“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

はっはっ。(藁

アナタのWIZARD、オレさまです。・・・コレだ。やはり、コレだ。オレさま、やっぱオレさまだわ。なんつーか、アレ。ドラえもんがなぜドラえもんなのか、つーことばい?ドラまでカタカナか、ドラエまでがカタカナか悩んだけど、変換したら単語として…

詳細を見る

意外と硬派?

もしかして。わし、結構、硬派かも。と思う今日この頃だ。いや・・・。スピブログをサーフィンしていた先日の話の続きだが、もう一つ思うことがあったんだ。いやな、スピブログは書いている人が女性が多いので仕方ないが、いかんせん、タイトルからでも、…

詳細を見る

ただ、歩くこと

別にさして、ネタがあるわけではないが、思うことがある。別に霊的な道に限らないが、“成長”したくて、霊的な能力を開発、磨きをかけたくて、歩くヤシがいる。当たり前といえば、当たり前だが。しかし、目に見えた成長がなくても。周囲にどんくさいと思…

詳細を見る

瞑想は朝

瞑想は、やはり朝に行うほうが集中しやすいな。雑念がとりあえず蓄積されていないからか。エネルギーワークは当然朝が一番だが。年もあけて、改めて、思った次第だ。 【特典つき!】メルマガ登録 メルマガ「魂の神…

詳細を見る

神秘学徒としての日々の歩み

ってなわけで、正月も明けて、そろそろ日常モードだ。さぼりがちだった日々の行も再開だ。たとえば、魂の6つの行。シュタイナー的行法では、チャクラの開発においても、ヘンな働きかけはしない。むしろ、徳性を高める精神的訓練を通して、その結果として…

詳細を見る

スピ系についての雑感

先ほど、つらつらとブログのはしごをしていた。スピ関係だ。やはり、「アセンション」やら「ヒーリング」やら「スピリチュアル」関連は、はっきり言うと、好きになれないのが多い。「スピ系ブログを書いてるおまえが言うな」とツッコマレそうだが。そうい…

詳細を見る

心機一転

さて。年も明けたことだし、そろそろ新しい場での活動を始めるとするぜ。なんかあまりキャラが変わってねぇ気がしないでもないが、そこはそれ。いちお、なんかは変わるはずだ。(藁何はともあれ、新しい場で、引き続き、神秘学の探求は続く。そんなわけで…

詳細を見る

メールマガジン発行者・ブログ情報

著者:加藤夏樹 ■ 会社名:有限会社Storyteller ■ 所在地 赤坂オフィス 〒107-0052東京都港区赤坂2-17-55-209 お問合せフォームはこちらから。…

詳細を見る
特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/13)
    オウア 「愛」っつーもんの定義が社会科学的に出来んだろうからそりゃあ難しいだろうさ。 ああ。マザーテレサの狂気性や虚偽性、予定された列聖、欺瞞はもろもろ巷間言われてるな。 それでもアイコンとしてわかりやすいだろ? ナイチンゲールみたいなもんだよ。(笑) でもっておれは彼女のしたことはできねぇしな。
    » スピリチュアルな意味で正しい愛の状態とは?
  • User Avatar オウア さんより(18/05/13)
    スピリチュアルの愛とは、法律・条約等を「愛」の一文字で回すことだと思う(´・ω・`) できるものならやってみろと思わずにはいられない(^_^;) ちなみに、マザーテレサはカトリックの威厳の回復を目的にでっちあげた人物ですよ。 学校建てると募金してネコババしたり、痛みに耐えるのが素晴らしいとか言って見放す割に自分には最先端医療を求めたりしてたようです。日本円で28億円相当を荒稼ぎしたと記憶しています。TVで放送された奇跡はなかったとかなんとか。 「真偽はともかくこの言葉が好き」 そう言われればそれまでですが、なんだか違和感を感じてしまう自分がいる(^_^;)
    » スピリチュアルな意味で正しい愛の状態とは?
  • User Avatar 出之 さんより(18/05/03)
    今日は 通貨は負債ですね。 価値ある商品と交換されて初めて機能すると。 http://workhorse.cocolog-nifty.com/blog/2005/05/post_55d6.html
    » なぜエセスピはお金をエネルギーと言いたがるのか
  • User Avatar なが さんより(18/03/06)
    認める迄が ↓ココ ー\/ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーー ーーーーーーー (魂?) なイメージかな? こんな真っ直ぐじゃないけれど。 今の実感としては、入口さえ間違っていたから明後日の方向に行ってるのさえ気付かなかったのが、(自分に至る)入口をやっと見つけた、しかもめっちゃ目の前にあった!っていう迄が長かったから、分析・解体が遅々として進まなくても、「あ、今なんか違っているかもしれない」って気がするだけで、自分にとってすごく進歩しているように思えるの。 で、一回「よっし!これだ!答え(分析結果)出た!」って思っても、 次の時に同じ答え(分析結果)がどうもしっくりこなくて、 「あれ?一回めのはなんだったん?」て戻ってみたら、更に隠れていた答えが見つかって… の繰り返しかな?と(今のところ)思っていて、 正直、自分は内省をしている感ほぼ無いし(←ここにも思い込みがありそう)、 理性ってなんなん?って思うけど(理性が分かっていないことが分かったw)、 これは続けていくしかないな(多分そうせずにおれない)という気がしている。 そんなだから、ダスカロスのチェック事項、まじ多過ぎる。 とっても手がまわんない。 ただ、それだけあるって知っておくと、 光の当てる角度が変えられるっていうのはあるのかな? 何度も云うけど、今の私の雑感だから、後々、 「うわ!全く違ったわ!」となるかもしれん。 それでも北極星が見えているだけで全然気持ち的に楽なんだな。 自分を責めるのって、 自分がすごく正しいことをしているような気がしてしまうんだよね。 それでなかなか止められないのかも。
    » エゴイズムと向き合う

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter