“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

なぜスピリチュアルを学ぶ者は、自己浄化(クリアリング)に務めねばならないのか。 ~自分のための努力から、世界のための務めへ~

はい、どーも。

夏樹です。


今回は、よくスピリチュアル系の人々が言う「自己浄化」「クリアリング」とかについて。

 

これらは、特にヒーラーが必要と言っていることが多い。

しかしながら、その多くは、主にエネルギーワークとしての浄化のように思う。


だが、オレはそもそもとして、


■スピリチュアルな道を歩む者は、
 自己想念の浄化が必要である

■そしてそれは一人ひとりの務めである


と言いたい。

 

 

 

1.すべての霊性の道は、自己浄化から

滝と浄化

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神秘学徒は─いや、他のほとんどの宗教的な修行者は、自己の浄化に務める。


スーフィ(イスラム神秘主義)だろうが、仏教(密教)だろうが、キリスト教だろうが、自己の内面を見つめ、けがれた欲望や想念を浄化していく修行は、基本にしてもっとも深奥な行法だ。

 

何故深いかと言えば、それは、このプロセスこそが、人を霊的に進化させるからだ、といっても過言ではない。

 

たとえば薔薇十字系の修行においても、もっとも安全にチャクラを発達させる行法すらも、仏教でいう八正道のように、内面・人格の向上に努めるようなものだ。顕教・秘教を問わずして、霊性の道は、必ずこうした自己浄化の道からまず入る。

 

 

2.なぜ自己浄化は、霊的に進化するのか。

海上のこもれ日_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも論だが、なぜ自己浄化は、霊性の進化につながるのだろう。

人は、まず今この人格としての「魂」がある。そしてその先に「永遠の人格」としての「私」がいる。

簡単にいえば、ハイアーセルフというもんだな。

(ホントは違うかもしれないけど、まぁ多分近いと思うので)

 


そしてこの「今の私」(現在の人格)「永遠の私」(高次の私)との差が、「潜在意識」としてジャングルのように生い茂っているブラックボックスだ。


ここをきれいにして、今の人格=ハイアーセルフにしてしまうことが霊的進化のとりあえずの目標だ。


つまり、潜在意識の消滅。意識のすべてを顕在意識にしてしまう。(意識のすべてを理性的コントロール下に置くこと。)このプロセスこそ、内省(自己分析)によって「理性の光」を当てることなんだ。光を当てることで、潜在意識という闇を駆逐する。潜在意識に理性という意識が当たればあたるほど、人は無意識的に、衝動的に生きることがなくなっていくのだ。

 

自分の思考・言動をすべて自分で把握し、自分を本当にコントロールできるようになる。

 

ほとんどの人間は、寝ながら反射で生きているようなものだ。

極めて「動物的な」状態だ。

もし顕在意識と潜在意識の量的差が、3:7くらいだと言うならば、人は3割しか自分の意志で生きていない、ということに等しい。

さらによく誤解されるが、潜在意識は、別に神的意識と直結しているわけではない。

 

潜在意識にインプットすれば願いが叶う、というのが誤解のもとだ。

 

潜在意識とは、単に「理性が当たっておらず、理性でコントロールできない意識領域」なのだ。

 

逆に言えば、この潜在意識も「意識」の範疇なので、文字通り「理性的」に意識されるべき領域だ。

だからマスターと呼ばれる存在は潜在意識がない。

自分の行動のすべてを把握している。

行為の結果もわかる。求める現象を生じさせるのに必要な行為のすべて、因果関係が見えているのだ。潜在意識に放り込んでしまえば、それが実現(現実化)するのは、いわばランダムだ。

しかし、完全に理性的意識になってしまえば、ことの始まりから終わりまで、自分の意のままとなる。

 

つまるところ、霊的進化とは、潜在意識の領域に理性の光を当てて、潜在意識を減らすことにあるのである。このプロセスを「浄化」と言っているのだ。

 

潜在意識には、これまで自分が抱いてきたネガティブな想いも欲望も、たっぷり詰まっている。それらを照らし、掃除することだからな。

まさに「想念の浄化」なのだ。

それを我々は、「内省」と呼ぶ。

 

 

 

 

3.スピリチュアルな道を歩む者は、自分の想念に責任を持ち、想念の浄化を行う海中と光

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、内省をして自己を浄化し続けないと、我々は意識的、無意識的に数々の欲望的なエレメンタル(想念形態)を生じさせる。

産みだされたエレメンタルは、それ自体が知性をもつた生命体として活動する。

イメージとしては、生霊に近い。

人は日々、欲望的な生霊を産み出し、自己に溜め込んだり、外に飛ばしている。

とくに夜寝ているときに無意識的に生じさせる。

そしてエレメンタルは、一度生まれると、その欲望を達成するために行動する。

輪廻してもついてくる。

輪廻する魂の「潜在意識」に貯蔵されているのだ。

 

しかも、一度生まれると、自分の外に出ていっても、産みだした本人にエーテル・エネルギーを吸収しに戻ってくる。


さらにこのとき、同種のエレメンタルと合体して、七倍にもなって戻ってくる。

その繰り返しが中毒性の欲望だ。

 

そして自分の生み出した欲望のエレメンタルが、上記のように誰かのエレメンタルと合体して、自分ではない誰かに戻ることもある。その結果、自分の抱いていた悪い欲望が、誰かを汚し、その欲望にまい進させることにもなるのだ。

 

だから、

神秘学徒は気づかねばならない。

自分の想念は、

決して「自分の内面だから誰にも迷惑かけないというものではない」と。

 

想像してみなよ。


おまえさんの抱いた犯罪的で動物的な欲望、それも日々抱いて悶々としていた欲望があったとする。

幸い、おまえさん自身はどんなに悶々としても、踏みとどまる理性があった。

だが、おまえから生み出されたエレメンタルは彷徨い、

合体し、さらに強くなって別の誰かに憑依して、その欲望を実現してしまった。

実現してしまった人にとっては、まさに「魔がさした」瞬間だ。

 

元々、そのエレメンタルを産みだすような、似たような傾向があったから波動が一致して憑依されたのだが、それでも最後の一線を超えさせたのは、「おまえの想念だ」といえる。

 

別の誰かをひどく傷つけることが前提して叶う欲望だったならば、その人を傷つけてしまったのは、おまえ自身ともいえるのだ。だから、日々抱く欲望すらも、決して自分だけの想いだからと思ってはならない。

 

この世界に住まう一員として、浄化に務める。

その義務があると本当に自覚する。

このとき、自己浄化の個人的努力が、この世界という庭園全体を美しくする結果へと繋がるのだ。

 

そのとき、これまではただ自分の成長のためのだった行為が、世界への貢献そのものとなるのである。


余談だが、上記のプロセスを応用するのが、「引き寄せの法則」で働く力学だ。

だから引き寄せの法則を使って願望実現に精を出すのも結構だ。

しかし、神秘学徒たるものは、まず前提として、「その願望は自分が持つに値するのか」「持ってもいいのか」といった点で徹底的に分析すべきなのだ。

 

その上で、カルマが許すならば、その願いは正しく叶う可能性が生まれるだろう。

 

そして「正しく叶えた願い」でない限り、必ず手痛いしっぺ返しを喰らうだろう。


ま。そんな話だ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
そんなわけで自分のための内省、世界のための内省、

そのプロセスから簡単に引き寄せの法則までも触れてみた。

エイブラハム?とやらが広めている引き寄せの法則。

 


上記の視点がないままに、願望実現メソッドとしての「スキル」だけを流布している点が昔からひっかかってねぇ。

人は喜びを求める性質だし、それは自然なことだ。

ただ、たとえば「喜び」だからって、人に迷惑かけたり、麻薬とか破滅的なものはどう考えても、「ダメ。絶対」だろ?

 

まぁそれは極端な例だけど、つまるところ、願望を抱くにしても、きちんと取捨選択、自己分析が必要ということ。

ぽまいらも、忘れんなよ。

 

というコトで、スピリチュアル的に正しく願いをかなえたい方は、下記のメール講座をどうぞ。

 

 

人生を変える8本のメールレッスン

 

★★★★★★★★★★★★★★
伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと

落とし込みました。

1055人が読むだけで元気になり、

 
「人生を諦めない!」
 
と気力が溢れてきた8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで読者の魂の力を賦活する
8本のメールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。

それが、キモだぜ!
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

 

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter