“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

【神秘学講座ベーシック概論1&2の開講のお知らせ】

9月14日(土曜日)15日(日曜日)の両日に、
神秘学講座ベーシック概論を開講します。


「現代人に最適な形で、

スピリチュアルに成長し、

ヒーリングスキル、霊視能力育成など、

精神・魂・身体、

バランスよく成長するメソッドが

あります」





「スピリチュアルな面で成長したい」

「ヒーラーなどになりたい」

「霊的スキルを体得したい」



そうした気持ちを持つ人たちに贈ろう。


いろいろとキケンもあるこの道だが。


ぶっちゃけ言おう。



安全で、確実にスキルを体得しつつ、
成長していく道は確かにある。




さて。


こんな内容の質問や不安が来ていた。

「いままで色々とセミナーに参加してみたが、続けられない」

「アチューメントを受けて結局何も変わらない」

「ヒーラーになった実感がない」

「スピリチュアルに関心はある。
 でも、なんのために学ぶのか意味がよくわからない」


などなど….


なるほど。
それらは、よくわかる。


その一方で思うのは、
そのテのセミナーに参加しさえすれば、
ヒーラーとしての力も。

学ぶことの意味も、実感も。

自分が変わり、成長する喜びも。


すべてを一方的に与えてもらえると思う感覚を、
無自覚にせよ、
多くの人が持っている。


そのことを痛感する。



オレさまは、自分の講座の参加者には、
「学徒」として自ら前進する気持ちを持ってほしい。


どんなスポーツだろうが勉強だろうが、
単に教えられる受け身のヤシよりも、
自分で前進する意欲が必要だろ?


この気持ちがなければ、
絶対にダメだ。


逆に言えば、
その気持ちある限り、
絶対に前進できるのだ。


その上で言おうと思う。


「実は、

安全に、成長し続けるには、

ある秘訣がいる」




「あなたは今、どこにいますか?」


唐突だが、そう問われて答えられる人はいるだろうか。


この質問がスピリチュアルな学びの場という前提に立っていても、
漠然としていて、どう答えればいいのか。


よくわからないかもしれない。


自分はどこにいるのか。


実はこの質問はかなり重要なんだ。


これから新宿に向かうのに、
「池袋にいる人」と「横浜にいる人」では、ルートが全然違うだろ?



自分が「池袋」あるいは「横浜」にいるのか、
自分でわかっているからこそ、
ルートの違いがあるとわかるわけだ。


あとは適切な「路線図」があればいい。


つまり、講座の講師としてのオレさまは、
受講者がどこにいるのかを見極めさせる手助けをし、
同時に「路線図」を手渡すわけだ。
 

そうした見極めるための「自己質問(マインドマップ)」、
そして「路線図」。


この路線図に該当するのが、
オレさまが用意しているキリスト教神秘主義の枠内に位置している、
薔薇十字系神秘学だ。


近くは、ルドルフ・シュタイナーによって明文化された。


長い伝統と、
連綿と続く導師たちによって培われた体系がそこにある。


人間ひとり一人の力は弱く、
間違いも多い。


だからこそ、
長い時間の中で練磨されたシステムのほうがより安全であり、
人に「路線図」として手渡す価値がある。


何より、罠だらけのスピリチュアルな道において、
「安全」なのだ。



そして遠回りしているように見えて、
一番の近道。


だからこそ、 

 ●安全、確実に成長したい。
 
 ●スピリチュアルの全体像を把握したい。
 
 ●生きることの意味を理解していきたい。
 
 ●この世界の仕組みを理解したい。
 
 ●正しい意味でヒーラー等になりたい。
 



「スピリチュアル」な世界に真摯に向き合う人に対して、
学びへの意欲に応える内容にしたいと思う。





「はっきり言って、

オレさま、少し焦っています」





さて。
正直焦っている。


なぜ今、
再度開講に踏み切ったのか。


本当は、
講座再開は40歳あたりを考えていた。


実は社会情勢の激変も後押ししている。


なんか大きな話だと思うかもしれない。


今なお世の中、紛争だ戦争だ、
日本を取り巻く環境の悪化や、
国際的にも戦争がひとつおこりそうだったりしている。


今、よくお花畑系スピリチュアルな連中がいうように、
大きな霊的進化の前の前兆とか、
そんな楽観的話じゃないんだ。


むしろ、
いま霊的には世界は非常に悪化している。


第一次大戦の足音を聞き、
人々の魂を守るためにこそ霊学が必要、
とシュタイナーは立ち上がった。


全く同様に、
これからもさらに続くであろう困難な時代こそ、
誰もが自分や大切な人の魂を霊的に守らなくてはならない。


それほど、●●●●は跋扈している。
※詳細は講座で。


それほど深刻な時代に、
いま我々は片足を突っ込んでいる。


霊的叡智を魂の鎧とするために。


折れない魂を養うために。


いま神秘学を学ぶことは、
大げさでなく、「サバイバル術」を学ぶに等しい。




「あなたが講座を通して学ぶもの」



世の中には、
チャネリングだのヒーリングだのの、
スピリチュアルなセミナーはたくさんある。




もし、これを読んでいる人が
チャネリング、霊視力、ヒーリング、
そうしたスピリチュアルな何かに目覚め、
力を獲得したいと願うなら。


絶対に身に着けなくてはならないモノがある。


それが、
「魂の浄化能力」だ。


スピリチュアルな道は、
本当に罠が多い。


何かしらのスキルを体得しても、
そのこと自慢に思ったり、鼻にかけたりしていると、
すぐに堕落する。


幾人ものプロで活躍していた霊能者が、
堕ちてきたのを見てきた。



この人は大丈夫だろう、
と思っていたかなりの高位に達した人ですら堕落し、
自分を信じて学んでいた人たちを恐怖で縛り、
カルトの教祖じみた人になってしまった。


ましてや、
キチンと学んだこともないのにスピリチュアルな商売を
している者はなおさらだ。


こんなことはあってはいけない。


本当の意味で継続的に成長し、
安全に前進していく。


そんな魂の浄化能力の獲得こそ、
この道を歩むうえでの必須能力だ。


そんな必須能力を養いつつ、
講座参加者は、何を身に着けていくのか。
講座全体を通して、ざっと次のことを体得してほしいと思う。



●スピリチュアル全体像を把握する体系的神秘学


●自分の霊的ポジションの把握と、
 向かうべき方向性の獲得


●確かな前進を約束する一番のスキル


●ヒーラーに求められる心・魂・身体の浄化スキル


●すべての霊的基礎を作り上げる魂の行


●霊的成長を約束する5つのポイント


●霊的な自己防衛


●簡単に始められる多様なヒーリングスキル
 セルフヒーリングから、
 大切な人のためのヒーリングまで。


●日々のリフレッシュから集中力アップ、
 そして霊視力獲得など、
 多様な霊的スキル体得としての瞑想メソッド




ざっというと、
神秘学講座ベーシック概論とは、
上記のような内容だ。


ぜひ一人ひとり、
じっくり取り組んで身に着けてほしい。


どうだい、
やる気はあるかい?


あるなら、まずは
ベーシック1、
ベーシック2に参加するといいよ。


叩けよ、
されば開かれん。




【講座概要】

東京都中央区日本橋本町1-10-2 近甚ビル2F

日時
9月14日(土)、9月15日(日)
14:15~16:45 ※適時休憩あり

地図はコチラをクリック


≪交通≫
東京メトロ銀座線  三越前駅 徒歩3分
東京メトロ半蔵門線 三越前駅 徒歩3分
東京メトロ東西線  日本橋駅 徒歩5分
都営浅草線     日本橋駅 徒歩5分


「特典」


1.再受講生は、1回1,500円。
※申込み時に、フォームに再受講生と記入してください。

これはかつての通年コース時代に参加した人に適用。
通年コース=ベーシック講座と考えてくれればいい。


2.新規申し込み者は、二回目とあわせての申込みだと、
6,000円のところを → 5,000円だ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今回は連日ということもあり、
基本的に両日一度に受けてほしいゆえのサービスだ。
※なお、人数オーバーのときは、基本的に両日参加者が優先。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


【申込みフォーム】

申込みは、下記URLより必要事項を記入すればいい。


こちらがフォーム。




以上だ。


講座で会おうぜ。



・・・せっかく来たので押していただけると、
   とってもうれしゅうございまする。。。
   はい、ぽちっとな♪   



          人気ブログランキングへ



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter