スピリチュアルとは何か。瞑想のやり方や理論、霊的学びや真理の探究など。

レイキで病気は治せない!根拠のないスピリチュアル詐欺に注意

 

この記事では次のことが理解できます。 

・レイキというヒーリングでは病気は治せない。
・スピリチュアル詐欺の一つにレイキヒーリングがある。
・レイキが詐欺という客観的事実。

 

レイキのようなヒーリングに騙される前に読んでください。

 

 

今さらだけど、レイキというヒーリング詐欺についての記事です

 

この章ではポイズンK子というライターが『レイキではなぜヒーリングができないのか』、という本論の前説を簡単にします。

 

 

こんにちは、ポイズンK子です。

さて。今年一年間を通して10記事を書かせてもらいました。

今回がとりあえず、あたいの最後の登場かもしれません。

ポイズンK子は永遠に不滅であなたさまの心の中にいつまでもイン・ユア・ハートです。

 

そんなあたいが最後に贈る記事は、ヒーリング。

それもレイキについてです。

創始者・臼井甕男によって浸透したレイキは、スピリチュアルの力の代表例といえるでしょう。

 

「レイキを使えば、病気や身体の不調も治る」
「失神後に目覚めたら、驚くほどの治癒能力を得ていた」

 

大自然の力とも言い換えられるレイキヒーリングの体験者は、こんな風に言っています。

脳みそに蛆でも湧いてるのでしょぅか・・・?


でも、スピリチュアルの力で病気が治せるなら、医学なんて必要ありませんよね…?

昨今では、レイキヒーリングを商売に大金を稼いでいる霊能者がごまんといます。
「それだけの需要があるなら本物だ」と思う人もいるかもしれません。

しかし、世の誰もが納得する科学的根拠がないレイキに、過度な期待をするのは危険です。
病気を治したければ、医療機関を受診するのが先決になりますよね。

今回はそんな視点で、レイキについて斬りまくり、あたいの〆としたいと思います。

 

というわけで早いもので、ついにポイズンK子も10記事となり、対談形式からいつの間にか完全に任せる寄稿の記事となった。

ただおれの掲載も遅かったため、もらっていた記事のアップも遅れたりで結局、連載的になり一年かかった。

いやはや。

女性ながら舌鋒するどいポイズンの記事もこれで当面は見納めだ。

まぁいい。

何事にも始まりがあれば、終わりもあるものだ。

そしてとりあえず、恒例のポイズンK子の紹介である。その後に本文を楽しんでくれ。

 

 

ポイズンK子はこんな人!

再登場!ポイズンK子は、言いたいことを執筆で言うことに長けた女性。
初登場はこちらのスピリチュアルカウンセラーについて物申す記事

書くことも仕事にしたりする。

得意領域は女性らしく美容系などもあるが、しっかりとスピリチュアル系もある。

そして体験重視の突撃型。

今回もオレさまの『レポートよろ』のひと言に、二つ返事で「はいよろこんで、ボス!」と、いい返事で引き受けてくれた。

その他のポイズンK子の登場記事はこちら。
偽物スピリチュアルヒーラーの実態と3つの見抜き方

占いでオーラが見えるは嘘!スピリチュアルの本質を理解しよう

偽物スピリチュアルカウンセラーによる占い詐欺の実態を検証!
霊視に依存する女性は危険?スピリチュアルと不倫の意外な関係性 
占いとスピリチュアルの違いは?偽の鑑定結果に要注意! 
スピリチュアル占いで前世鑑定ができるというのは本当か 
透視(霊視)の9割はイカサマ!スピリチュアル詐欺の手口を大暴露
引き寄せセミナーはスピリチュアル詐欺の一環!

 

レイキとは何か

 

 

この章では、レイキというヒーリング方法の概略・分類を行います。

 

 

まずはおさらい。簡単にいきましょう。

レイキ(靈氣)とは、宇宙・自然のエネルギーを総称します。


人間が自然界と調和している時に授かりやすい力であり、手当療法(ハンドヒーリング)に使われているのです。

 

●レイキの必要性は…?

量子力学によれば、この世の万物に一定量のエネルギーが与えられています。
私たちのエネルギーは他者との関わり合いの中で変化し、時には、病気に見舞われやすくなるため、レイキを体内に送り込んで自然治癒能力を高めるわけです。

 

●レイキの種類と特徴

レイキの種類

特徴

臼井式レイキ

臼井甕男が創始者となり、関東大震災で負傷者の手当てに用いられた。別名で「たなすえ(手末)の道」とも呼ばれる。

西洋レイキ

林忠次郎(ハワヨ・タカタ)の系統。

ヒーリングに重点を置き、現代医療にも関わっている。

レイキの種類は、日本に伝わる「臼井式レイキ」と、欧米諸国で普及する「西洋レイキ」に分けられます。

日本に伝わるレイキは、医師免許をもたず現代医療に携わることを許されていない点で、海外レイキと異なります。

 

 

レイキで病気は治せない!

今現在、日本で出回っているハンドヒーリングの種類は「西洋レイキ」です。

これは人間の自然治癒能力を引き上げることに特化したものですが、だからといって万病を治せるわけではありません。

そもそもレイキで病気を治せるなら、医療は必要がないということになります。

 

でも実際は、対処療法で経過観察をするしかない指定難病の患者が増えているのです。
レイキで病気を治せるというのが本当であれば、こんな状況にはなりませんよね。

カルマの問題だの小難しいスピリチュアルな話は別途、ボスに聞いてください。

そこまではあたいではわかりません。

 

 

なぜレイキヒーリングを妄信する人が増え続けるのか

そして思うことがありますね。

人間とは、苦境に脆く快楽に溺れやすい生き物です。

いかにもインチキ商法で胡散臭いレイキヒーリングを妄信するのは、自らの努力で体調管理や病気の治療に励むことから逃げられると思い込んでいるからです。

 

体調管理を万全にするために早寝早起きを心がけ、食事はバランスよく摂る。
病気にかかった時は、医療機関を受診して処方箋をもらう。

 

こうした対処法は労力も時間も一定量必要になるため、面倒に感じる人もいます。

「それなら、レイキヒーリングで手軽に何とかしてもらおう」という甘い考えが働くからこそ、スピリチュアル詐欺の餌食になるのです。

上手い話には裏があるというように、レイキで病気を治せるなんてことはあり得ません。
レイキの効果を妄信するより、病気予防に励むのが賢明ということです。

もちろん、あたいもただただ批判して根拠なく「レイキでは治らない」と言ってるわけではありません。

 

 

根拠のないスピリチュアル詐欺に注意

 

この章では統計的にもレイキが役に立っていないことを解説します。

 

 

「レイキで病気は治せるのか?」について、アメリカの国立補完統合衛生センターは臨床研究を重ねてきましたが、信頼性の高い研究成果は未だに出ていません。

また、一部の研究者たちによれば、レイキで病気は治せないと断言されています。
こうした科学的根拠のない力を信じ込めば、スピリチュアル詐欺に引っかかるだけです。

ネット上で猛威を振るう自称ヒーラーに何十万円も注ぎ込み、レイキヒーリングを受けるメリットはあると思いますか?

病気になれば精神的に追い詰められることもあるでしょう。
だからといって、確実に治る保証もない力に縋っても意味がありません。

 

●そもそも本物のレイキヒーリングを提供できるヒーラーは一握り…。

レイキヒーリングは、今や誰もが1度は聞いたことのあるスピリチュアル用語でしょう。
では、なぜこれだけ浸透したのだと思いますか?

その理由は、レイキヒーリングが市場に溢れているからです。

ましてや「私は医師であり霊力を授かった者」といえば、自称ヒーラーでも通用するのが実状…。
つまり、デタラメな施術を行ってもお金を取れるわけです。

こうしてお金儲けのためだけに行われるスピリチュアル詐欺が蔓延したために、レイキヒーリングの知名度が上がったのです。

本物のレイキヒーリングを提供できるヒーラーは、ほんの一握りしかいません。

「ヒーラーの99パーセントが偽物」と明言する人が多々いる中で、まだレイキの力で病気を治したいと思っているなら、詐欺師に喜んで貢いでいるのと同じことではないでしょうか。

 

終わりに

というわけで、ポイズンK子のヒーリング、とりわけレイキヒーリングへの批判記事となった。

レイキはヒーリング業界(?)の中ではメジャーなもんだけに思い当たる人も多かったり、あるいは反発もまた多いのではないだろうか。

しかし、こうして自分のブログに掲載する以上、文責もおれにあるし、この内容におれも賛同していると受け取ってれてかまわない。

「世のレイキヒーラーの99%は病を治せない」

それが実情ではないだろうか。

 

もちろん「99%」という言い方は、別に統計調査をしたわけではないので感覚値でしかない。

要はそれほど「本物がいない」「マジいない」「特別天然記念物以下」「絶滅危惧種」みたいなことを言いたいだけだ。(笑)

 

とまぁそほどに本物のいない世界ではあるが、神秘的な道を歩む者としては、レイキとは全然異なるシステムだが、いずれはひっそりと自信をもってヒーリングを施すレベルには至りたいとは思うけどな。

ただまぁ、天与のエネルギーを用いることなるのでそのときは純粋に奉仕活動してやらせてもらう。

 

さ。そうした話はともかくとして、以上をもってポイズンK子シリーズはこれで終えたい。

需要があれば、また登場してもらうことになるだろう。

そのときまで、しばしのさよならということで。

じゃ、K子、やりますか。

 

 

 

なつき・ポイズン:
『せーの、、、 ま。そんな話さ』

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

カテゴリー

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/12/12)
    ビギ まぁ神智学ではないのだが・・・それはともかく、 >何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? かまわんよ。またコメントするなりメルマガに返信するなりしてくれ。
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar ビギ さんより(21/12/05)
    どうにもその神智学は自分にはまだ少し早い様子、何なら手を付けないのも選択肢に含まれそうです。ですが何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか?
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/12/05)
    ビギ おう。ご希望にそえない点もあったかと思うが、すまんね。
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar ビギ さんより(21/12/04)
    返信しないとばかり思っていました(・・;) ①の方はほっとくはそう思います。現実に向き合うと言い出しているみたいです。神=キリストなら宗教観が総崩れですね(・・;) キリストの水は検討ついてましたが、物質おばけみたいな魔女とか一緒にわかるとは思いませんでした。 ②も含めて返信ありがとうございました
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter