叡智と真理を探究する者のために

加藤夏樹の著作

加藤夏樹の著作物

実は加藤夏樹、アイデンティティのひとつに「作家」というものがあります。

電子書籍ですが、Amazonkindleで出版してます。

現在、4冊出してます。

■Latonia Saga1 黄の呪石編 
上 (STORYTELLERBOOKS) Kindle版

画像をクリックでAmazonに飛びます。

ラトニア黄1

 

■Latonia Saga1 黄の呪石編 
下(STORYTELLERBOOKS) Kindle版

画像をクリックでAmazonに飛びます。

ラトニア黄色下

 

■Latonia Saga2 青の呪石編 
上(STORYTELLERBOOKS) Kindle版

画像をクリックでAmazonに飛びます。

ラトニア青1上

 

■Latonia Saga2 青の呪石編 
下(STORYTELLERBOOKS) Kindle版

画像をクリックでAmazonに飛びます。

ラトニア青1下

かつてインターネット上で絶賛されたファンタジー小説がkindleで復活する。
「胸を熱くする伝奇小説の大作!」
「漆黒の未来を予感させるダーク・ファンタジーの愁眉」
と話題をさらった。

“物語が失われた”この時代だからこそ、
この作品を発表することに意味がある。
その意味で、古典的な伝奇小説でもある。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

カテゴリー

最近のコメント

  • 加藤 夏樹 { ビギ まぁ神智学ではないのだが・・・それはともかく、 >何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? かまわんよ。またコメントするなりメルマガに返信するなりしてくれ。 }
  • ビギ { どうにもその神智学は自分にはまだ少し早い様子、何なら手を付けないのも選択肢に含まれそうです。ですが何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? }
  • 加藤 夏樹 { ビギ おう。ご希望にそえない点もあったかと思うが、すまんね。 }
  • ビギ { 返信しないとばかり思っていました(・・;) ①の方はほっとくはそう思います。現実に向き合うと言い出しているみたいです。神=キリストなら宗教観が総崩れですね(・・;) キリストの水は検討ついてましたが、物質おばけみたいな魔女とか一緒にわかるとは思いませんでした。 ②も含めて返信ありがとうございました }

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter