“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

ルドルフ・シュタイナーが重視した魂の6つの行について その3【意志の行】 

どうも。夏樹です。
昔からスピリチュアル、ヒーリング業界で本音言い過ぎて嫌われてます。

はい。


世に【スピリチュアル・カウンセラー養成講座】とか、

【スピリチュアル・ヒーラー養成講座】とか。


東京や横浜には腐るほどあるが、

たかだか数日のレッスンで、

一体な~にが身に付くのかね。


このテのスピリチュアルな学びは訓練の成果だけでも

数年間、学び自体は一生ものだっつーの。


ちなみに今書いてる魂の6つの行も、

基本は1つ1か月。

6か月でワンタームだ。


そんなワケで、

ホントに地道なスピリチュアルな学びとは何ぞや。

という視点でとり取り上げている、

「魂の6つの行」。


現代的で安全なスピリチュアルな道は、

理性的でなくてはな。


で、まず最初に行うのが、

魂の基本機能である「思考・意志・感情」について

のレッスン。


今回は、「意志の行」についてだ。


前回までの下記記事2つが未読な方は、

まずはそちらから。


ルドルフ・シュタイナーが重視した魂の6つの行について


ルドルフ・シュタイナーが重視した魂の6つの行について その2【思考の行】

 


1.弱い自分にサヨナラ!

やる気

 


意志とは何か。

そんな高尚な認知論的な哲学はここでん一旦おいておくよ。


それよりも、

「オレって意志が弱くて・・・」

とか、

「決めたことをなかなか守れないんだよね・・・

 意志が弱いのかな」

という程度の言葉の意味の理解でいい。

まずはね。


そしてそんな「意志の弱い自分とサヨナラできる」

と思うだけでも、

結構やる気が起きないか?


意志が強くなるだけでも、

人生はずいぶんと変わると思うよ。

社会人になったらなおさらさ!


・英語の勉強をやり直したい。

・今日は営業訪問○件は行く!

・お酒やタバコ、今度こそやめる!

とか。


人によって設定したい目標は様々だろうけど、

何事も達成できるか。

否か。


問題は、

すべて意志にすべてがかかっていると言っても過言じゃねぇよな。

じゃ、さっそく、

意志の具体的訓練について記そう。

 

 

2.意志は、【注意点】の設定で機能しだす。

注意
やり方は単純だ。

1日の中で、特定の時間をまず決めるんだ。


たとえば毎日会社にいくヤシなら、

お昼休みに入る12時ジャストということにしよう。


そしてこの時間がきたら―ピッタリ、

正確にな―、特定の所作をしよう。それはなんでもいい。

軽く伸びをするなど、

社内でやっても不思議ではない所作にすればいい。

軽い咳払いだってかまわない。

主婦で家庭にいるならお茶を煎れるとか。


所作自体に意味はないんだ。

「毎日決まった時間を意識すること」が目的だ。

これ、すっげー単純だろ?


ところがだ。試しに、数日間やってみるといい。


いとも簡単に、12時ジャストを見過ごすから。

一日24時間のうち、わずか1分のチャンス。

これを逃さずに意識する。

5分前まで覚えていても、

ちょっとパソコンに向かってメール書いていたら

「あ、12時5分! しまった!」

なんてほんとによくある。

しまいには、「これ、1ヶ月完璧にやるなんて不可能だ!

達成率50%だって難しい!」と思うこと請け合いだ。

簡単なクセに、それほど困難だ。

 

3.成功か失敗は問題じゃない。

悩む男女
だが、一番のコアは、成功不成功ではなく、

「とにかく1ヶ月間やり通す」という意志力、

ここを養うことにある。


それこそが肝要なので、失敗したからと、

あきらめる必要はねぇ。


そしてもう一つ。

ある一点(1つの時間)への意識を注意すること。

この注意点への意識の集中、

それ自体が、「意志」の呼ばれる精神的な力を流すことなんだ。

それを繰り返すことで、

この意志というエネルギーが流れるホースを太くしていく

わけ。

まして現代人は、

多分、想像以上に、「考えて」生きていないよ。

毎日をルーチンに、

仕事でさえも、決まりきったルールからできるだけ

逸脱すらことなく、生きている。


だから実は慣れてしまうと、

都会人の方が、四季の変化を五感で実感しやすい

田舎暮らしよりも、

「刺激が少ない」といえる。

正確には周囲の変化への認識だな。

文字通り注意が向かない。

注意を向ける、

働かせるだけのエネルギー(意志)が足りない。

枯渇さえしているんだ。

 

4.魂はいくらでも、不死鳥の如く甦る!

フェニックス
だからといって、

魂が枯れたままでいいのかい?

それじゃ、おまえは人生で一体何を為すというんだ。

五感の欲望の奴隷となって、

「あれしたい」「これしたい」という、

単なる肉体的欲求を自分の意志と勘違いして、

欲望の奴隷となって生きるのかい?

そうじゃないはずだ。

もっと偉大な目的を抱いて生きていける。


そしてどんな物事にせよ、

やり通すには「意志の力」が必要だ。


魂の6つの行でやしなう「思考・意志・感情)」は、

どんな生活を送っていても、

人として普遍的に役に立つ力だ。


養っておいて損はねぇよ。

ま。そんな話だ。

 

人生を変える8本のメールレッスン

★★★★★★★★★★★★★★
伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと

落とし込みました。

1055人が読むだけで元気になり、

 
「人生を諦めない!」
 
と気力が溢れてきた8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter