スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

エソテリック・テクニック・シリーズ~霊的防御フィールド~

集中、瞑想、観察、内省、視覚化―基礎訓練だけぢゃつまんねぇよ、と思っているスピなヤロウどもよこんばんわ。生活密着型神秘学徒オレさまです。



あー。さて。そんなわけで、あんまりほんとに基礎訓練だけでもつまんなくね?という不届きな声に仕方なく応えてやることにしたオレさまです。簡単だが、強力な防御テクニックシリーズを少しずつ展開する。神秘学実践編はあくまでも、基礎カリキュラムの叩き台で順序だってるが、この「エソテリック・テクニック」は訓練系プラクティスからは独立した、いつ学んでもいい安全で役立つテクニック集的なノリだ。



わりと使いやすいものを選んでいく。



そんなわけで今回のは、簡単に言うと、「霊的防護膜」を構築するものだ。簡単に言えば、結界の1つ。



で、簡単だが、秘教的には古くは「秘法」の部類に入っており、何気に実は体得すると非常に強力。低次元な波動、エレメンタル、もろもろの悪影響から霊的・かつ肉体的に守る。はっきりいってこれがちゃんとできていれば、どんな邪霊も突破不可能だ。それほど強力なアストラル・プロテクションとなる。



では、やってみよう。集中したイメージにより、アストラル・レベル(サイキック・レベル)で自分の周囲に防護膜を作るのだ。

 

白い防護幕の展開


まず落ち着いて、深呼吸を何度も繰り返そう。ゆっくり、深く。肺にたっぷり新鮮な空気を吸い込み、体内にエーテル・バイタリティ(気、プラーナ)が満ちてくるとイメージする。



そのまま呼吸を続けると、自分の中心に光の玉が輝きだし、呼吸するたびにそれを大きくなり、やがて自分を包む卵型の広く輝くエネルギー・フィールドとなる。


いいかい。純白で、光輝あふれる白光を強くイメージするように。もちろん膜の内側も、白い光に満たされている。そしてこの色の波動が、効果を生むのだ。逆にいえば色が違えば違う効果を生む。それはまた今度やろう。今は、とにかく輝く白で強く強くイメージするように。このイメージ力が、そのままこの防護膜の強さとなる。

防御フィールド

そしてこの輝く卵型の膜の中にいれば、自分は完全に守られている、完全に浄化されていると確信すること。呼吸を続ければ白い光は輝きをまし、カラダはエネルギーに満たされ、体内の黒いものはどんどん吐き出されていく。しばらく、この白い光の卵のうちに安らぐといい・・・。



充分に過ごしたか? 別に短くても長くてもかまわない。さぁ、しめよう。



「私の肉体、エーテル体、アストラル体のすべては完全に浄化され、健康です。この光の中にいる限り、私はいかなる悪い影響を受けません」と心の中でもいいが、言葉にしてもいいだろう。そう強く願うことだ。



エーテル体やアストラル体という言葉でうまくイメージできないなら、「肉体、心、精神」など、とにかく肉体面とスピリチュアル面の双方を表す言葉でイメージし、全部が健康であると願い、信じればいい。



これだけだ。これだけで、たとえば人ごみの多いところに漂うネガティブな波動やおまいさんに対する悪意の波動やエレメンタルなど、一切寄り付くことはできない。それほど強力だ。



簡単だろ? ネガティブな波動の渦巻く場―イヤなオフィスとかか?―にでかけるヤシはやってみることだ。一週間ほど練習すれば、それなりに効果を感じられるほどには作れるようになるだろうぜ。とくに朝やる方が、エーテルが周囲に満ちているので、成功しやすい。もちろん、寝る前に行ってもいい。




ま。そんな話だ。

登録特典つきメールマガジンのお知らせ

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を待ってます。
内容にもどんどん質問してくださいね。


☑本物のスピリチュアルな成長に関心がある。
☑基礎的なスピリチュアルな体系を知りたい。
☑「最高のヒーリング」とは何か知りたい。
☑もう小手先のスピリチュアルは要らない。


そんな方に最適な「神秘学ベーシックテキスト」
もプレゼントします。

登録はコチラから☆

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter