“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

加藤夏樹の著作

加藤夏樹の著作物

実は加藤夏樹、アイデンティティのひとつに「作家」というものがあります。

電子書籍ですが、Amazonkindleで出版してます。

現在、4冊出してます。

■Latonia Saga1 黄の呪石編 
上 (STORYTELLERBOOKS) Kindle版

画像をクリックでAmazonに飛びます。

ラトニア黄1

 

■Latonia Saga1 黄の呪石編 
下(STORYTELLERBOOKS) Kindle版

画像をクリックでAmazonに飛びます。

ラトニア黄色下

 

■Latonia Saga2 青の呪石編 
上(STORYTELLERBOOKS) Kindle版

画像をクリックでAmazonに飛びます。

ラトニア青1上

 

■Latonia Saga2 青の呪石編 
下(STORYTELLERBOOKS) Kindle版

画像をクリックでAmazonに飛びます。

ラトニア青1下

かつてインターネット上で絶賛されたファンタジー小説がkindleで復活する。
「胸を熱くする伝奇小説の大作!」
「漆黒の未来を予感させるダーク・ファンタジーの愁眉」
と話題をさらった。

“物語が失われた”この時代だからこそ、
この作品を発表することに意味がある。
その意味で、古典的な伝奇小説でもある。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/29)
    >天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? 微妙。シャマエルは確かにルシファのエレメンタルとして活動するね。その作用は「機能的」なのであまり悪魔として認識されないように思う。 いわゆる「悪魔」とは別と考えた方がいい。 シュタイナーの文脈でいえば「アーリマン」に属する人(笑)たちが悪魔だねー。 悪魔は人間の感情をトレースできるので「善でも悪」でも柔軟にw行動できちゃうけど、ルシファーとかは根本は大天使なので「悪と呼ばれる行為(作用)しか」(ルシにとっての善)できないわけです。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar ひろ子 さんより(19/07/29)
    昨日教えてもらったことを復習しにやってきました☆ 天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? とするならば、私たちの肉体を司る存在の中に悪魔がいる!? 気になります。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/13)
    となるとアレね。やはり王道はシュタイナーやダスカロス本の紹介でいいんでないかねー。 まぁ『信者』になってるとなかなか難しいものはあるけどな。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar なが さんより(19/07/13)
    だよねえ。周りの人曰く“ピュアな人”らしいんだけど、神秘家をピュアって形容しないしねえ。 多分ピュアでいい人なんだと思う。そのスピな人。カルマの負債を増やす前に誰か教えてあげてって祈るわ。 結局私にできるのは、信者(どストレート過ぎて使いたく無かったけど)達に、 こういうブログがあるよって教えることか、 ダスカロスかシュタイナーの本の紹介するくらい。 自分が認識甘いのに人のこととやかく言えないよなあ、と思うこともある。 モヤモヤの半分は私の過去を見ているみたいだから関わりたくない、なんだけどもね(笑)
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter