叡智と真理を探究する者のために

引き寄せの法則雑感

最近、引き寄せの法則についての考察をぽつぽつとしているが、基本的にオレさまとしては、このあたりのものはジェームズ・アレンを中心とした、人格主義と呼ばれている古典派を推奨している。



昨今世に出回っている引き寄せ系は、引き寄せスキルの使い方ばかりに注視して書かれていること、欲するものは「なんであれ」叶うし、叶えていいんだ、としている思想にひっかかるからだ。



実践的スキルとしていいかもしれないが、それはそれで、欲望の肥大化を招くなど、「スピリチュアリティ」の視点からみると、いかがなものなのか、と言いたくなることが多い。



とはいえ、ここで一つ思うのは、「欲するものはなんでも叶う」というは一種の方便、あるいは原理原則をそのままズバっと言っているのかな、と思わないでもない。



霊的法則―カルマの法則、原因と結果の法則―の視点やこの世界はすべて「意識」から生まれているという神秘学的視点からすると、確かに「想像できることはすべて創造できる。あとはどこまで自分に可能だと信じ、継続し、精神的エネルギーを注げるか」という点が問題になる。



そしてもう一つが、「カルマによって為しえないこともある」という点について触れていなのもひっかかる。たとえば、過去に行ったある行為の清算として、今世においては「貧乏に過ごす」という設定があるとする。



こうしたときは、たとえ一時的に富を築いたとしても、「幸いにして」また貧しくなるだろう。つまり人生の大目的に反したことは、一時的に為しえたとしても、軌道修正はちゃんと為される。



「引き寄せの法則に取り組んだけど、ちっとも機能しない」と嘆く人々は、そうした「自分には許されない望み」を抱いている可能性だってある。



だが、「引き寄せを機能させる能力」それ自体を養っていないという点がもっとも多いように思う。




昨今の本は、確かに引き寄せを機能させるためのハウトゥ本が多い。しかし、それ以前の精神的な「基礎体力」がなくては、話にならない。



この「基礎体力」についてあわせて言及し、トレーニングするという発想で書かれている本となると、ほとんどないのが実情だと思うのだが。



まぁ何はともあれ。


とりあえずは、カルマの法則の実生活面などから入るのもいいか、ということで、「引き寄せ」に対する嫌悪感が減少しつつもある。



以前は、昨今の引き寄せ系を「叡智の悪用に近ぇよ!」とロコツに嫌ってもいたが、肯定的評価も辞さなくなったところをみると、オレさまも丸くなったなー。



ま。そんな話だ。



                     訂正 1  



せっかく来んだから、押しておけって、コレ。(藁↓
                        

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

カテゴリー

最近のコメント

  • 加藤 { こちらこそ目を通していただき、感謝です。 }
  • 市川康明 { 何時も有益なお話を有難うございます. }
  • 加藤 { お、そうかい。数少ないガチ勢か。 検索してみたよ。大阪か・・・。 旅行いったときにでも試してみたいものだな。 覚えておくぜ。 }
  • { 記事読ませていただきました。レイキで病気を治せる人はほぼいないとのことでしたが、私の知り合いに治せる人いますよ。本物のスピリチュアルヒーラー 霊能者!その方はヒーリング整体院で人助けをしています。もし興味があるなら 【 エキテン 高石 ヒーリング整体 】で検索してみてください!!また記事を楽しみにしています。 }

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter