“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

人はなぜ病気になるか。スピリチュアルな視点から病気とその原因の意味を考える。

スピリチュアルな視点から病気とその意味を考える本記事の要旨

病気,スピリチュアル,健康

どーも。夏樹です。

いつかはポックリ逝きたいです。ポクポク。

さて。本記事は、なぜ人は病気になってしまうのか。この点についてスピリチュアルな視点と自分の人生の経験に基づき、かつ他者の観察を交え、病気の意味と原因を考えていこう。こうしたスピリチュアルな視点から医療を考えるにあたっては、たとえばルドルフ・シュタイナーが人智学的視点からカルマの問題も含めて、ホリスティックな視点から研究していたことはよく知られている。(大和薬品株式会社のHPに、シュタイナーのスピリチュアルでホリスティックな医療の視点がシンプルかつコンパクトなコラムでまとめられていた。参考:同社HP、「シュタイナーの思想」

 

今回はそうした人智学・神秘学的視点に基づくことは本ブログ的に当然としつつ、中でも次の視点にこだわって用意された。「アストラル体(サイキカル体)」と呼ばれる、「心や感情を司っている言われる霊的身体との関係性において病気はでてきやすいのではないか」という視点だ。

 

このようにスピリチュアルな視点から病気を考えると、輪廻まで視野に入れた、カルマの法則も本来なら考慮する必要がある。

 

だが、本稿ではとくそこまでは触れない。あくまでも、今世において原因を作って、発現てしまった病気についてスピリチュアルな視点から考える、という前提である。そしてその結論として、基本的には『アストラル体との関係性が非常に注目すべきものでる』という論旨に沿って書かれている。具体的に病気を治すことまで触れるのは難しいが、何かしらのヒントになれば幸いだ。「治したい」という願いは、誰にとっても切実なのだから。

 

さて、初めての方もいると思うので、ちょっとここらで自己紹介も入れておきます。

 
 
 
加藤夏樹
マーケティング・コンサルタント、作家、神秘家など、
取り組みは多面的であり、マルチに活動している。
2011年頃より、師匠の教えに従って『神秘学講座』を開講。
ダスカロスやシュタイナーといったキリスト教神秘主義に基づく神秘学の指導を開始。
以後、月イチの講義を現在まで継続する。
マーケティングから瞑想、気功、武術、文筆まで活動は多方面にわたる。
 
そんな風に色々なことをしておりまして、神秘家、マーケティング・コンサルタント、作家、色んな顔をもってますw 
 
ここではキリスト教神秘主義の神秘家としての顔で記事を書いてます。
 
というところで、記事をお楽しみださい。
 
 

 

病気の原因1
アストラル体から生じる

では早速、「病気」というものについて、その意味や原因をスピリチュアルな視点から考えてみたい。

そうするとことで、もし何かしらの病を抱えるているとき、これまでとは違った視点から治すことへアプローチできるかもしれないのだ。

 

それでは始めよう。


まず病気は簡単に言うと、身体の適切な部位に適切な栄養素がいかない、偏る、といったことから始まる。それが一般的ではあるはずだ。

だが、この「偏り」を生じさせるのが、必ずしも物理的な原因とは限らない


まず基本的に体ってもんでは、身体各所が必要とする養分が、体内をくまなく流れる血液やリンパ液やら、多様な「水分の流れ」によって運ばれている。

この過不足や過多が、まずは病気の大きな原因となる。

 

この点に、スピリチュアルな視点から見解を加えることができる。

この水分の流れをアストラル体が司っていると、スピリチュアルな学問は考えている。


アストラル体とは、言葉を変えるとサイキック体(心理感情)だ。


文字通り心理感情であるだけあって、怒りや悲しみなど心的ストレスといったさまざまな負荷などアストラル体の働きに偏りが生じてしまい、それが身体に反映される。

これがアストラル体から、身体(肉体)へ不和(病気)が反映されることが理由だ。

この不和によってまず現れるのが、身体の「流れ」の偏りとなる。

一般医学では、「ストレス」「心理的な不調」という言葉で簡単に片づけられ、治すプロセスでも見過ごされがちだ。


だが、優れた神秘家は、まずアストラル体に現れる「異常」から、病の発生や病んでいる場所を見抜いたりもする。「流れ」がおかしい場所が分かるんだな。偏在していたり、停滞していたりね。

 

 

そしてもう一つアストラル体(感情体)の不調和に起因すると考えられるのが、自律神経失調症など、神経系の病だ。これらの病がアストラル体(心理・感情・想念・欲求を司る)の不調和が原因というのは、比較的イメージ的しやすいのではないだろうか。

だからもし神経系の不調和を抱えているのなら、精神的、内的生活の安定に努めるというのも、立派な改善策になりうるはずだ。

 

内観療法という言葉があるように、内観によって不定愁訴的な病を治した例が幾つも報告されているが、それはまさに内観になってアストラル体(つまり心)が整い、その良好な状態が物理的な身体へと反映されたと考えることができる。

 

 

よくある病気と
スピリチュアルの関係【胃腸の場合】

またアストラル体の乱れは、次のような感情の乱れでも発生し、身体に反映される。

たとえば、怒り、不安、頑なさは、部位で言えば胃腸に対するアストラル体の働きを悪くすると考えられる。

 

どうしてそのように考えるかというと、胃腸の辺りは、太陽神経叢の位置だ。

ここは霊的に見ると、「理性」が位置している。

つまり、霊的に考えるならば、怒り、不安、頑なさは、理性を曇らせてしまい、結果としてこの部位のアストラル体と肉体(胃腸)の関係性が悪くなる。よってアストラル体が怒りや不安で乱れると、適切な養分を胃腸に運べない状態を作る。

 

それは結果として、胃腸炎や潰瘍を招きやすいといえるだろう。

 

私事だが、2015年の5月のオレ状態だww ストレスが原因で、見事に大腸炎だ。心の状態が見事に身体に反映された。あと一歩で入院レベルだった。笑えない。治す上で養生も大事だったが、今思うと心理的ストレスからの解放と抱えていた「怒り」の解放がやはり大きく貢献したように思う。


ちなみに頭部の不調は、ちなみに独善・エゴの肥大(なんか人格・性格破綻者みたいだが(笑))が背景にある、といったケースがあるようだ。

こうした事態は、内省等を通して自分の日ごろの態度を振り返り、心を鎮める必要があることは容易に想像がつくだろう。

治すためにも自己の内面も観察は有効だ。

 

 

よくある病気と
スピリチュアルの関係【婦人系の場合】

また次のような視点もある。子宮系のトラブルや、膀胱炎が多い人は、母性の欠如と人間関係へのクールさがある、と。よく知られた霊能者・スピリチュアリズムの研究家としての江原氏は言うらしい。

もっとも、これはスピリチュアリズムの見解なのか、彼の霊視による見解なのか。ちょっとよく分からないが・・・。

 

しかし、ネットでいろいろと検索すると、病気のスピリチュアルの意味の解釈において、子宮の病気など婦人科系は、

・異性へのネガティブな捉われ

・女性性への抑圧

・出産・子供へのネガティブな感情

といった女性としての葛藤が原因としているスピリチュアリストが目立った。

 

しかし。この見解は江原氏の見解以上に、オレは否定的だ。

 

と、他人の意見ばかりではなく、自分の見解は・・・と言われそうだから伝えておくと。

 

オレの見解は、こうだ。


「女性の肉体で生きているのに、男性性の強い思考、在り方をしている。

 そして男性的な働き方を自らに強いた結果、アストラル体と肉体(子宮関係)の偏りが生じ、病気が発生する」


とみている。

 

だからな、前述の女性としての葛藤は、実はあまり関係ないんじゃないかと思ってるんだ。

いや、まったく関係がないとは言わないよ。

ただ、おれの観察するところ、内的葛藤を本人が自覚していなくても、男性性の強い働き方や生活をしている女性が、婦人科系の病気を抱えて、治すことがなかなかできずに大変な目にあっているケースが多いように思ってね。


葛藤があればそれだけ深刻かもしれないけれど、婦人系疾患を持ちつつも、本心から

 

「自分では、バリバリ働くことが向いていると思っている」

 

「もちろん女性としてオシャレしたり恋愛も充実している」


「自分では、そんな生活が楽しいと思っている」


etc….


っていう女性も結構いるな、と。

自分では「男性的にバリバリ働くのも向いている」と思い、そこに葛藤とかないタイプ

おれの知人女性でヘビーな婦人系病を抱えた数人がまさにコレだった。

 

しかし、表面的な意識の在りようはどうであれ、身体は正直だったのかもしれない。

そんな男性的?生活が長引き、ついにカラダと本来の女性性を持つアストラル体との偏りが生まれ、発症したと考えることはできないだろうか。

友人、知人の女性を見ていて、そんなケースがあるように思ってさ。


いやね、おれも昔は、上の「葛藤説」だろうなぁと割と思っていたんだ。

 

だが、繰り返すけど、おれの女性の知り合いの

「婦人系病で “すっごく”苦しんだ人」

トップ3が、

「バリキャリ」

「働くの大好き」

「しかし女性としてのプライベートもリア充」

「結婚後も働いてる」

 

といった特徴を持っている感じでね。


会社を経営するわ、外国出張で飛び回るわ。とどめに海外に単身赴任。まったく葛藤なんてなく働くのが好きで、生きがいでもある。しかし、婦人科系でひどい疾患に悩まされている・・・。

 

そんな彼女らはさ、長年かけて探し出したいい医者との出会いによって医学の力で改善もした。

そんな彼女たちに共通したのが、「出産」で劇的に良くなったという話があってね。それを聴いたときに、おれは葛藤説に疑問を持った。ほんと、病気の意味をスピリチュアルに考えることは難しい。
(※子宮内膜症だったというワケでもないらしい。)

 

そこで思ったのが、出産を機に、強くなった母性によって「女性性」が増加し、身体とアストラル体のバランスが自然と整ったのではないか。

そんなスピリチュアルな仮説をとっている。


もちろん、これらの見解はあくまでもスピリチュアリズム系の一般論めいた話と、オレの物理的な意味での観察と霊的観察という経験論からの話。

婦人科系の病気に対する、スピリチュアルな原因としては、残念ながら、正しさは保証できんけどね。

 


どうだろう。

日頃の自分と照らして思い当たることはあったかい?

 

何かしら参考になれば幸いだ。とりあえず今回はここまで。

 

またいずれこんな話も書いてみたいと思う。

 

 

オススメ関連記事

「自分の人生を生きていないとき、人は病気になる」という意見をスピリチュアルから考える。

 

編集後記

いやはや。

先月は自分が虫垂炎やら大腸炎で丸っと一ヶ月体調を崩したモンだから、思わず考えこんでしまったぜ。

思った以上に、仕事関係で内面に抱えこんで押し殺している感情があったのかもしれねぇや。

やれやれ。

ぽまいらも、それが手遅れになるような病気として表面に出る前に対処するんだぜ。


病気には前世からのカルマ的な病もあるが、カルマの負債が今世で出てくるのは、概ね20%程度だ。


80%はあくまでも今世で作った負債としてのカルマなのだから。

さて。

次またこうした話を書くことがあれば、今度はカルマ的なことを含めて話を展開してもいいかもしれない。


ま。そんな話だ。

 

追伸1

神秘学的な視点から人生の秘密を考えるメルマガ『魂の神秘学』。
新規読者は、『師匠との対話』シリーズが登録特典として読めます。

神秘学導師と弟子の間で繰り広げられる対話や活動のヴェールが明らかに!? 
詳しくはコチラ。

 

追伸2

もし今葛藤を抱えて生きているのなら、もう少しラクに社会的に生きていくためにも、下記の無料メール講座を勧めるよ。ぜひ眠れる力を発揮してほしいと思う。

 

 

1000人以上が受講した、人生を変える8本のメールレッスン
~キミが幸せになっても、誰も困らない~

★★★★★★★★★★★★★★

伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと落とし込みました。

「人生を諦めない!」
と気力が溢れてきた8本のメールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を高め、

意志で現実的に創造する力を高める
メールをお届けします。

このメールは、
ともすれば自分の人生に見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。


今こそ、「ムリだ」というヤツを笑え!!

人生はいつだって、諦めるには早すぎる。

立ち上がるのに、遅すぎる日は決してないのです。

 

【コンテンツ一覧】
1. 人生は「そもそも論」で考えろ!
2. 欲求の階層を把握しろ!
3. 意識にコスモス(秩序)をもたらせ!
4. スピリチュアル・リンケージを生み出せ!
5. 1009回目のプロポーズ
6. 視覚化が未来を拓く
7. 自分の真の敵を知れ
8. もう一度、あなたが立つための力


追伸

本メール講座で「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。

☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

 

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

    • カズ
    • 2017年 6月 08日

    この記事読んで納得かも。子宮のトラブルで悩んでいる私です。 女性性を否定してるわけではないが 活用というか使用してないのも確か………

    • 加藤 夏樹

      まぁ、無責任な発言になっちまうが、男性と女性は良い悪いじゃなくて、違う生物である以上、その違いから生まれる差異を利用・活用するのはアリだと思うよ。まぁ、、うちのヨメとかもそうだが、周囲にも大変な女性がたまたまいたからなぁ。ほんと、男性には女性の子宮系トラブルはわからん。大変だと思うが、良くなることを願ってるぜ。

    • ゆめこ
    • 2017年 12月 11日

    納得です。私のまわりでは仕事が出来ると自覚していそうな人、バリバリな人が患ってます。

    • 加藤 夏樹

      そうかー。女性性・男性性のバランスの崩れるところに病が発生する、というケースは確かにありそうだな。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/29)
    >天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? 微妙。シャマエルは確かにルシファのエレメンタルとして活動するね。その作用は「機能的」なのであまり悪魔として認識されないように思う。 いわゆる「悪魔」とは別と考えた方がいい。 シュタイナーの文脈でいえば「アーリマン」に属する人(笑)たちが悪魔だねー。 悪魔は人間の感情をトレースできるので「善でも悪」でも柔軟にw行動できちゃうけど、ルシファーとかは根本は大天使なので「悪と呼ばれる行為(作用)しか」(ルシにとっての善)できないわけです。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar ひろ子 さんより(19/07/29)
    昨日教えてもらったことを復習しにやってきました☆ 天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? とするならば、私たちの肉体を司る存在の中に悪魔がいる!? 気になります。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/13)
    となるとアレね。やはり王道はシュタイナーやダスカロス本の紹介でいいんでないかねー。 まぁ『信者』になってるとなかなか難しいものはあるけどな。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar なが さんより(19/07/13)
    だよねえ。周りの人曰く“ピュアな人”らしいんだけど、神秘家をピュアって形容しないしねえ。 多分ピュアでいい人なんだと思う。そのスピな人。カルマの負債を増やす前に誰か教えてあげてって祈るわ。 結局私にできるのは、信者(どストレート過ぎて使いたく無かったけど)達に、 こういうブログがあるよって教えることか、 ダスカロスかシュタイナーの本の紹介するくらい。 自分が認識甘いのに人のこととやかく言えないよなあ、と思うこともある。 モヤモヤの半分は私の過去を見ているみたいだから関わりたくない、なんだけどもね(笑)
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter