“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

雛祭りに婦人科行ったよ!

ミスドから出た女の子が歩きながら誰かに電話してこう言ってました。

「さっきまでスタバで勉強してたんだけど〜」

てめぇぶっ●すぞ!!(ミスド愛女は空気を吸うように嘘を吐くって本当なのかもしれない。

たーこ@女の人怖い!です。女の人怖いとか言いつつひな祭りですね!女の子のお祭りだあ!わぁい!(gkbr…まあ、空気を吸うように嘘つく女性は私の悪しき心が生み出した架空の人物だったということにして。

画像は頂き物の貝合わせ雛です。戴いたと言ってもまあ、自分の親から貰ったのですがwこのお雛様なんとな〜く、「写真撮られたくないワ」な感じもしたのですが、そこは「まあそう言わずに…」と、パシャリ。あとで白酒とかお供えしてご機嫌とっときますw

さてはて。

つい先日、夏樹がシュラダバダーその1をようやく越えたと思ったら、予定が早まり即座にシュラダバダーその2がやってきた模様でひな祭り所ではなくなりました。SE界ではこれを「デスマーチ」と呼ぶんですかね?夏樹はSEではないですが…まあ、そんな感じで夏樹はガッデーム!ガッデーム!と、仕事に勤しんでおります。この間なんて「レスがこねー…」と、若干お冠のぴーひょろろーだったので、場を和ませようと思い「レスがこねー、氏ねって感じdeath(デス)かー。」と、言ってみたものの、気づくことなく流されました。。。えー、これは私の洗練されたギャグにさえ気づかない程忙しいということですね!^^

はい、そんなわけで若干涙目です。コーヒー屋でスコーンを散々もぐもぐ食ってきましたげふー。美味しいものを思い切りほおばることで僅かながらも幸せ感じられるんだぜ!

本当のこと申し上げますと、昨日までどうにも鬱っぽくて困ってました。マジで。日が出ているうちに起きあがる気力自体皆無。※まあ、昨日自分の為のものを買ったしね(櫛とか。)自分のためになることをすること・手を出すことにまだ抵抗もあるようなので必要以上に疲れるようです。

更に言うとちょっと、お酒を飲んだんですね。1杯だけ。で、実感したのですが…

酒、病人(特にメンタルに来るやつ)は飲まないことをお勧めしたい。私だけかもしれないけど、気分の高揚度合いを前借りして、酒が抜けるときに一気に前借りした分だけ気分の高揚分の落ち込みが来る 気がする。(ここで更に飲むと悪循環かもだぜ!)

まあ、そんなこんなでとにもかくにもかなーーーり鬱っぽかった私は、鬱っぽさを取っ払うべく、先月帰りがまさかの終電になるという事件を引き起こした、いつもの婦人科に行くことにしました。奇しくも今日は雛祭り。雛祭りに婦人科行くってのも一興だよね!妊婦さん的な理由ではなく、病気由来だから縁起が良いんだか悪いんだかさっぱりわかんないけど!まあでもいいんです、ネタにさえなればそれでOK!それに、ほぼ午後一の時間帯に向かったのでそこそこ早く帰れる・大丈夫だろうと思っていたら受付の所にこんな張り紙がありました。

KIMG0041

診療開始予定時刻、17:00。

え、17時って普通の病院だとほぼほぼ受付並びに診療終了時間じゃなかったっけ?既に11人待ちだし。お医者のおっさんもすごいけど、受付の方もようやるなあ…感嘆しますわ。お陰で私の1人で雛祭りを祭る会の予定は見事お流れ、解散となりましたwww仕方ないのでミスドで1人手紙を書きまくったよ!※でもお医者さんに罪はない!むしろありがとうお医者さん!

そうこうしているうちに診察と相成りましたので、私は通院5年目にしてず〜〜〜〜〜〜っと気になっていた「処方箋もらいつつジェネリック薬飲んでるけど問題ないか」と問うたら、お医者さんはやんわり全否定してました。っていうか、お疲れだろうに怒濤のように喋り始め、色々お話しして下さいました。ジェネリック薬品に関連するモノ・ヒト・に対してかなりの憤りをかんじられておられるようでした。何にしてもまあ、結論としては薬は多少高くても正規品を推奨する。」とのことでした。

個人的感想は「やっぱりな」でしたので、別に言うことありませんがね。(なんか違和感があったんですよ。)

 

えーーと。

 

わたし、このお医者さん、結構信頼してるんですね。医者としても人としても。極度の人間不信もこの先生のお陰様あって4年前よりゆるんでます。

 

が。

 

おやっさん、それ初診の際に言って欲しかった!!!

5年間ずっとジェネリックだったよ・・・。そんなわけで今日から早速非ジェネリック、処方箋通りの薬に変更してもらいました。これで治る速度が一気にアップしたら、私は今後某国をネチネチと怨むことになる かもしれませんwww

 

まあ今日はそんな婦人婦人なお話でした。

 

人生を変える8本のメールレッスン

★★★★★★★★★★★★★★
プロのヒーラーが学びに訪れる
スピリチュアルの専門家が
書き上げました!
 
1055人が読むだけで元気になり、
 
「人生を諦めない!」
 
と気力が爆発した8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/

より詳細な説明はコチラから

 

 

 

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter