“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

老化するカネ

唐突だが。



お金に利子がつくどころか、老化し、価値が減る。



と聴いたらどう思う?



まだぽまいらにうまく説明できるほど勉強していないのが難点だが、それが地域貨幣とか言われてる貨幣の本質なんだ。



日本だとミヒャエル・エンデを中心に紹介され、いろいろと取り組みが始まっているが、なかなか普及しはていないんだが。



前に少し紹介した経済学者のゲゼルとか、シュタイナーのエイジング・マネーってヤツだ。



地域マネーの良い点についていろいろ書くのはもう少しあとに譲るとして、今回は、「お金は時間がたつと増える」つまり、利子というものの「悪」について話したい。



単純に考えてくれ。



なぜ、お金を預けると勝手に増えるんだ?



単純に言うと預金する=投資する、だよな。



銀行が勝手に運用するわけだが、普通預金で年率1%(今や1%さえ夢のような数値ww バブル時代が懐かしい)増えるとする。



100万なら101万。



1億なら1億100万。



10億なら10億1000万。



これだけ増えるコトが約束されているわけだ。




・・・この増える分のカネはどこから来るんだ?



そして預け続ければ延々増えるのか?



大金もってるヤツが預けていれば、やっぱり大金が増えていく。



早い話。「利子」という存在は、「カネをもってるヤツがさらに集めるための」システムなんだ。



世の中のモノは、すべて時間とともに、価値を減らしていく。



しかし、ことに利子だけは増える。リクツの上では、時間とともに雪だるま式に増えていき、貨幣自体が貨幣を稼いでくる。永遠に増え続ける。



本質的に破綻しているシステムなんだよ。ほんとは。



別にオレさまたちは、もはやギモンに思ったりもしない。それは不動の前提なんだ。



でも、そもそも論から始めると、実はこの「利子」という概念を放棄するだけで、人類はもう笑っちゃうほど、多くの社会問題を解決してしまうんだ。



利子の話に戻るが、利子によって「収奪」される金銭は、実はオレたちがすべて負担している。



たとえば企業は活動するのにカネを借りる。これもまた自分が負担する意味で利子も払わねばならない。それは当然、商品価格に反映される。



企業の収益なんて、利子を払うためだけで30%はもっていかれているという計算も成立するほどだそうだ。



そしてこの「収奪される」カネは、多額の「預金者」へと流れていく。多額のカネをもっているがゆえに多くのカネを集め、さらに肥大化したカネを「投資」して、また利ざやを稼ぐ。



世界の富は、ほんのわずかな上位者に90%以上占有されるという構造は、この「利子」システムによって支えられているんだ。



ほんと、世の中ってのは、さかさまだと思う。



疑いもしなかった、金銭の利子。



増えるどころか、「減少する」貨幣こそ、実は正しいあり方を持っている。



占有もなく、不況もない、経済システムは、貨幣の概念をひっくり返さないことには生まれない。




この問題は、もっと勉強したらまた改めて書いていこう。



・・・シュタイナーのエラいところは、神秘学をとことん社会に還元される体系にしたところだよ、ほんとに。



ま。そんな話だ。



                     訂正 1  




 うぉい、押さずに帰る気か、貴様。(藁↓
                        



関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/06/01)
    >たかメイ へぇ、おもしれぇな。 そのじっちゃんがどういう意味で言っているのかちょいとわからんが、 アストラル界を超えて、コーザルまでいくと、もう光とかじゃない。 「光」ということは、反対の「暗い」があるだろ? それは相対性領域であることを意味しているんだ。 相対性を超えると、 今度はなんというか、意味・概念の世界の入るのよ。 そこまで行ったら確かに本物というかガチで一人前だ。(笑)
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar たかメイ さんより(18/06/01)
    失礼いたします。ちょっと質問させて下さいませ。 スピ系のワクワクキラキラ系は、よく「光ってください!」と言います。 アストラル界はこの世の光とは比べものにならないほどの眩い光を放っていると夏樹さんのブログで読みました(RGB)。 そ、そんなに眩しいのか!と思いましたが、 二年前にある方のセミナーに行ったとき(75歳くらいのおじいちゃんが講師)、「本物はもう光ってない。」とおっしゃってたんです(そのおじいちゃんは昔のある時期、暗い部屋にいて電気を付けなくても大丈夫なほど光っていたそうです)。 その意味がまったくわからなかったのですが、 アストラル界は眩いほどに光ってるけれども(魔術)、メンタル、コーザル界まで行くともう光は無いのでしょうか? だとしたら、そのおじいちゃんはもうアストラル界を超えてしまっていたとか、脳波はデルタ派なのだそうです。
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/05/23)
    ははっ。この復活の呪文は自分の望むべき、在るべき状態へと「復活」することを企図するものだな。笑 まぁ別にカネがかかるものでなし。 未読なら読んでおくといいぜ。 いつか役立つかもよ?
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】
  • User Avatar shin さんより(18/05/23)
    カセットの内臓バッテリーが切れてセーブデータも消えてしまった「Ⅲ」状態(笑)の自分ですが、今回の記事は興味深く拝見させて頂きました。メルマガやブログ記事に「復活の呪文」との記載があったのは存じてましたので気にはなっていましたが、「まだその時ではない、そんなに酷い状態には陥っていない」と自分に言い聞かせてスルーしていました。ですが、これはそういうものではなかったのですね? 今は棺桶に入ったまま勇者の後ろに引っ張られているかの様な実生活を送っていますが、よく考えてみたいと思いました。 Ⅲに復活の呪文を入力する裏コマンドとかあったっけ...↑↑↓↓←→←→BA...
    » 「復活の呪文」で復活した物語【スピリチュアル成功哲学あるいは法則】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter