スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

「いか超」2 叡智を追い求めるなら、いかなる障害も恐れないということについて

「いか超」の学習2回目です。


早速、前回の続きを考えていきましょう。


我々は、自分の中にまどろんでいる高次世界を認識する力を獲得するために、
そのための知識を学ぶに相応しい「条件」を獲得する必要がある、
と前回触れました。


「秘された叡智」を真摯に学ぶなら、真剣な態度を求められます。


もし、あなたの求めが真剣で誠実なものであるのなら、
私たちに障害はありません。


通常、私たちは教育のチャンスを制限されることがあります。
経済力や国籍など、外的な要因です。
しかし、秘教の叡智にはそのような制限はありません。


人類に普遍的に与えられているギフトであるからこそ、
そのような障害はあってはならないのです。

(※だからこそ、不当に高額なスピリチュアル・セミナーの類は、
それだけで、経済力という差別を与え、あるべきでない差別を内包しています。
もしあなたが、こうしたことを仕事として携わっているのなら、
経済力によって不当障壁を作っていないか、よく検討してください。)


しかし同時に、「秘教」といわれるように、
どれだけ求めようとも、もしあなたが条件に適わなければ、
叡智への扉をあけることは不可能でしょう。




あなたは、まず自分にまず約束しなければなりません。

「私の叡智への、真理への渇望は本物である。真摯に追求を続け、
相応しいと私の運命を見つめる何かが判断してくれるので、
たとえ十年でも二十年でも静かに待ち続け、孤独に探求する用意がある」と。


あなたのその決意や態度が本物であるとき、
必ずやあなたは運命に導かれ、
本当に知識を与えてくれる導師やその役割を担う存在に出会うことになるのです。


そしてあなたが霊的な道に出会うために必要なのは、
魂のある基調、態度です。


それを「いか超」では、「礼賛の小道」と呼んでいます。


次回は、礼賛の小道について、触れていきましょう。


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/06/07)
    おっと、コメントに気づかず承認が遅れて失礼! お、うちの会社も本体事業はソーシャルビジネスなんで、 そういうのに興味もってくれるのもうれしいね!
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4
  • User Avatar ポチ さんより(21/06/02)
    たびたびすみません。 投資家より、事業オーナーを目指すなら、宗教・精神世界に生きる人達にピッタリなアクティビストの書籍があるので紹介させてください。 7つの習慣は個人主義ではなく人格主義なあるべき論ですが、あるべき論を超えて「事業オーナー」のソーシャルビジネスノウハウ書籍です。 素敵な書籍をご紹介頂いたので、なうな書籍をご紹介返しさせてください。 (有名な方なのでご存知かもしれませんが。。。) https://www.amazon.co.jp/dp/456984913X この会社のシステムを見れば意思が垣間見れるかもしれません。 こちらをご覧ください。 https://www.borderless-japan.com/whoweare/ 経済に友愛を、お邪魔しました。
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4
  • User Avatar ポチ さんより(21/05/27)
    「教える」は重要ですが、力はムーブメントで時代精神なので、感じる人が率先して証明するのが理想だと思います。 ファシリートは誘導の力で必要ですが、思い切りは結局は意志の力なので「覚悟を決めろ」に尽きるとやり取りで学びました。 頑張ります。
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/05/11)
    生物多様性と霊性多様性はわりと同じ意味ってことで(笑) なんてやり取りを見ていた人から 神秘学選書講座に「七つの習慣」はどうかという声が(笑) あれをファシリテートするのは難しいねぇ。
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter