スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

ヘラクレスの12の難行

 

本記事の概説

どーも。夏樹です。今回は神話におけるヘラクレスの難行に隠れされた、秘教的解釈と取り組みについて書いていきます。結論から言うと、我々は、英雄ヘラクレスのように、まずは「ネメアのライオン」と呼ばれる凶悪の敵を打倒さなくてはならない。そしてそのライオンとは、魂に潜む、非理性的な「怒り」のことである。

ヘラクレスの難行のギリシア神話を知らない人は、wikiさんのヘラクレスの項を参照してください。

 

 

ヘラクレスの12の難行の意味について


さて。


今回は久々(?)に、ちゃんとした神秘学派らしい内容だ。(笑)

ヘラクレスの12の難行。

 

聞いたことがある人もあるんじゃない?

元ネタのギリシア神話が好きだったり、名探偵ポワロにも同名のシリーズがあるくらいだし。

 

まぁそれでも一応、簡単に説明してみよう。

 

そもそもの神話の内容はこうだ。


端的に言うと、ヘラクレスはゼウスの子なんだが、妻のヘラをさしおいて、アルクメーネーとヤることやっちまった。ギリシア神話、こういうの多いよなーw

 

んで、挙句にうまれた子が、

 

「アルゴス(ギリシアの都市)

 の支配者になるぜ!」と宣言。

まるで誰かの「新世界の神になる」と似た香りを感じますw

 


すると愛人の子が「なにを!」と怒った正妻ヘラのたくらみにより、ヘラクレスはトチ狂い、罪を犯した。

 

正気に戻った彼は、贖罪の方法を得るべく、アポロンの神託を得た。

 


「まぁこんな試練を

 乗り越えたらええんちゃう?」

 

と。それが、

彼の苦難の道、

のちの英雄神話である

「ヘラクレスの12の難行」だ。

めっちゃダイジェストだけど。(笑)

 

怒れる獅子を倒せ!


さて。


唐突だが、神話とはメタファだ。とくに神秘学派の人間がからめば猶更だ。


ヘラクレスの12の難行は、まさに当時のギリシアの秘教の学院の手によって編まれた物語だ。

 

ヘラクレスは12の難関を乗り越えて、最後の最後に自らを焼いて死んだ。


そして神となって、ヘラに許された。


これはまさに、人の霊的成長、神化に至る全プロセスの物語なのだ。

 


そこで話をヘラクレスに戻すと、

彼の最初の試練は、


「ネメアーの獅子」との対決だ。


いかなる刃物を通さない、傷ひとつつかない。


しかし、最後には絞殺した。


では、この獅子とは何か。


それは、

人間の持つ「怒り」なのだ。怒りこそ、我々誰もが心の中に宿す、恐ろしいバケモノ、ネメアの獅子のことなのだ。

 

 

獅子との対決から、霊的成長が始まる

 

人間がスピリチュアルな道を歩み始めるとき、最初に対決していかなくてはならないのが、内面世界に荒れ狂う「怒り」である。

 


この怒りを追い込み、追い込み、みつめ、「抱きしめ」、殺す。(無力化)

 

人は誰しも、己のうちに荒れ狂う「獅子」がいるのだ。


まず我々は、この獅子と対決し、逃げずに真正面から向き合い、乗り越える必要がある。絞殺すなんて、真っ向勝負ですわw プロレスかってのw  空中殺法なんてダメ。接近戦。そけも超接近戦だ。全力のハグである。

 

敵はあらゆる刃物や飛び道具を跳ね返す皮をかぶっているのだから、もう近づいて絞めるしかない。近づくためには、頭を使う。理性が必要だ。


神話に隠された秘教の道は、そう教えているのだ。


実際、本当に霊的に成長した人は、基本的に温厚だろ。シュタイナーも、温厚であることの大切さは語っていた通りだ。

 


一方で、人としての尊厳を守るために怒るときだって尊厳をもって冷静に怒る。


だから仮に怒っても、理性によってコントロールされているからこそ、正しい意味で獅子のようで威厳がある。それはヘラクレスが獅子を倒し、そのあらゆる攻撃を跳ね返す皮をはぎとり、自分でかぶって防具としたと話は続くが、そのような意味がある。

 


己のうちの獅子を制御したとき、人はそう成っていくのだ。

そんな具合に、我々は12の難行を経ていく必要がある。

 

本物の古代の神秘学派は、そのように叡智を遺してきたのさ。


ヘラクレスの12の難行。

 

この解説シリーズ、需要があれば、またやろうと思う。

 


ま。そんな話さ。

 

 

 

人生を変える8本のメールレッスン

★★★★★★★★★★★★★★
伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと

落とし込みました。

1055人が読むだけで元気になり、

 
「人生を諦めない!」
 
と気力が溢れてきた8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(21/02/21)
    中☆高☆年!! 大変興味深い記事でありんした。 ふと、友人が昔、霊障に悩まされて永代寺さんに駆け込んで助けてもらった話を聞いたことが思い出されました。 あそこは高野山の関係だそうで。興味本位で、一度お寺の話を聞いてみたいなと思ったんですが、結局その機会はありませんでした。(ひやかしはブロックアウトなのかしら(笑)「不安を払拭」「脱洗脳」も受けてみてぇ) 話は変わるけど、最近見た話で、ある日本の宗教学者さんが言うには アメリカでもスピリチュアルはエセスピの意味合いが強くなり、スピリチュアルという言葉を敬遠するようになってきたのではないかと。 個人的には、そのうちまた新しい言葉が生まれるんじゃないかと当て込んで?います(賭けてない)。
    » なぜ詐欺的なスピリチュアルを信じ、ハマる人は多いのか。
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/02/16)
    随分古い記事にコメントありがとうよ。(笑) 下手に内省や精神的治療をやるよりも、 エネルギーワーク(エーテル系ワーク)で心の浄化が進んだり、 癒えたりする方法もあるってこったな。 これも一つの方法さー。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar Mayuko さんより(21/02/16)
    夏樹さん 次回の神秘学講座を目前に、多くの中からこのブログにあたりました。記憶の傷を癒す、原因を赦すという箇所を読んだ時、「ええ、マジで?!」と叫んでしまいました。 内省は自己否定付きという誤ったやり方でしたが経験もあります。(辛い) でも、エーテル体へのアプローチなんて全く知りませんでした。というか、エーテル?何?というレベルでした。これからの講座、俄然やる気がでてきました。ブログ、有難うございます。
    » エーテル体とアストラル体に働きかけるということ その2
  • User Avatar 藤千晶 さんより(20/12/02)
    はじめまして、藤千晶と申します。 いつもメルマガ拝見させて頂いています。 住まいは奈良県になり、神秘学講座を学びたいと思いながらも遠方なこともありなかなか行動出来ずにおりました。コロナによりZOOM講座も取り入れていただき、この度受講させていただきたいとメールさせていただきました。 受講希望はどちらから申込みさせていただけばよろしいでしょうか? どこかに記載くださっているはずですが、うまく申込み先を見つけられず、申し訳ありませんがご教示いただきたく思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 ふじちあき
    » メールマガジン発行者・ブログ情報

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter