“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

ルドルフ・シュタイナーが重視した魂の6つの行について その2【思考の行】

どーも。
夏樹です。

世の中、
スピリチュアル・カウンセラーとか、
スピリチュアル・ヒーリングとか、
いろいろありますが。

そんなことよりも、
重視すべき「スピリチュアル」のベースということで、
まずはルドルフ・シュタイナーの「魂の6つの行」こそ、
オススメしたい基礎訓練の一つだぜ。

前回の記事を読んでない方は、
まずはこちらから。
ドルフ・シュタイナーが重視した魂の6つの行について 

 

 

集中

 

 

一つ目の行―まずは「思考」から

この訓練は、
やり方は至って単純。

題材はなんでもいい。

とにかく、シンプルなものを選ぼう。

たとえば、えんぴつ。

題材を選んだら、
1日5分でいいから、徹底的に集中して、
「論理的に、えんぴつについて考える」んだ。

論理的正しさも重要だが、
もっと重要なことがひとつある。

この5分間はえんぴつのこと以外は、
わずかでも思い浮かべてはならない。

この思考の集中性というものが非常に重要だ。

徹底して、えんぴつに集中する。

余計なことが浮かんだら、
すぐに排除にして題材に集中しなおす。

コツは、題材に対し、
「なぜ鉛筆は生まれたのだ?」

といった具合に問いを立てること。

この「なぜ」に冷静に自問自答していけば、
単に知ってることの羅列にならず、
論理的に思考を進めやすい。

あと、自分がよく知ってる題材があると
やりやすい。

知らないものだと、
すぐに詰まってしまうので。

題材のシンプルさや複雑性は、
別にこの行には関係ねぇから。

 

論理的であること、
そして集中し続けるすること。


この訓練で大切なのは、
もちろん思考を論理的に使うこともそうなんだけど、
同じように大切なのが、
“1つのことに思考を集中させる”こと。

人間、どんなに集中して考えているようでも、
頭の片隅で別件がチラチラしていたりする。

まるで鬼火のようにチラチラと思考は分散している。


そんなすべてを意識的に排除しなくてはならない。

思考の力を一点に集中し続けるということは、
とてもタフな作業だ。

毎日できるエクササイズの一つとして、
やってみてくれ。

シンプルだけど、
難しいことがわかる。

1つのものを1ヶ月通してもいいし、
週替りや日替わりでもそれは構わない。

意外と難しいから。
そして1か月やり通すと、
自分の集中力の向上も感じるだろう。

また、わりと知られていないが、
まともなスピリチュアルな道は、
理性、つまりは思考力を中心に歩いていく、
安全性の高い道だ。

昨今の「スピリチュアル」は、
そんなごくごく基本的なことさえ置き忘れて流布しているように思う。

 

ま。そんな話だ。

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(18/03/06)
    認める迄が ↓ココ ー\/ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーー ーーーーーーー (魂?) なイメージかな? こんな真っ直ぐじゃないけれど。 今の実感としては、入口さえ間違っていたから明後日の方向に行ってるのさえ気付かなかったのが、(自分に至る)入口をやっと見つけた、しかもめっちゃ目の前にあった!っていう迄が長かったから、分析・解体が遅々として進まなくても、「あ、今なんか違っているかもしれない」って気がするだけで、自分にとってすごく進歩しているように思えるの。 で、一回「よっし!これだ!答え(分析結果)出た!」って思っても、 次の時に同じ答え(分析結果)がどうもしっくりこなくて、 「あれ?一回めのはなんだったん?」て戻ってみたら、更に隠れていた答えが見つかって… の繰り返しかな?と(今のところ)思っていて、 正直、自分は内省をしている感ほぼ無いし(←ここにも思い込みがありそう)、 理性ってなんなん?って思うけど(理性が分かっていないことが分かったw)、 これは続けていくしかないな(多分そうせずにおれない)という気がしている。 そんなだから、ダスカロスのチェック事項、まじ多過ぎる。 とっても手がまわんない。 ただ、それだけあるって知っておくと、 光の当てる角度が変えられるっていうのはあるのかな? 何度も云うけど、今の私の雑感だから、後々、 「うわ!全く違ったわ!」となるかもしれん。 それでも北極星が見えているだけで全然気持ち的に楽なんだな。 自分を責めるのって、 自分がすごく正しいことをしているような気がしてしまうんだよね。 それでなかなか止められないのかも。
    » エゴイズムと向き合う
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/03/06)
    責めたらあかんな。(笑) >内省って自分のエゴイズムを認めるまでがごっつ苦しくて、 >そこを突破したら内省ってこういうことか〜って分かるのかなと。 意外とそうでもない。(笑) 認めても分析がすすまないと、なんとも、、、だね。 アレやらコレやらが「エゴイズムだったな」と 気づいたら、その根っこをさらに分析していき、、、と。 理性でどんどこ解体していくんだな。 その過程でさらに分析対象が増えてリストアップされていく。(笑) 単純に「難問」の回答に四苦八苦する受験生のように、 エゴイズムを理性で解体(分析)していくプロセスがまってるぜぃ。 なかなか満足がいく答えにたどり着けないしねぇ。
    » エゴイズムと向き合う
  • User Avatar なが さんより(18/03/06)
    わはw 私、内省の仕方?手法?めちゃくちゃ間違ってたことに気付いたw 自分にダメ出しばかりし過ぎて、ちょっとMっぽくなってたw 今現在の認識だけど、 内省って自分のエゴイズムを認めるまでがごっつ苦しくて、 そこを突破したら内省ってこういうことか〜って分かるのかなと。 スピリチュアルを学んでいるという優越感もあって、 自分はちゃんとやってると思い込んでいたから、間違いに中々気付かなかったのかもな。 ちょっとスピリチュアルから離れて、 要するに外から知識を仕入れることを止めて、 そもそもの自分の感情とか考えの癖とかをどんなにグダグダで利己的であろうと、 これが自分の中にあるものだ と認めて見ぬふりとか押さえつけるのとかを止め始めたら、 今まで教わったことが分かるようになってきた気がする。 まだ、ダスカロスの内省する時の言葉の通りにはいかないけどw
    » エゴイズムと向き合う
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/01/20)
    ははは。(笑)まぁ不吉なほどの難問来たら食らっておきなよw そーなんだねー。httpsも済んでるし。理由がわかんなくてさー。Twitterに問い合わせてもレス寄越さないし。 やれやれだよ。
    » 【実録!】グラウンディング無きスピリチュアルがヤバいワケ【後編】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter