“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

心魂を磨き、自分のチカラで美しくなるということ

 

記事の概要

どーも。なつきです。

 

今回は、「霊的進化」の具体的側面を話してみたい。

それがタイトルの、「心魂を磨き、自分のチカラで美しくなるということ」ということなんだ。

過去メルマガを編集・追記して書いた記事です。

 

魂を意志によって磨く

さて。自らの意志で心魂を磨く。これはどういうことだろう。

シュタイナーを読み込んだ方なら覚えがあるとは思うが、

こういう表現がよく出てきた記憶があるんじゃないか。

 

「アストラル体に彫塑的に働きかける」

「意志の力でアストラル体に働きかける」

 

みたいなさ。

元々さ、人間に与えられている魂(アストラル体/ノエティック体)って不定形で、元々は卵型程度のものなんだ。

ところが、自らの意志でアストラル体に働きかける訓練を経ていくと、どんどんと、アストラル体は、石膏が彫られてカタチを成していくように、美しい人型へとなっていくのな。

 

そして思い出して欲しいんだが、

アストラル体は、英語ならサイキックボディだ。

心理感情体。

つまり、「アストラル体に働きかける」ということは、「感情」を自らの力で制御する訓練を意味している。

 

これはダイレクトに、自分の意志でアストラル体を磨いていくわけ。

そして美しく形作っていく。

 

このとき、霊的身体の中の霊的器官が発達していく。

それが俗にいうチャクラの開発なんだ。

 

同様に、霊的な叡智、真理、知識を得たり、思考を制御する術を学ぶと、ノエティカル体(思考体)も彫塑的に磨かれ、形成されていく。

美しい知識の波動、芸術の波動、そうしたものも、どんどん取り込んでいく。

魂は、取り込まれる内容物の波動によっても彫塑的に形成されるのだ。

 

 

それは肉体の成長と似ている

肉体ってさ、きちんと栄養をとって、適切なトレーニングをすると、強化され、発達するだろ。

霊的身体も同様なんだよ。摂取するものや働きかけ方で変化する。

正しい霊的真理(知識)を学び、適切な瞑想などのトレーニングをする。

そうしたものが、霊的身体を発達させていく。

肉体をケアする以上の繊細さが、霊的身体にも必要だけどね。

 

逆に、だ。

暴力的で、退廃的な波動を取り込んでいた魂はどうなるだろう。

 

日頃から、粗野で退廃的で、エロなマンガ、アニメ、ゲーム、映画三昧。

そんなのばかりので育つ・・・。

 

日頃抱く思考・想念も、美しさとはほど遠い毎日。

 

いわばジャンクフードで育った人間がどうなるか。

みたいなさ。(笑)

 

シュタイナーが優れた霊的書物を読むこと、それ自体が魂を発達させるという趣旨を「いか超」でも言っていたと思うが、それはこのようなことを意味している。

 

 

魂を磨く最たる手段としての内省

そこで内省の重要さがここで際立つ。

内省を続けることで、低俗なエレメンタル(想念形態)の波動を非活性化し、正しく、美しいものへと置き換えていくことができる。

地道だけど、この積み重ねが霊的身体を正しく進化させ、そして潜在意識のジャングルのような部分を理性の光で照らし、整理し、美しい庭園へと仕上げていく。

 

このプロセスを経ていない潜在意識は、まさに欲望のジャングル。カオスだ。こんな状態のところに、「潜在意識さーん、この願いを叶えてね、よろしく♪」なんて、さらに欲望型のエレメンタル(想念)をぶっこんでどうする。(笑)

未だに多くのスピ好きが誤解しているが、潜在意識に願いをインプットすれば自動的に叶うと思っている。

 

それは間違った使い方と言わざるを得ない。昔からの読者は耳タコかもしれないが、あえて言おう。俗にマスターと呼ばれる人たちは、潜在意識がない。ほとんどないのだ。

つまり、すべて顕在意識的に把握している。

だから彼らは、次に何が起こるか、すべて意識的に把握している。自分の抱いた思考、想念の結果が、どうなるか理解している。

それが、この世界をマスターするということなのだ。

それが、本当に自分を理解しているということなのだ。

 

しかし、内省のように時間はかかるかもしれないが、確実に内面を浄化するプロセスを経て、地道に霊的身体を磨いていくと、優れた身体が長い道のりを歩き通せるように、神への帰還という長い道のりを歩いていける自分へと進化させるだろう。

 

ついでに言うと、このプロセス全てが、「浄化」というものだ。

 

果てしなく長い。

 

認定ナントカヒーラーだの、オーラなんとかだの、チャクラクリアリングだの。

 

そんな脇道は、スピリチュアルの本筋からかけ離れている。

 

「闇」が光を装い、どんなに暗い方向へといざなっても、起きているようにな。

 

ま。そんな話だ。

 

 

編集後記

なんつーか。

霊的な道はなげぇなあ、、と、ときに途方に暮れることもある。

それでもまっとうなスピリチュアルな道は、通常の日々を通した成長に比べたら、いわば「高速道路」を通るように、霊的成長を促進させる。(それだけに危険性も高いが)

それでも、遠い。

 

まぁだからこそ、スピードを出し過ぎることなく、安全運転で、飽きず、倦まず、確実に歩いていこうぜ。

 

スピードの出しすぎで事故ってからでは、遅いのだから。

 

 

 

人生を変える8本のメールレッスン

★★★★★★★★★★★★★★
伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと

落とし込みました。

1055人が読むだけで元気になり、

 
「人生を諦めない!」
 
と気力が溢れてきた8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

    • 上里 月乃
    • 2016年 12月 07日

    >>>正しい霊的真理(知識)を学び、適切な瞑想などのレーニングをする。

    レーニンぐとは、トレーニングのことですか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(18/03/06)
    認める迄が ↓ココ ー\/ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーー ーーーーーーー (魂?) なイメージかな? こんな真っ直ぐじゃないけれど。 今の実感としては、入口さえ間違っていたから明後日の方向に行ってるのさえ気付かなかったのが、(自分に至る)入口をやっと見つけた、しかもめっちゃ目の前にあった!っていう迄が長かったから、分析・解体が遅々として進まなくても、「あ、今なんか違っているかもしれない」って気がするだけで、自分にとってすごく進歩しているように思えるの。 で、一回「よっし!これだ!答え(分析結果)出た!」って思っても、 次の時に同じ答え(分析結果)がどうもしっくりこなくて、 「あれ?一回めのはなんだったん?」て戻ってみたら、更に隠れていた答えが見つかって… の繰り返しかな?と(今のところ)思っていて、 正直、自分は内省をしている感ほぼ無いし(←ここにも思い込みがありそう)、 理性ってなんなん?って思うけど(理性が分かっていないことが分かったw)、 これは続けていくしかないな(多分そうせずにおれない)という気がしている。 そんなだから、ダスカロスのチェック事項、まじ多過ぎる。 とっても手がまわんない。 ただ、それだけあるって知っておくと、 光の当てる角度が変えられるっていうのはあるのかな? 何度も云うけど、今の私の雑感だから、後々、 「うわ!全く違ったわ!」となるかもしれん。 それでも北極星が見えているだけで全然気持ち的に楽なんだな。 自分を責めるのって、 自分がすごく正しいことをしているような気がしてしまうんだよね。 それでなかなか止められないのかも。
    » エゴイズムと向き合う
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/03/06)
    責めたらあかんな。(笑) >内省って自分のエゴイズムを認めるまでがごっつ苦しくて、 >そこを突破したら内省ってこういうことか〜って分かるのかなと。 意外とそうでもない。(笑) 認めても分析がすすまないと、なんとも、、、だね。 アレやらコレやらが「エゴイズムだったな」と 気づいたら、その根っこをさらに分析していき、、、と。 理性でどんどこ解体していくんだな。 その過程でさらに分析対象が増えてリストアップされていく。(笑) 単純に「難問」の回答に四苦八苦する受験生のように、 エゴイズムを理性で解体(分析)していくプロセスがまってるぜぃ。 なかなか満足がいく答えにたどり着けないしねぇ。
    » エゴイズムと向き合う
  • User Avatar なが さんより(18/03/06)
    わはw 私、内省の仕方?手法?めちゃくちゃ間違ってたことに気付いたw 自分にダメ出しばかりし過ぎて、ちょっとMっぽくなってたw 今現在の認識だけど、 内省って自分のエゴイズムを認めるまでがごっつ苦しくて、 そこを突破したら内省ってこういうことか〜って分かるのかなと。 スピリチュアルを学んでいるという優越感もあって、 自分はちゃんとやってると思い込んでいたから、間違いに中々気付かなかったのかもな。 ちょっとスピリチュアルから離れて、 要するに外から知識を仕入れることを止めて、 そもそもの自分の感情とか考えの癖とかをどんなにグダグダで利己的であろうと、 これが自分の中にあるものだ と認めて見ぬふりとか押さえつけるのとかを止め始めたら、 今まで教わったことが分かるようになってきた気がする。 まだ、ダスカロスの内省する時の言葉の通りにはいかないけどw
    » エゴイズムと向き合う
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/01/20)
    ははは。(笑)まぁ不吉なほどの難問来たら食らっておきなよw そーなんだねー。httpsも済んでるし。理由がわかんなくてさー。Twitterに問い合わせてもレス寄越さないし。 やれやれだよ。
    » 【実録!】グラウンディング無きスピリチュアルがヤバいワケ【後編】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter