スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

迷いを越えて

あー。どもスピリチュアル・エンターティナーのオレさまですが、ぽまいらはいかが人生お笑い気味に過ごしていやがりますか。



しかしなんだなー。自分がスピ界に対して批判的なだけに、やはり批判するのも難しいねぇ。否定だけするならサルでもできるな。そこにある「神秘」に対して畏敬の念を持たぬ者の言説の惨めなことよ、と思う例をランキングに参加することで知るようになっちまった。



たとえば、アチューンメントで即席ヒーラーを量産するビジネスがある。あのさまざまないかがわしいカタカナの肩書きのあるヤツな。こういうことをしているから、「スピリチュアルはニセモノばかり、まがいものしかない」とちょろっとスピをかじった程度のにもケチをつけられる。




元来、このヒーリングにおけるアチューンメントは密教では最後に師が授ける「伝法灌頂」と呼ばれる儀式として霊的伝統の世界にはすでに存在している。師が認めた者に対して行うものだが、いわゆる免許皆伝的な「意味」を与える儀式である同時に、上とのパイプを開けるものだ。



空海が恵果和尚から金剛界と胎蔵界の両系統の伝法灌頂を授けられ、帰国後、最澄らを横目に自分の密教こそ正統ですと主張できたのも、伝法灌頂を授けられたことで儀式的にも霊的にも「正統」と言える根拠があったからだ。



つまるところ、この伝法灌頂(アチューンメント)を授けられるのは、心身の修行が成った者に限られる。そうでなくては、パイプがあかない。あくまでも、師が行うのは最後のトドメ。イエスが使徒らに授けた「光」のようなものだ。



早い話、量産できるわけではない。受けるに値するヤシらばかりが受講するなんて、まずありえない。カネを払って講座に通えば誰でもヒーラーというのは、根本からして違う。違うが、この成り立ちを理解せずに「だから今のスピリチュアルはおかしいんだ」というのも、また違う。大槻教授が言うのなら、まぁ仕方がないが、スピ側に身を置いている者たちから同レベルの批判では、意味がないだろう。くだまいてるだけだ。(苦笑




「スピリチュアル」に傾倒すれば、ウカレポンチキに「スピ」にハマり、ロクに知らず批判すれば地に足ついてる思われそうなスピ的唯物論の罠にハマる。どっちにしても、どこにも辿り付けない。




人はどこから来て、どこに向かうのか。なぜ、霊的道の探求を始めたくなったのか。



raphael_atene.jpg





このラファエロの有名な絵画「アテネの学堂」、どこかで見たことあるヤシらが大半だろう。中央の左手で「上」を指し示している左側の人物がプラトン、右の「正面」をさしているのが、アリストテレスだ。




これは、プラトンの思想が、この三次元世界を超えて、霊的深遠へと向かう思想体系であることを示し、アリストテレスは物質界に捕らわれたままの思想体系であることを示すという解釈がある。本当のところは知らないが、オレさまはこの解釈に賛同する。



なぜ我々が、この物質界に生きているのか。それはこの世界を「理解」し、そして踏破して「上」へと進化する性質を持っているからに他ならない。




すべからく、宗教的、霊性思想が「この世界を超えた先を志向している」のは、それが理由だ。前に進もうとする人の意思だからだ。ゆえに古今東西いかなる学派であっても、その点だけは共通しているのだ。



この世界で地に足をつけて生きるのは、前提だ。出発点にすぎない。だが、いつまでも人は<ゆりかご>の中では生きられない。赤子はいつしか、成長する。



いつの日か、ゆりかごの外に向かう目覚めのときがくる。夢から醒めるそのときが来れば、最初はよちよち歩きであっても、転び、失敗しつつ、前に向かって歩き始める。



それが、人なのだ。そして幸いなことに、人類には数多くの先人たちの<遺産>がある。命をかけて築き、積み上げられてきた遺産だ。志あれば、必ず適したものを知ることができる。



本当は準備が整っていないのに「おもちゃ」に釣られて霊的道に踏み出すこともなく、あるいはいつまでもそこに留めようとする賢しげな教説に幻惑されることもなく。ぽまいらが、迷うこと少なく適した道に導かれるように呪っておくぜ。



薔薇の十字架の法と理念は、意志ある魂の道を照らしつづける。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/06/07)
    おっと、コメントに気づかず承認が遅れて失礼! お、うちの会社も本体事業はソーシャルビジネスなんで、 そういうのに興味もってくれるのもうれしいね!
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4
  • User Avatar ポチ さんより(21/06/02)
    たびたびすみません。 投資家より、事業オーナーを目指すなら、宗教・精神世界に生きる人達にピッタリなアクティビストの書籍があるので紹介させてください。 7つの習慣は個人主義ではなく人格主義なあるべき論ですが、あるべき論を超えて「事業オーナー」のソーシャルビジネスノウハウ書籍です。 素敵な書籍をご紹介頂いたので、なうな書籍をご紹介返しさせてください。 (有名な方なのでご存知かもしれませんが。。。) https://www.amazon.co.jp/dp/456984913X この会社のシステムを見れば意思が垣間見れるかもしれません。 こちらをご覧ください。 https://www.borderless-japan.com/whoweare/ 経済に友愛を、お邪魔しました。
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4
  • User Avatar ポチ さんより(21/05/27)
    「教える」は重要ですが、力はムーブメントで時代精神なので、感じる人が率先して証明するのが理想だと思います。 ファシリートは誘導の力で必要ですが、思い切りは結局は意志の力なので「覚悟を決めろ」に尽きるとやり取りで学びました。 頑張ります。
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/05/11)
    生物多様性と霊性多様性はわりと同じ意味ってことで(笑) なんてやり取りを見ていた人から 神秘学選書講座に「七つの習慣」はどうかという声が(笑) あれをファシリテートするのは難しいねぇ。
    » なぜ投資家よりビジネスオーナーを勧めたのか。夏樹ラジオVol.4

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter