱計ったら39度4分。

おいおい。

あと2度6分で死ぬるやん。

 

 

とりあえず痛み止めのんでその場をやり過ごし病院。

鼻の穴に先に綿のついた細長い針金突っ込まれ。

痛みに耐えつつフガフガいってるうちに

インフルエンザA型と判明。

※内科医は基本的にドSだと思う。

人体に色々突っ込むの好きすぎ。

※前から後ろから散々管を突っ込まれた

 

で、インフルエンザA型だったみたいなんだけど

先生こう言ったの。

お正月過ぎるまで

外にでないでね。

みんなにうつっちゃうから。

(視線はパソコン画面。

 私の目は一切見ない。)

 

 

えっ?

 

大掃除もできそうにないのに、

お雑煮の用意もなし?

(この時点で夏樹顔面蒼白)

てか、近隣神社の正月限定で売ってる

おいしい甘酒と樽酒もなし?

 

えっ?

 

えっ?

 

えっ?

 

_人人人人人人_ 
>  無慈悲  < 
 ̄Y^Y^Y^Y^Y ̄

 

いやお前それ

無慈悲すぎるだろ。

 

正しいんだろうけど、

かなり無慈悲だぞそれ。

 

老人から餅を奪い取る位の無慈悲さだで。

 

どうしよう。

どうしよう。。。

正解を知りつつも

敢えて間違いを選ぶことができるのも、

人間ならではの特権…………

 

そういえば大天使って正解しか知らないらしいですね。

今回のことで身をもってちょっと歪んだ学習をしました。

 

大天使って無慈悲なんだな。

と。

 

~このことを旦那さんに話したら

爆笑しつつ結構同意してた。

正解は無慈悲らしい。

まあ、それこそ正しくは無慈悲に「みえる」

なのかもしれんのだろうけど。

 

まあそんな感じで、皆様外に出る時・特に乗り物に乗るなど

色んな人が集まる場所に足を運ぶ際ははマスクをお忘れなく!!

 

 

ちなみに私、今回誰がインフルうつしたか予想ついてます。

先日電車で隣に座って私に

老人性肺炎について延々と語った爺さん。

お前、医者の言うこと

ちゃんときいてなかったろ。

 

せめてマスクくらいしてほしかった…。

※隣に座った瞬間くしゃみをした。

その後から体調おかしくなった。

 

今日はそんなインフルな話です。

 

人生を変える8本のメールレッスン

昨今、告知を忘れていた無料メール講座。

「復活の呪文」

★★★★★★★★★★★★★★
プロのヒーラーが学びに訪れる
スピリチュアルの専門家が
書き上げました!
 
1055人が読むだけで元気になり、
 
「人生を諦めない!」
 
と気力が爆発した8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/

より詳細な説明はコチラから

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter