“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

加藤夏樹の著作

加藤夏樹の著作物

実は加藤夏樹、アイデンティティのひとつに「作家」というものがあります。

電子書籍ですが、Amazonkindleで出版してます。

現在、4冊出してます。

■Latonia Saga1 黄の呪石編 
上 (STORYTELLERBOOKS) Kindle版

画像をクリックでAmazonに飛びます。

ラトニア黄1

 

■Latonia Saga1 黄の呪石編 
下(STORYTELLERBOOKS) Kindle版

画像をクリックでAmazonに飛びます。

ラトニア黄色下

 

■Latonia Saga2 青の呪石編 
上(STORYTELLERBOOKS) Kindle版

画像をクリックでAmazonに飛びます。

ラトニア青1上

 

■Latonia Saga2 青の呪石編 
下(STORYTELLERBOOKS) Kindle版

画像をクリックでAmazonに飛びます。

ラトニア青1下

かつてインターネット上で絶賛されたファンタジー小説がkindleで復活する。
「胸を熱くする伝奇小説の大作!」
「漆黒の未来を予感させるダーク・ファンタジーの愁眉」
と話題をさらった。

“物語が失われた”この時代だからこそ、
この作品を発表することに意味がある。
その意味で、古典的な伝奇小説でもある。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar たかメイ さんより(19/04/15)
    「エゴイズムは自分を中心にして自分のことだけを考える」ということですが、自我とエゴイズムは違うということですが、よく違いがわからないのですが、 自分を中心にして自分のことだけを考える と、いう時期はとても必要だとわたしは思います。
    » 神秘学講座をやっているとこちらも勉強になるという件
  • User Avatar たかメイ さんより(19/04/15)
    じゃあ、エゴとは自我のことだと思っていいのですか。 だいたいが、自我自体がどういう概念なのかを人は理解していないと思いますよ。 そこが理解できてないということが、話が進まないのではないのですか。 エゴと自我はイコールだと理解しました。
    » 神秘学講座をやっているとこちらも勉強になるという件
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/04/15)
    エゴとエゴイズムを両方を似たようなものとするのはなかなかに斬新だが、それはおまえさんの事情であって。(笑) 言葉として違うものである以上、違う意味、概念を取り扱ってる。とくにこの二つはまったく別物どころか、 反対の概念だ。 白と黒という言葉が、ぜんぜん反対の色を示す言葉であるように。 それを似たようなものだ! と、言っても話は進まない。
    » 神秘学講座をやっているとこちらも勉強になるという件
  • User Avatar たかメイ さんより(19/04/15)
    エゴイズムもエゴもどちらも似たようなものだと思います。 それに、エゴイズムは思考ではないから、正しい思考もなにも感情じゃないですか。 物質的な欲望と感覚的な欲望の充足は、正しいとか間違っているということではないですよ。 感覚的な欲望は物質的なものとして反映されるとは思いますが、それがエゴイズムとは思いませんし、欲というのは必要悪ではないです。 そのような捉え方をするから、人はいろんなものを抑圧して変に病的になったりするのではないですか。 人生の生きて行くなかで、欲を自己中心的に満たすという経験は大切なことだと思います。
    » 神秘学講座をやっているとこちらも勉強になるという件

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter