“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

悔い改めと観察

親愛なる皆様

どうもこんにちは!たーこです(*^^*)

暁のヨナ終わっちゃた…(号泣

アニメ第2期があることを心待ちにしている昨今ですw

※実は「花とゆめ」で絶賛立ち読み愛読中。

 

ありがたいことにブログの更新に比例して

読んでくださる方が増えているとのこと。

ありがとうございます。

一時そいつを聞いて色々末恐ろしくなって

軽く20時間程gkbrしていたのですが

昨日散々「解釈を変えることで人は変わる」

という話をうぜぇ位に語っていた手前

『ここで書き手の私が「うるせえバカヤロウ」できなくてどうする。』

と思いましてね。

もう、ガシガシいくわよー!

更新するわよー!

内容はどうであれ更新するよー!

クレームきても更新するよー!

一応霊性系の内容は夏樹にチェックしてもらってるからねー!

よろしくねー!(涙目gkbr

〜な感じです。

ていうか、先ほど更新された夏樹の記事を読んだのですが

※この記事を書いているのは26日の木曜日です。

内容がほぼもろ被り…な気がしないでもないwww

これは偶然の悲劇ですね。

ゆるしてたもれ・・。

 

さて。

私は心と身体の状態が笑える位直結しているので

内省だのエゴイズムだのの話はしっつこくやります。

そもそもで、ダスカロスの本は一部を除いて

内省についての語りがめっちゃ多い気がしますし。

あ、ちなみに精神を病んでる人が内省するのは危険な場合もあるらしいです。

※この辺の線引きは私にはわかりません。

ちなみに頭の中がうるさい私は起こった出来事について

考えることはあっても寝る前の内省はやらないときが多いです。

 

本人による悔い改め

前回の記事で悔い改めという言葉をちょろっと出しましたが、

こいつが結構大事なやつなんですよ。

大分前の夏樹のメルマガの一部のコピペなりますがご覧ください。

オレさまの師匠は、
よく「ガンほどカルマの結果生じたということが顕著な病はない」
と言っていた。


スピリチュアルな意味でのカルマ(原因と結果)、
物理的な意味での原因と結果。


そのすべての意味においてね。


そして悲しいことだが、
ダスカロスのような偉大なヒーラーの
ヒーリングを受けた者でも、
多くが再発した。(ガンに限らず)


ダスカロスはヒーリングをした者に、
いわば本当のヒーリングとして、
生活を改めるために色々アドバイスをした。


いわばその病を発生させた原因を根本から解決するためのね。
しかし、喉元をすぎればなんとやら。


多くは、そのアドバイスを実行せず、
結局再発してしまう。


カルマを本当の意味で解いていく(癒す)には、
あくまでも本人の「悔い改め」が必要なんだ。
この悔い改めに意識的に取り組むのが内省なのだが。

はい、ラストの部分注目ね。

>カルマを本当の意味で解いていく(癒す)には、
>あくまでも本人の「悔い改め」が必要なんだ。
>この悔い改めに意識的に取り組むのが内省なのだが。

本人の「悔い改め」が必要と書かれてますね。

 

本人の「悔い改め」が必要と。

 

気づくと気づかされる

「気づく」と「気づかされる」は違うんです。

※この辺も夏樹の過去記事にしっかり書かれていますので、

 ご興味ある方は頑張って探してください。

 結構重要な内容です。

 

能動的思考と受動的思考は意味が真逆です。

そして能動的な思考とは理性をさす言葉でもあります。

それでは受動的な思考とはなんでしょうか?

何にしても自分をより良いものにするものではないことでしょう。

宿題提出したという事実は同じでも

自分でやって出したことと、

人がやったり、人のを写して出したのでは

結果として得られるものは違うんです。

やるのとやらされるとでは、

表面的な結果は同じでも違うんです。

※この辺私かなり実体験として

か〜なりつら〜い・イタ〜い目みてるんで

超★しつこく言いますね。

もう一度言います。

本人の自発的な思考によるものじゃないといけないんです。

※あくまでも思考に関する話ね。

肉体の行動そのものに関してはものによりけりのような気がします。

※ちなみに前述の例においてかつての私はほとんどが後者W

ちなみに悔い改めの意味について。

●悔い改め(Repentance)

ギリシャ語で「悔い改め」を意味する(メタニア)という言葉には、

「心の変化」「理解力の変化」といった意味も含まれる。

つまり

「悔い改め」とは

単に悲しみ悔やむだけでなく、

気づきという

理解、心の変化によって

根底から誤った原因を分析し、

より積極的に

「同じ過ちを繰り返すまい」

と決心することを意味する。

それは、

私たちの思考・感情・行いを

神聖なるものと一致させる方向に進路を修正する、

ということである。

※エソテリック・プラクティス 用語集P205より。

(強調等々はたーこによるもの。)

太字部分の前半、言ってることはわかっても理解が難しい内容ですね。

気づき=理解・心の変化

ということですので、

夏樹の「潜在意識という畑を耕せ!」

という文言の辺りから

根底から誤った原因を分析する

=出来事の原因となったエゴイズムの種を掘り起こす(捨てる)

という作業

を連想しています。

そして「潜在意識という畑を耕せ!」に戻る。

恐怖を感じる原因は自分の中にあり、エゴイズムから来ます。

自分で変えられないことを、

くよくよと心配しても仕方がないのです。

自分で変えられないものを受け入れることによって、

私たちは成長します。

このように言うのは簡単ですが、

実行して自分のものにするのは、とても難しいことです。

私たちは肉体の身体が自分の全てだと思うので、

とても肉体に執着して大事にします。

今健康がブームになっていて、

健康食品やサプリメントなど食べるものには気をつけますが、

自分の感情と健康のつながりにあまり気づいていません。

毎日潜在意識的に生活していると、

心配、悩み、憎しみ、ジェラシーなどの

感情が身体を痛めつけるので、

だんだん病気が現れてきます。

ですから、私たちはこの肉体よりも感情を生み出すサイキカル体

あるいは思考を生み出すノエティカル体の働きについて、

もっと集中して意識しなくてはいけません。

そして自分が毎日どんなエレメンタルをつくっているのかを

観察しないといけません。

いま自分が何を考えていて、

どういう感情で生きているのかをいつも意識すると、

自分の思考と感情をコントロールすることが出来るようになります。

なぜなら、私たちは自分が意識しないものは

コントロールすることが出来ないからです。

「私たちは何のために生きているのか?」p355~p336

 

はい、ここでまた夏樹がいうところの

「潜在意識という畑を耕せ!」的な内容がきましたね。

以前の記事やメルマガ登録特典の「魂の神秘学ベーシックテキスト」を

熟読されている方は既におわかりかと思いますが、

潜在意識を顕在化するには理性が必要になります。

(※理性は能動的な思考能力、ね。)

※能動的の意味:自分から他へはたらきかけるさま。

(goo辞書より)

 

病みートたーこが最近意識的に取り組んでる内容ですね。

私の病気自体は決して重いものではないのですが、

良くない感情と一緒になって

数えたくない位の年数を不自由で生きづらいものにしています。

※以前の記事に書いていた「絶望する力」の内容は

「自分では変えられないものを受け入れることによって、私たちは成長します。」

という記述とほぼ同義ではないかと思います。

 

>毎日潜在意識的に生活していると、

>心配、悩み、憎しみ、ジェラシーなどの

>感情が身体を痛めつけるので、

>だんだん病気が現れてきます。

この部分、私は心の状態と身体の状態が笑える位

リンクしているので実感しやすいのですが

よくない感情は本当に身体を蝕み、病気を肉体に顕在させます。

要らん取り越し苦労をするだけでも、かなり身体を蝕みます。

病はカルマ的な要素もあるようですが、

毎日の積み重なったよろしくない感情によって

引き起こすものも多々あるのではないでしょうか。

(というか、ほとんど?)

 

病そのものを薬やヒーリング等で

一時的に治療・抑えることは可能でしょう。

ですが、病が一時的に抑えられている間に

自身の根本的なものの考え方や生活の仕方を変えない限り

夏樹のメルマガに記載されているように、

再発してしまうものなのかもしれません。

与太話とまとめ(?)

いやね、よく考えてみたのですけれども、

私医者でも何でもないですけど、

抵抗力と免疫力があるのに病気になるって

余程の何かないとおかしい気がするんですよね。

ですが原因を探るにしても、

ものの考え方や生活の仕方を変えるにしても

「観察」の力はどうしても必要となります。

なんだか私の記事を読み返すと

言い方を変えているだけで

毎回同じことを繰り返し言っているだけの

ような気もして恐縮なのですが、

観察は内省・悔い改めをするにあたり非常に重要となります。

内省はダスカロスの書籍用語集にあるところの

私たちの思考・感情・行いを神聖なるものと一致させる方向に進路を修正する

ために欠かせないものですし、

この行為自体が神との一体化(テオーシス)につながる架け橋となるようです。

 

※個人的には私のように良くない感情を充満させ、

結果的に無駄な時間を過ごす羽目になることは

しんどいだけですので、避けていただきたいものです。

 

本日はこんなところです。

 

 

メルマガ「魂の神秘学」は神秘家加藤夏樹が

ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

メルマガ「魂の神秘学」にご登録の方には、

登録特典として「魂の神秘学テキストベーシック」を配布しています。

本日ちょっとだけ触れた内省についてや、内省の仕方・気・ヒーリング等

それらに関するプラクティスの解説が、かなり詳細に記載されています。

本物のスピリチュアリティとは・・・?
と真摯に問う方の登録を、夏樹がとっても楽しみに待ってます!

質問にもある程度対応してくれるそうですよ! 

登録はコチラから☆

それではまた!(^0^)ノ

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar なが さんより(18/03/06)
    認める迄が ↓ココ ー\/ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーーーー ーーーーーーーー ーーーーーーー (魂?) なイメージかな? こんな真っ直ぐじゃないけれど。 今の実感としては、入口さえ間違っていたから明後日の方向に行ってるのさえ気付かなかったのが、(自分に至る)入口をやっと見つけた、しかもめっちゃ目の前にあった!っていう迄が長かったから、分析・解体が遅々として進まなくても、「あ、今なんか違っているかもしれない」って気がするだけで、自分にとってすごく進歩しているように思えるの。 で、一回「よっし!これだ!答え(分析結果)出た!」って思っても、 次の時に同じ答え(分析結果)がどうもしっくりこなくて、 「あれ?一回めのはなんだったん?」て戻ってみたら、更に隠れていた答えが見つかって… の繰り返しかな?と(今のところ)思っていて、 正直、自分は内省をしている感ほぼ無いし(←ここにも思い込みがありそう)、 理性ってなんなん?って思うけど(理性が分かっていないことが分かったw)、 これは続けていくしかないな(多分そうせずにおれない)という気がしている。 そんなだから、ダスカロスのチェック事項、まじ多過ぎる。 とっても手がまわんない。 ただ、それだけあるって知っておくと、 光の当てる角度が変えられるっていうのはあるのかな? 何度も云うけど、今の私の雑感だから、後々、 「うわ!全く違ったわ!」となるかもしれん。 それでも北極星が見えているだけで全然気持ち的に楽なんだな。 自分を責めるのって、 自分がすごく正しいことをしているような気がしてしまうんだよね。 それでなかなか止められないのかも。
    » エゴイズムと向き合う
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/03/06)
    責めたらあかんな。(笑) >内省って自分のエゴイズムを認めるまでがごっつ苦しくて、 >そこを突破したら内省ってこういうことか〜って分かるのかなと。 意外とそうでもない。(笑) 認めても分析がすすまないと、なんとも、、、だね。 アレやらコレやらが「エゴイズムだったな」と 気づいたら、その根っこをさらに分析していき、、、と。 理性でどんどこ解体していくんだな。 その過程でさらに分析対象が増えてリストアップされていく。(笑) 単純に「難問」の回答に四苦八苦する受験生のように、 エゴイズムを理性で解体(分析)していくプロセスがまってるぜぃ。 なかなか満足がいく答えにたどり着けないしねぇ。
    » エゴイズムと向き合う
  • User Avatar なが さんより(18/03/06)
    わはw 私、内省の仕方?手法?めちゃくちゃ間違ってたことに気付いたw 自分にダメ出しばかりし過ぎて、ちょっとMっぽくなってたw 今現在の認識だけど、 内省って自分のエゴイズムを認めるまでがごっつ苦しくて、 そこを突破したら内省ってこういうことか〜って分かるのかなと。 スピリチュアルを学んでいるという優越感もあって、 自分はちゃんとやってると思い込んでいたから、間違いに中々気付かなかったのかもな。 ちょっとスピリチュアルから離れて、 要するに外から知識を仕入れることを止めて、 そもそもの自分の感情とか考えの癖とかをどんなにグダグダで利己的であろうと、 これが自分の中にあるものだ と認めて見ぬふりとか押さえつけるのとかを止め始めたら、 今まで教わったことが分かるようになってきた気がする。 まだ、ダスカロスの内省する時の言葉の通りにはいかないけどw
    » エゴイズムと向き合う
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(18/01/20)
    ははは。(笑)まぁ不吉なほどの難問来たら食らっておきなよw そーなんだねー。httpsも済んでるし。理由がわかんなくてさー。Twitterに問い合わせてもレス寄越さないし。 やれやれだよ。
    » 【実録!】グラウンディング無きスピリチュアルがヤバいワケ【後編】

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter