“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

秋とミカエルの魂の在り方

どもども。

今回は2014年のメルマガの編集記事です。

メルマガ魂の神秘学著者の夏樹タン39歳@

すっかりおっさんでございますが、

ぽまいらはいかがお過ごしでいやがりますか。


いやはや。

一気に秋が進んできたな。

9/1日、
関東は雨のせいもあって気温が下がり、
猶更、秋の気配だ。
(またすぐ暑さが戻るみたいだが・・・。)



秋と言えば。



四季の上で、

秋はミカエルの季節。

キリスト教でもシュタイナー系の

キリスト者共同体とかは、

秋はミカエル祭りとかやるのではなかったかね。



ミカエル


それはともかくとして、

おれも秋は好きだ。



秋は色々と透明にしてくれるからな。



そして表題の話にもなっていくのだが、
この季節は、
これまで燃え盛る夏の熱の中に
まどろんでいた「思考」が目覚めるときだ。




秋を迎えるにあたり、
夏に燃やした命が失われていくが、
「それは新しいものを迎えるためである」
という創造的な喪失感、
とでも言うのがミカエルの季節の気分だ。


※ちなみにシュタイナーの言う「魂の気分」というのは、
魂の在り方のようなものも意味している。
単なる「気分」を超えた意味があるので
注意な。オレもそうした意味で使ってる。

 

秋のミカエルの気分とは?

さて、
話を戻すと、
この「創造的な喪失感」
とおれが名づけた魂の空白的気分は、
本当に大事だ。


なぜなら、
この魂の余白にこそ、
「未来的なもの」が流入するからだ。


よく、
「ヒラメキは心がからっぽなときに来る」
ってあるだろ。


この魂の空白も同様でね。


しかも季節的な、
「宇宙の運行と魂の関連」
の中での話なんだ。


もっと壮大な、
「心にできる余白」の話。


そしてそんな余白にこそ、
未来への憧れが生まれるのだ。



そして未来への憧れとは、
「新しいものを用意する」ために必要な、
ミカエルと呼ばれる大天使の持つ、
人類への導き、影響の一つだ。


ミカエルは、
人類の未来を共に生み出す大天使、
ということもできる。



反対に、
過去をいたずらに
ただ守ろうとする衝動には、
アーリマンと呼ばれる
魔的存在の影響がある。

※美しい伝統を守ろうではなく、
徒に変化を拒み、
ただただ古いものを守ろう、
則って動こうとする頑迷さや硬い精神のこと。




夏が終わり、
秋になろうとする今。



透明な空気の中で、
静かに未来への余白を
魂の中に感じることもいいだろう。


そこには、
静かな理性とともに、
自分をどこかワクワクさせるような
衝動が生まれることを
感じられるかもしれないのだ。


さて、
今回の最期は、
そんな気分を産みだす詩句でくくろう。



シュタイナーの「魂のこよみ」より。



遠い宇宙からの光が
私の内部で力強く生き続ける。



それは魂の光となり
霊の深みに輝く。


そしてその深みに眠る人間自我を
宇宙自我から目覚めさせ
その成熟をうながす。





今回は、
ここまで。


ま。そんな話さ。



編集後記


秋ということもあって、
久しぶりに「ミカエル」に触れた気がする。


なんつーか、
おれは大天使のメッセージ、
とかいって、
頭がお花畑としか思えない
メッセージを垂れ流している
自称ちゃねらーが大嫌いだ。


虫唾が走る。


本物の大天使とのコンタクト、
コミュニケーションが可能になったら得られる
「叡智」がそこにはかけらもないのだが、
それでいて、
言語能力だけは妙に3次元的で達者だ。

「いや、饒舌な言葉に変換しているのは、
チャネラーの能力であって、
あれはインスピレーションを・・・・」


なんて言ってきたのもいたが。



うるせーっての。


キモいわ。


ロクな叡智もない内容で、
なぜそれを大天使とか神様とか、
宇宙存在なんちゃらーるとか
信じられるんだっての。



まったく。




ぽまいらは、
アメリカ発のへんなエネルギーヒーリングとか、
ほんと手ぇ出すなよ・・・。

登録特典つきメールマガジンのお知らせ

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を待ってます。
内容にもどんどん質問してくださいね。


☑本物のスピリチュアルな成長に関心がある。
☑基礎的なスピリチュアルな体系を知りたい。
☑「最高のヒーリング」とは何か知りたい。
☑もう小手先のスピリチュアルは要らない。


そんな方に最適な「神秘学ベーシックテキスト」
もプレゼントします。

 

登録はコチラから☆

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/13)
    となるとアレね。やはり王道はシュタイナーやダスカロス本の紹介でいいんでないかねー。 まぁ『信者』になってるとなかなか難しいものはあるけどな。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar なが さんより(19/07/13)
    だよねえ。周りの人曰く“ピュアな人”らしいんだけど、神秘家をピュアって形容しないしねえ。 多分ピュアでいい人なんだと思う。そのスピな人。カルマの負債を増やす前に誰か教えてあげてって祈るわ。 結局私にできるのは、信者(どストレート過ぎて使いたく無かったけど)達に、 こういうブログがあるよって教えることか、 ダスカロスかシュタイナーの本の紹介するくらい。 自分が認識甘いのに人のこととやかく言えないよなあ、と思うこともある。 モヤモヤの半分は私の過去を見ているみたいだから関わりたくない、なんだけどもね(笑)
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/13)
    >本人は騙しているつもりはないだろうけど、やっぱり騙しているカテゴリーになるのかしら? 言われてみりゃカテゴリーは厳密には違うかもしれんが、それでも基本的に同じカテゴリーになると思うぜ。 なぜならその行為自体、マイナス的な意味でのカルマになると思うからだ。 いずれその人は「手痛い」形でカルマによる学習を行うことになるだろう。 >“「自分の能力を信じちゃってる人」に傾倒する人”に 『それ、大丈夫?』とは言えないというか。 その辺、なんかモヤモヤするのいつも。 ながが言う必要はないかもしれないが、誰かが言う必要はある状況なのかもしれねぇな。 するとなおのこと、それはカルマ的意味でマイナスの状況だな。 モヤモヤはともかくとして、誰かがなんとかする必要はあるのだろうぜ。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar なが さんより(19/07/13)
    スピリチュアルにハマる人、じゃなくて、 「自分は本当にスピリチュアルな能力を持っていて、これをみんなに享受したい!」 って信じて疑わない人は、 本人は騙しているつもりはないだろうけど、やっぱり騙しているカテゴリーになるのかしら? お師匠のダンブルドア氏や、前に出てきた沖縄のなんとか(忘れた)みたいに、 必要な人はその時に会える。っていうスタンスでいるのがイイ(善し悪しのではなく外的基準として)のだろうけど、 本人信じてるんだろうし、(たぶん)私の見えない/知らない何かがわかることに関して見えない私が判断できないし、 その“「自分の能力を信じちゃってる人」に傾倒する人”に 『それ、大丈夫?』とは言えないというか。 その辺、なんかモヤモヤするのいつも。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter