スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

天使のしごと

「さ、寒すぎる・・・!」と風邪ひいたにもかかわらずおでかけ慣行していたオレさまですが、ぽまいらはいかが「あー。家ってぬくいわ~」と、りらっくまな生活を怠惰に過ごしていやがりますか。




あー。さて。今日はなんとなく、表題のとおり、天使のしごとについて少し考えてみよう。



まずいきなりだが。こーゆーと一部のスピ系の方々から反発を喰らいそうだが。



動物や植物には、「個」としての自我は、ない。



コレはダスカロス、シュタイナー、ダンブルドアとオレさまの敬愛する3人の神秘家に共通している点なので、オレさまは疑ってはいない。



だが。



うちの駄猫もそうなんだが、どうみても、「個性」というものが動物にだってある。そして動物や植物とも高度な「コミュニケーション」を成立させているヤシらだっている。矛盾するようなことを言うと、ダスカロスなんて蛇からライオンまで対話ができたほどだ。



では、彼らの個性とはなんだろう。


まず、動物。彼らは、肉体、エーテル体、そしてアストラル体まではある。人間でいうところの、「わたしはわたし」であると意識する個我体はない。こいつは簡単に言うと、天界にある。



つまるところ、全動物の<意識>とは、1つしかない。人体にたとえよう。「わたし」と意識する部分は一つだが、個々の動物が個々の細胞のようなものだ。そして多くの細胞学に詳しい学者が言うように、個々の細胞はまるで知性があるように振舞う、と。



実際、人間の個々の細胞には「知性」があるのだろうと思う。しかし、個々の細胞には「脳」がなく、口や手足もない。各「身体」に即した反応、動きで表現するしかない。白血球なら外部からの侵入者に対する攻撃、という具合に。



そしてアストラル(思考感情)体がある動物たちは、このアストラル体によって知性の働きを生み出し、各物質体の脳みそや肉体の限界のもとにアストラル体の反応を表現している。だから思考、感情は程度の差こそあれど「ある」んだが、それは人間のように「わたし」を意識する知性ではないんだ。




そうした各動物たちは個体が死ぬとそのアストラル体は天界に上って第二の死(アストラル体の死)を迎え、1つの意識としての集合魂へと、過ごした生涯の情報をもって戻る。



植物の場合は、物質体とエーテル体しかない。物質体がそのサイクルに基づいて枯れるとエーテル体も消滅していく。そして「個」としての情報は、その固体に責任を持つ天使によって運ばれていく。



ようやく話が天使に戻ったな。



この点が、動植物の輪廻の特徴なんだ。人間のように「個我体」と「永久の原子」と呼ばれる情報を保存する領域を持たない彼らは、個々に管理する天使存在や自然霊(妖精)がついている。



彼ら天使が自然運行の任務をもち、「自然のサイクル」を機能させている。



ひまわりのタネを蒔いたら必ずひまわりが咲くよな。この必然性はDNAだけじゃないんだ。DNAがいわばプログラムとするならDNAに「入力する存在」が必要だ。この役目を天使が担っている。



そしてスピな感覚が発達していて、個々の動植物と対話しているというのは、実際のところは、この天使や自然霊と対話している。



人間と対話できるほどの意識は、残念ながら、動植物にはない。大本の集合魂はどうだか分からないが。そして人間の守護天使もそうなんだが、ついている存在と双子のようにそっくりの個性を持つ。



たとえば、うちの腐れ駄猫を管理している天使存在は、このネコとそっくりの個性を有するようになる。このネコの情報を次世代に伝えるために、常にアチューンメントしているから、そうなるんだ。



だからこそ、仮にこのネコと対話しようとすると、このネコとしか思えない知性と対話することになる。ネコとしての純粋部分は、与えられる愛情などの行為に対して「反応」しているにすぎないんだ。



そして天使たちというのは、個々独立しているようで、やはり人体の細胞のように完全に連動(アチューンメント)している。



各々の情報を共有している。だから地球という生態系、太陽を中心とする太陽系、各太陽系を包摂する銀河系・・・といった具合にその規模は大きくなっても、連動して自然運行の任務を遂行できるわけだ。



とりあえず今回は、このあたりにしよう。



次回は、もう少し詳細に天使が自然運行のために果たすしごとを考えていくぜ。



ま。そんな話だ。

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter