“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

あなたが得られるのは、たった“1つの力”です

はい、

どーも夏樹です。

講座のコトで質問が来たので

お答えします。


―――――――――
「色々と教えてくれる

みたいだけど、

特徴がよく分からない。

受講者はどうなれるの?」
―――――――――

なるほど。

そう感じられるのも、

よく分かりますな。


確かに、

オレの説明もよくないかもしれない。


○○ヒーリング学習セミナー


とか言うほうが、

何をするのかよく分かるし。


でも、あえて言いませんし、
しねぇよ。


だから、

はっきり明言しようか。


この講座を通して、


「あなたが得られるのは、

“たった1つの力”です」


と。

 

実は、

「ヒーラー」を育成する講座。


それが神秘学講座なんだ。


そう思ってくれるのが、

一番誤解がない。


今、スピリチュアルな業界って、

ほんとに色々サービスが

あるじゃん。


○○ヒーリング講座、

○○セラピスト養成講座、

○○チャネリング、

霊能開発、

スピリチュアル・カウンセリング、

チャクラ開発で開運etc…

 

でもな、スピリチュアルって、


究極的には、

ホントの意味で悟って、

この世界を超えていく道を歩くことなんだ。

 

スピリチュアルな道は歩むって、

そういうことです。


そしてそれは、

自分や、

自分の隣、

そして少し後ろを歩く同胞・・・


そんな誰かを癒す人になる

ということと同じなんだ。


役に立たない慰めをするより、

実際に癒せる医師になれ。


そう喩える導師もいた。


体を癒すのか、

心を癒すのか。

魂を癒すのか。

叡智への渇きを癒すのか。

そして人生を癒すのか。


それはときに、

ヒーリングのスキル

が必要だったり。


ときに、

魂を解放する瞑想だったり。

 

経済的な困難だったり、

社会的不遇だったり、

そんな境遇からは、

原因と結果の法則、

極性の法則など、

多様な霊的法則への理解が、

癒すことがあるだろう。

 

だから、

全方向の学びが必要なんだ。


おれはそう習い、

学んだ。

もちろん、自分の人生での反映でも未熟なこともある。

だからその意味で、おれもひとりの学徒だ。

 

いっしょに学んでいくという関係性で、

この講座は運営される。

 

 

そんなこの講座で養われるのは、

たった一つの力と言おう。


それが、

“癒しの力”

だということ。

スピリチュアルな学びを通して、

自分や他者を癒していける。

自分や他者の心を、魂を、そして人生を。

そんな知識を学び、力を育んでいこう。


そんな風にお互い歩んでいけたら

いいと思う。

 

ま。そんな話さ。

 

 

 

登録特典つきメールマガジンのお知らせ

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を待ってます。
内容にもどんどん質問してくださいね。


☑本物のスピリチュアルな成長に関心がある。
☑基礎的なスピリチュアルな体系を知りたい。
☑「最高のヒーリング」とは何か知りたい。
☑もう小手先のスピリチュアルは要らない。


そんな方に最適な「神秘学ベーシックテキスト」
もプレゼントします。

登録はコチラから☆

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

    • なが
    • 2015年 10月 04日

    …そうだったのか…∑(゚ω゚ノ)ノ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/29)
    >天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? 微妙。シャマエルは確かにルシファのエレメンタルとして活動するね。その作用は「機能的」なのであまり悪魔として認識されないように思う。 いわゆる「悪魔」とは別と考えた方がいい。 シュタイナーの文脈でいえば「アーリマン」に属する人(笑)たちが悪魔だねー。 悪魔は人間の感情をトレースできるので「善でも悪」でも柔軟にw行動できちゃうけど、ルシファーとかは根本は大天使なので「悪と呼ばれる行為(作用)しか」(ルシにとっての善)できないわけです。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar ひろ子 さんより(19/07/29)
    昨日教えてもらったことを復習しにやってきました☆ 天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? とするならば、私たちの肉体を司る存在の中に悪魔がいる!? 気になります。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/13)
    となるとアレね。やはり王道はシュタイナーやダスカロス本の紹介でいいんでないかねー。 まぁ『信者』になってるとなかなか難しいものはあるけどな。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar なが さんより(19/07/13)
    だよねえ。周りの人曰く“ピュアな人”らしいんだけど、神秘家をピュアって形容しないしねえ。 多分ピュアでいい人なんだと思う。そのスピな人。カルマの負債を増やす前に誰か教えてあげてって祈るわ。 結局私にできるのは、信者(どストレート過ぎて使いたく無かったけど)達に、 こういうブログがあるよって教えることか、 ダスカロスかシュタイナーの本の紹介するくらい。 自分が認識甘いのに人のこととやかく言えないよなあ、と思うこともある。 モヤモヤの半分は私の過去を見ているみたいだから関わりたくない、なんだけどもね(笑)
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter