スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

引き寄せの法則雑感

最近、引き寄せの法則についての考察をぽつぽつとしているが、基本的にオレさまとしては、このあたりのものはジェームズ・アレンを中心とした、人格主義と呼ばれている古典派を推奨している。



昨今世に出回っている引き寄せ系は、引き寄せスキルの使い方ばかりに注視して書かれていること、欲するものは「なんであれ」叶うし、叶えていいんだ、としている思想にひっかかるからだ。



実践的スキルとしていいかもしれないが、それはそれで、欲望の肥大化を招くなど、「スピリチュアリティ」の視点からみると、いかがなものなのか、と言いたくなることが多い。



とはいえ、ここで一つ思うのは、「欲するものはなんでも叶う」というは一種の方便、あるいは原理原則をそのままズバっと言っているのかな、と思わないでもない。



霊的法則―カルマの法則、原因と結果の法則―の視点やこの世界はすべて「意識」から生まれているという神秘学的視点からすると、確かに「想像できることはすべて創造できる。あとはどこまで自分に可能だと信じ、継続し、精神的エネルギーを注げるか」という点が問題になる。



そしてもう一つが、「カルマによって為しえないこともある」という点について触れていなのもひっかかる。たとえば、過去に行ったある行為の清算として、今世においては「貧乏に過ごす」という設定があるとする。



こうしたときは、たとえ一時的に富を築いたとしても、「幸いにして」また貧しくなるだろう。つまり人生の大目的に反したことは、一時的に為しえたとしても、軌道修正はちゃんと為される。



「引き寄せの法則に取り組んだけど、ちっとも機能しない」と嘆く人々は、そうした「自分には許されない望み」を抱いている可能性だってある。



だが、「引き寄せを機能させる能力」それ自体を養っていないという点がもっとも多いように思う。




昨今の本は、確かに引き寄せを機能させるためのハウトゥ本が多い。しかし、それ以前の精神的な「基礎体力」がなくては、話にならない。



この「基礎体力」についてあわせて言及し、トレーニングするという発想で書かれている本となると、ほとんどないのが実情だと思うのだが。



まぁ何はともあれ。


とりあえずは、カルマの法則の実生活面などから入るのもいいか、ということで、「引き寄せ」に対する嫌悪感が減少しつつもある。



以前は、昨今の引き寄せ系を「叡智の悪用に近ぇよ!」とロコツに嫌ってもいたが、肯定的評価も辞さなくなったところをみると、オレさまも丸くなったなー。



ま。そんな話だ。



                     訂正 1  



せっかく来んだから、押しておけって、コレ。(藁↓
                        

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter