“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

憐れみの心

今夜も「キミのハートにアセンション!」のキメ台詞でシスターらのハートを熱く昇天させているオレさまですが、ぽまいらはいかがハードロッカー・ジーザスに酔いしれていやがりますか。まぁキリスト教神秘主義の文脈に生きるオレさまは、今日も正統派ども…

詳細を見る

善への三歩

電車の中からこんばんわ。ぽまいらはいかが休日出勤でもしねぇと仕事がおっつかん事態においやられてますか?あ~。さて。世の中には「スピリチュアル・カウンセリング」ってやつで一、二時間で数万稼ぐあこぎなヤシがいるようだな。霊視力にものを言…

詳細を見る

ルシファーの遺したマントラ

どーも。この腐敗した背徳の東京バビロンで生きる翼の折れたエンジェル、オレさまです。ぽまいらはいかがライトワーカー気取りで今日も生きていやがりますか。さて。相変わらずのスピ系への偏見に満ちた挨拶文句はともかく。日常生活は、やはり邪気を食ら…

詳細を見る

魂を取り巻く壁

あー。ども。人生修行中なリーマン兼神秘学徒、オレさまです。ぽまいらはいかが人生悟った気になってうかれた気付き自慢したがりなスピ系でいやがりますか。さて。スピ系に対する偏見に満ちた発言はともかく。オレさまの短所のひとつに、自分の周囲に壁を…

詳細を見る

カルト

ふと考えていた。最近、ヨーガ系の霊能力者が堕ちたのを見ていた。ここでよく触れる本山さんじゃねぇよ、念のため。(笑)ホームページもあるのでたまにウォッチしていた。能力的には内部の人に聞いても高そうではあった。ホムペに書いてある通りなら、コ…

詳細を見る

逝っちまったぜ

忌野清志郎が逝っちまった。とりたてて好きなミュージシャンじゃなかったが、嫌いでもなかった。寂しいものがある。なんつうかさ。「オレはやりてぇことしかやらねぇんだよ。人生長くはねぇよ?で、おまえらさ、おれのくだらねぇ歌聞いてるのはいいけどよ…

詳細を見る

人間、なんとかなるものだな。

鼻血が吹き出そうになった決算処理をなんとか乗りきり(つか押し付けた)、次は別の意味で泣きそうな僕ちゃんですが、ぽまいらはいかが涙そうそうでいやがりますか?いやはや。リーマンという稼業は次から次へと難題が降ってくるな、ほんと。ある意味、面…

詳細を見る

働く男

なんてユニコーンの曲があったよな、でも若いコなんかユニコーンというより奥田民生というほうが分かるんだろうなあ、なんてことをユニコーン復活の今思う僕ちゃんですが、ぽまいらはいかが30代を謳歌していやがりますか?ほうぼうでいろんなヤシらが、…

詳細を見る

少しだけ落ち着いた。

いやー。オレさまほど短期間で異動しまくったヤシもこの会社にはいないだろうなぁ・・・と黄昏的なボクちゃんですが、ぽまいらはいかが人生の荒波にもまれていやがりますか?今回も仕事ネタだ。ほら。三月に異動して女性だらけの部署に逝ったと書いたろ。…

詳細を見る

氏にそうDeath

……De、Deathる…このままではDeathりかねんデスよ、実際。異動した先はまったく門外の仕事。つか、ぜってーオレさまには無理!と思っていたものだ。前任者からは時間の都合でろくな引き継ぎがない。なんつーか。「ぶっちゃけ過去の記録を見…

詳細を見る

神秘家は、アストラルを越えてナンボ

そんなわけで、たまにはまじめな記事である。昨今、やはりキテレツなスピ業界の人間は多い。もちろん、霊能者と呼ばれるような能力者であってもだ。というか、能力者に対してこそ、注意がいる。本山博『のスピリチュアリティの真実』には、オレさまが懸念…

詳細を見る

初恋の人・・・

初恋の人という単語で思わず甘酸っぱくなっちまった黄昏人生を送るオトナたちよこんばんわ。神秘界のユパさまことオレさまのご登場です。いやー。初恋の人から手紙が届いちまったわけよ。どうよ。ぽまいら。初恋の人なんて覚えてるか?初めて付き合った人…

詳細を見る
特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/12/17)
    Ryo ども!コメントありがとよ。 そうだな、その問いはむしろ心理学の範疇のように思うが、 まぁあくまでもおれの考え方、ということで。 そのときのシーンでも違うだろうし、そもそも目的があるんじゃないか?すべての感情や欲求にはさ。 一見、「憎しみ→破壊」という情動が生じたとしても、おれとおまえさんではきっと違うはずだ。 おれの場合は、「この人は、おれが見たくないことをおれに見せつけ、リアルなおれ自身の真の姿を見せつける」から憎み、怒り、離れたいのかもしれない。 おまえさんの場合は「この人はなぜおれの言うことをいちいち否定するのだ?なぜおれの正しさがわからんのだ?」と、自分は正しいというエゴイズムを否定してくるから憎み、怒り、離れたくなるのではないだろうか。 という具合に、人によっても異なる、状況等によっても異なる。 しかし感情・欲求には目的性があるはずなので、そこを理解すれば質問にも回答がでるのではないだろうか。 という回答はどうだろうか。 「そういうい意味で聞いたんじゃないー」というときはまた聞いてくれい。
    » なぜ復讐はダメなのか。
  • User Avatar Ryo さんより(18/12/16)
    読ませていただきました。 一つ感じた疑問は では憎しみを抱いた時 破壊したい、その人から離れたいと思う願望は どうして生じてしまうのでしょう。
    » なぜ復讐はダメなのか。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/11/19)
    そうそう!結局内観が一番のコアですよ。ここに取り組み、それだけで問題ないっす。
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである
  • User Avatar たかメイ さんより(18/11/19)
    こんにちは! 最近、つくづく思うのです。夏樹さんも言っていたと思われますが(違ってたらごめんなさい)、「内観だけでいい」と。 過去に意識をやたらフォーカスしてしまうと、それが国家規模になるとすごいルサンチマンになってしまいます。 個人たとトラウマですか。 未来にフォーカスだとまだ、希望的観測がありますが、いまここでいられる(時間を忘れている)無我夢中状態というのは、集中力が必須だと思います。 日常で、いまここに立ち帰れるというのは 内観 しかないのではないのかと。 仕事に集中できるってことはいいことなのですね。 「内観」、すごいですね!
    » 永遠の原子とは、霊的成長のエンジンである

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter