“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

「いか超」2 叡智を追い求めるなら、いかなる障害も恐れないということについて

「いか超」の学習2回目です。





早速、前回の続きを考えていきましょう。





我々は、自分の中にまどろんでいる高次世界を認識する力を獲得するために、

そのための知識を学ぶに相応しい「条件」を獲得する必要がある、

と前回触れました。





「秘された叡智」を真摯に学ぶなら、真剣な態度を求められます。





もし、あなたの求めが真剣で誠実なものであるのなら、

私たちに障害はありません。





通常、私たちは教育のチャンスを制限されることがあります。

経済力や国籍など、外的な要因です。

しかし、秘教の叡智にはそのような制限はありません。





人類に普遍的に与えられているギフトであるからこそ、

そのような障害はあってはならないのです。



(※だからこそ、不当に高額なスピリチュアル・セミナーの類は、

それだけで、経済力という差別を与え、あるべきでない差別を内包しています。

もしあなたが、こうしたことを仕事として携わっているのなら、

経済力によって不当障壁を作っていないか、よく検討してください。)





しかし同時に、「秘教」といわれるように、

どれだけ求めようとも、もしあなたが条件に適わなければ、

叡智への扉をあけることは不可能でしょう。








あなたは、まず自分にまず約束しなければなりません。



「私の叡智への、真理への渇望は本物である。真摯に追求を続け、

相応しいと私の運命を見つめる何かが判断してくれるので、

たとえ十年でも二十年でも静かに待ち続け、孤独に探求する用意がある」と。





あなたのその決意や態度が本物であるとき、

必ずやあなたは運命に導かれ、

本当に知識を与えてくれる導師やその役割を担う存在に出会うことになるのです。





そしてあなたが霊的な道に出会うために必要なのは、

魂のある基調、態度です。





それを「いか超」では、「礼賛の小道」と呼んでいます。





次回は、礼賛の小道について、触れていきましょう。





関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar たかメイ さんより(19/04/15)
    「エゴイズムは自分を中心にして自分のことだけを考える」ということですが、自我とエゴイズムは違うということですが、よく違いがわからないのですが、 自分を中心にして自分のことだけを考える と、いう時期はとても必要だとわたしは思います。
    » 神秘学講座をやっているとこちらも勉強になるという件
  • User Avatar たかメイ さんより(19/04/15)
    じゃあ、エゴとは自我のことだと思っていいのですか。 だいたいが、自我自体がどういう概念なのかを人は理解していないと思いますよ。 そこが理解できてないということが、話が進まないのではないのですか。 エゴと自我はイコールだと理解しました。
    » 神秘学講座をやっているとこちらも勉強になるという件
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/04/15)
    エゴとエゴイズムを両方を似たようなものとするのはなかなかに斬新だが、それはおまえさんの事情であって。(笑) 言葉として違うものである以上、違う意味、概念を取り扱ってる。とくにこの二つはまったく別物どころか、 反対の概念だ。 白と黒という言葉が、ぜんぜん反対の色を示す言葉であるように。 それを似たようなものだ! と、言っても話は進まない。
    » 神秘学講座をやっているとこちらも勉強になるという件
  • User Avatar たかメイ さんより(19/04/15)
    エゴイズムもエゴもどちらも似たようなものだと思います。 それに、エゴイズムは思考ではないから、正しい思考もなにも感情じゃないですか。 物質的な欲望と感覚的な欲望の充足は、正しいとか間違っているということではないですよ。 感覚的な欲望は物質的なものとして反映されるとは思いますが、それがエゴイズムとは思いませんし、欲というのは必要悪ではないです。 そのような捉え方をするから、人はいろんなものを抑圧して変に病的になったりするのではないですか。 人生の生きて行くなかで、欲を自己中心的に満たすという経験は大切なことだと思います。
    » 神秘学講座をやっているとこちらも勉強になるという件

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter