“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

悔いるより笑え【過去生の恥】

夏樹が忙しさのあまりに良い感じにアヒャってる昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか。

そんなあなたにレプレキア!たーこです。やっぱりアルトネリコは2が一番かなー。

 

西尾維新の話になりますが、撫物語は7月29日発売予定のようです。

傷物語の熱血編の公開は8月ですかねえ・・・?ていうか、夏公開って本当に今年の夏のことだろうな?

前売り券即買った身としてはハラハラしてます。

ちなみに久米田康治先生の悔画展は7月2日〜です。(悔画展チケット買いましたw

 

※おずおずながらでも、好きなものに手を出せるっていいね。感慨深いです。

 

 

さて。

 

過去生の話でもしてみようか。

 

私には、恐らくこれは過去生じゃないかと思しき妄想がいくつかあります。

 

わーすごーい★

 

とか思います?w

そのほとんどがろくでもないもの・トラウマっぽいものばっかなんですけどね!

 

例:

余計なおふざけな一言で武士を激怒させて斬首の刑。

親の言うこと聞かずに家を抜け出し、仲間に入りたかった子達とパン盗んで逃げてるときに私だけ逃げ遅れ、パン屋の親父に棍棒で撲殺される。

ダイビングで「景色は美し過ぎるが、ちゃんとついていかないと確実に迷って死ぬ危険な海」でうっかり迷子になって(多分)溺死。

等々。

他にもあるけど、ハッキリしないことで絡まれて面倒だから割愛。

いやー、ロクでもない妄想ですね。妄想。

 

ただ、鉄板じゃねえかとおぼしきネタ過去生が一個あるんですよ。

それは・・・

南国、ポリネシア人種?の島に流れ着いた白人種の私。

 

運よく助けられたはいいけど数ヵ月たっても言葉がわからない&バカで非力故に何も手伝えない。

女性陣も困って意地悪はしないし優しく接しようとしてくれてるんだけど、ほぼ腫れ物扱い。

最終的には困った顔で私を見る。

(みんな腰に布巻きして頭にもなんかのせて私見てた。)

ちょうど、こんな感じ。↓

 

南国2

ジーー(心の声:この人ホント何してるんだろう?)ーーーー。

みたいなこの視線な。

妄想乙かもしれないけど、ここはハッキリと言っちゃうもんね。

 

辛い。

 

マジ、辛い。

 

耐えられない。

 

だもんで情けなさと申し訳なさで人のいないところに逃げ込んだのは誰にも見つからないような小さな崖。

もーさー。

天気よくてさー。

海は相も変わらず綺麗でさー。

あれよ、みんなが想像するような綺麗〜〜〜な南国の海そのもの。

本当に綺麗。本当に、綺麗で、毎日おんなじ景色なの。

 

南国3

いやー、綺麗な海だねー(棒)

当時の心境「私の国はこの海の向こう。どの位泳いだら行けるかなあ。←無理。←てか当時から思考回路こんな。」

 

私はその場に体育座りして

遠く海の向こうを見つめてこう思ったわけよ。

 

南国4

『帰りたい。』

(てか、映像的には大体ホントこんな感じなもんでかなり笑える上にちょっと辛いw←ギャグ的な意味で。)

 

〜で、今の私。この『帰りたい』を想起する度に笑っていいのかわかんないけど笑っちゃってさー。

だって、髪の長い女が海のきれいな南の島で人気のないうっそうとした森を抜けたところで1人体育座りして海の遠くを見つめ『帰りたい。』て。

 

どんだけ厨二だよ!!!っていう。

 

妄想はここまで。

お疲れ様です、楽しかったですか?(撫子ちゃん風。)

 

 

つまり。

つまりだよ。

仮にこの与太話が本当だとして。

 

この、大昔のボッチと比べれば

今生のボッチは言葉の壁がない。

そう考えると今生かなりラクなのかもしれない。

 

ちなみに夏樹にこの話をした際、テレビでタヒチの海が映っていたので、そういえばとこんな話もしました。

「私、タヒチとかタヒチ周辺の島と海が苦手なんだよね。なぁあんかイヤでさー。フィジーは割と平気なんだけどねー。」

※ちなみに短大の時に学校の企画で船でタヒチ周辺の島を45日かけて回るというものがあったのですが、私はその前辺りからごっつい鬱になってました。当時全てが平面に見えて何の感動もなく、貞子のような髪型で蛍光オレンジの核Tシャツに室内外関係なくサングラス・マスクの大昔の学生運動野郎さんも真っ青な出で立ち(※回ってる所は南国です。)で、鬱なんだけど方向性が何かおかしい鬱ですね。まあ、この辺はただのこじつけですがその辺も踏まえた上で本当にそんな状態に陥ってました。

 

この発言を聞いた旦那さんは爽やかにとどめを刺しました。

 

 

フィジーは英国領、タヒチ周辺はフランス領だよ。

たーこさんはフランス人だったのかもしれないね!(笑顔)

 

何を言うフランス人時代に餓死したクセn…

そうかもね。(激震)

 

あのね、ここでハッキリ言っておきたいことがあるの。

そんな突っ込んだ情報要らねえ。

信憑性が増したじゃねえか。

まあでも、この件に関しては全然いいんだけどね。妄想だろうがマジだろうがどっちにしたって笑い話にしかならないし。

 

それよりも私は思う訳よ。

 

今みたいに「フッ。昔の話さ。」と笑い話にできるようになるまで、私何回転生したんだろう。

 

まあ、今の私にとっては本当かも分からないし『フッ、昔の話さ。』つっても大昔過ぎるし、なんつっても

内容格好悪すぎるしマジで指差して腹抱えて笑うしかないんですけどね。

 

そして更にこうも思う訳です。

 

当時の私と思しき奴は何故恥も外聞もかなぐり捨てて人の中に溶け込もうとできなかったのか。

(今もそれなりにそうだけど幾分かマシに思う。)

 

やんなっちゃうね!

 

んでも、たこたん思うの。

 

強烈な思いや感情、トラウマはこんな風に笑い話になるまで引きずるのかもしれない。

 

と。

…これ、考えてみたら相当こわいんだけど。

だってさー。覚えていようがいまいが、昇華できてない情報(感情?)は多かれ少なかれ全部来世に持ち越しってことになるんだで?

まあ実際は大天使様がさじ加減をうまいこと調整してくれるのでしょうけど。

 

人生色々あるけど、なるべく悔いが残らないようにウマく生きたいもんです。

だから、張り切って撫物語買うし傷物語も観るし悔画展も行くし必要に応じてコスプレもするし1人カラオケも行くよ!w

まあ、今日はそんな話です。

 

 

メルマガ「魂の神秘学」

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問いかける方を対象に
発行しています。

メルマガというクローズド空間ならではの
ネタも展開しています。

登録はコチラから☆

さらにメルマガ魂の神秘学は、
登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!


>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい


【特典PDFのContents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter