スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

ルドルフ・シュタイナーが重視した魂の6つの行について その2【思考の行】

どーも。
夏樹です。


世の中、
スピリチュアル・カウンセラーとか、
スピリチュアル・ヒーリングとか、
いろいろありますが。


そんなことよりも、
重視すべき「スピリチュアル」のベースということで、
まずはルドルフ・シュタイナーの「魂の6つの行」こそ、
オススメしたい基礎訓練の一つだぜ。

前回の記事を読んでない方は、
まずはこちらから。
ドルフ・シュタイナーが重視した魂の6つの行について 

 

 

集中

 

 


一つ目の行―まずは「思考」から

この訓練は、
やり方は至って単純。


題材はなんでもいい。

とにかく、シンプルなものを選ぼう。


たとえば、えんぴつ。

題材を選んだら、
1日5分でいいから、徹底的に集中して、
「論理的に、えんぴつについて考える」んだ。


論理的正しさも重要だが、
もっと重要なことがひとつある。


この5分間はえんぴつのこと以外は、
わずかでも思い浮かべてはならない。


この思考の集中性というものが非常に重要だ。


徹底して、えんぴつに集中する。


余計なことが浮かんだら、
すぐに排除にして題材に集中しなおす。

コツは、題材に対し、
「なぜ鉛筆は生まれたのだ?」

といった具合に問いを立てること。

この「なぜ」に冷静に自問自答していけば、
単に知ってることの羅列にならず、
論理的に思考を進めやすい。

あと、自分がよく知ってる題材があると
やりやすい。

知らないものだと、
すぐに詰まってしまうので。

題材のシンプルさや複雑性は、
別にこの行には関係ねぇから。

 

論理的であること、
そして集中し続けるすること。


この訓練で大切なのは、
もちろん思考を論理的に使うこともそうなんだけど、
同じように大切なのが、
“1つのことに思考を集中させる”こと。

人間、どんなに集中して考えているようでも、
頭の片隅で別件がチラチラしていたりする。

まるで鬼火のようにチラチラと思考は分散している。


そんなすべてを意識的に排除しなくてはならない。


思考の力を一点に集中し続けるということは、
とてもタフな作業だ。


毎日できるエクササイズの一つとして、
やってみてくれ。

シンプルだけど、
難しいことがわかる。


1つのものを1ヶ月通してもいいし、
週替りや日替わりでもそれは構わない。

意外と難しいから。
そして1か月やり通すと、
自分の集中力の向上も感じるだろう。


また、わりと知られていないが、
まともなスピリチュアルな道は、
理性、つまりは思考力を中心に歩いていく、
安全性の高い道だ。

昨今の「スピリチュアル」は、
そんなごくごく基本的なことさえ置き忘れて流布しているように思う。

 

ま。そんな話だ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter