叡智と真理を探究する者のために

波動をあわせるコト

はい、どーも。オレさまです。



さてさて。古くからこのブログにきているヤシらはよく知っていると思うが、オレさま、天使のメッセだのなんだのを垂れ流すチャネラーとやらは、ほんとに好きじゃない。



脳内会話を垂れ流すのが多々いるな。



高次存在とほんとに対話しているのなら、「高み」へと目を向けさせるような崇高な波動があるのだが、どうもそういうのとであったためしがとんとない。



そもそも、ほんとに高き存在とチャネっているのか、ほんとにギモンだ。



世の中には、チャネリング講座、スクールもあるようだけども。



まぁね。オレさまのところでも、多少はやるし、最近始めたが、まず取り組むのは、「波動をあわせる」=アチューンメントというものを基礎から取り組むんだ。



その際、たとえ「ミカエルと波動をあわせろ」と言ったとしても、ミカエル存在についての理解をしてもらった上で、「自分の体内」に宿り、機能している「ミカエルと呼ばれる力」に波動をあわせるようにレッスンを進めている。



いきなり、どこか遠い霊的宇宙(?)にいるナニガシさんと合わせようとするなんて意味不明だ。何より、自分の中で働き、機能している天使的存在とアチューンメントできないのが、他の高次の霊的存在と合わせられるわけがない。



何より、もっとも身近な高い波動というものに触れ合い、理解しないのに、「ほんとに高次の霊的存在なのか」感得できるハズもないのだ。



よく言われるように、人間とは小宇宙だ。



この身体・心魂には、宇宙のすべてが宿っている。そして高き世界の眼差しそれ自体が向けられている。



自身に目を向けて、高きものへとつながれない人間に、遥かな高みへと目を向ける資格さえないのだ。



どんなことも、自分の足元からすべては始まる。



ま。そんな話だ。





                     訂正 1  




 うぉい、押さずに帰る気か、貴様。(藁↓
                        

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

カテゴリー

最近のコメント

  • 加藤 夏樹 { ビギ まぁ神智学ではないのだが・・・それはともかく、 >何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? かまわんよ。またコメントするなりメルマガに返信するなりしてくれ。 }
  • ビギ { どうにもその神智学は自分にはまだ少し早い様子、何なら手を付けないのも選択肢に含まれそうです。ですが何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? }
  • 加藤 夏樹 { ビギ おう。ご希望にそえない点もあったかと思うが、すまんね。 }
  • ビギ { 返信しないとばかり思っていました(・・;) ①の方はほっとくはそう思います。現実に向き合うと言い出しているみたいです。神=キリストなら宗教観が総崩れですね(・・;) キリストの水は検討ついてましたが、物質おばけみたいな魔女とか一緒にわかるとは思いませんでした。 ②も含めて返信ありがとうございました }

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter