スピリチュアルとは何か。瞑想のやり方や理論、霊的学びや真理の探究など。

潜在意識よりも大切な「意識」が存在し、目標の達成にはソチラが重要。

どーも。
夏樹です。


(今回の記事は、
過去のメルマガの編集記事です。)

 

前置きとして読者からのお便り


さて。
ひとつ読者からうれしいお知らせがあったんだ。


なんでも、
その方、ロミロミっての?をある日、
なじみの先生に受けにいったんだと。


まぁその先生、
ある程度、
そういう感覚があるんだろうね。


受けにいった方が、


「ルート・チャクラ
(尾てい骨部分の第一チャクラ)が発達している!
どうしたの!?」

 

といたく驚かれたんだと。


そういうことでは
まず驚かない先生だけに、
余計びっくりしたと。


やってることと言ったら、
「メルマガのプラクティスくらいです。
これからもがんばりまーす」


と。


うれしいねぇ。

つまりは、

「地に足がついている」

ということの一つ証を外部の方から得たわけだ。


世のスピ系の多くは、
面白いくらいに地に足がついていないのが多い。


よくおれがお花畑の住人、
と言っている類だな。


それとは正反対ということだな。


また、内省はもちろん、
最近はメルマガであんまり書いてないけど、
魂の6つの行とか。


こうしたものを続けると、
第三チャクラ(太陽神経叢、潜在意識の浄化
と理性の発達に比例する)も発達する。


そして今後触れると思うけど、
瞑想系では第六チャクラ(眉間)も発達する。


別に霊的能力が開けなくても、
このあたりが発達するということは、
地に足がついて、
理性的で、
人格が安定することを意味する。


ぜひとも、継続して欲しいところだ。


で、前置きが長くなってしまった。

 

意識の構造と関連して内省の話


内省に関する話として、
少し潜在意識の話をしたい。


そしてここは、
引き寄せとか、
願望実現系メソッドの下地として、
非常に大切なところだ。


意識ってのは、
おおざっぱに言うと、
三層構造だ。

 

1.顕在意識
2.潜在意識
3.超意識

 

超意識ってのは、
とりあえず高次の自我意識とか、
俗に言うハイアーセルフと思えばいい。


長くなりすぎるので
詳細は避けるけど、
ここは「永遠のパーソナリティ」だ。


神秘的な行法は、
この神としての自分と、
現在の自我意識的な「自己認識─魂」を
「永遠のパーソナリティ」へと近づけ、
一体化させることを目指す。

内省は、
現在の自己意識と、
「永遠のパーソナリティ」に横たわる、
ジャングルのような潜在意識を綺麗に整理整頓する。


ここが、おれの提案しているスピリチュアル・
マーケティングの入り口のメソッドであり、
ある意味一番重要な点でもある。


つまりさ、
世の願望実現系は、
アファーメーションにしても、
潜在意識にインプットすることを目指すだろ。


でも、本当は「永遠のパーソナリティ」に落とし込
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
むんだよ。
~~~~~~~

 

だから本当に叶えたい願いは、
永遠のパーソナリティに矛盾せず、
かつジャングルのような潜在意識に
妨害されることなく落とし込まれ、
かつ発露(実現に向けて発動)
しなくちゃいけないんだ。

 

ここがよく分かってないから、

世の願望実現系は、

「とにかく潜在意識に叩きこめ!」

となる。

その方法がアファーメーションだったり、
お金に対する意識をかえる
マインドセットとかだったりするわけ。


おれからすると、
力技すぎる。


強引にとにかく意識に刷り込もう
としているんだな。


そういうのは、
やめたほうがいいだろうと思うのだが。


だからまぁ、
ここでこのプロセスをスムーズにするために、
内省に始まる、
多様なメソッドがあるわけだ。


きっと、
おまいらだって叶えたい願いの一つや二つあるだろう。


それが本当に叶えたい願いなら。
叶えるに値する願いなら。


まずは内省に取り組むことを勧めるぜ。


潜在意識が、
少なくとも「整理整頓」されるだけでも、
意識がクリアになり(顕在意識が拡大する)、
よりスムーズに、
その願いが超意識に届くことになるのだから。


ま。そんな話だ。


追伸

ちょうど今、
「復活の呪文」シリーズを
メールマガジンで取り扱っている。


それはまさに、
本記事で言うところの、
意識、潜在意識を整理するための
具体的なアプローチとなっている。

人生の半分(40歳)は過ぎたかもしれない。

しかし、
「復活」はいつからだって出来る!

そう信じる者たちへの
オレからの応援メソッドだ。


残すところあと、
1~2通だが、
一通り終わったら、
さらにまとめて一気に読めるようにするつもりだ。


今のうちに、
メールマガジン『魂の神秘学』
に登録しておくことを
オススメしたい。
よろしく。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

カテゴリー

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/12/12)
    ビギ まぁ神智学ではないのだが・・・それはともかく、 >何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか? かまわんよ。またコメントするなりメルマガに返信するなりしてくれ。
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar ビギ さんより(21/12/05)
    どうにもその神智学は自分にはまだ少し早い様子、何なら手を付けないのも選択肢に含まれそうです。ですが何か相談事が出来るようならまた足を運びたく思うのですがよろしいでしょうか?
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/12/05)
    ビギ おう。ご希望にそえない点もあったかと思うが、すまんね。
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」
  • User Avatar ビギ さんより(21/12/04)
    返信しないとばかり思っていました(・・;) ①の方はほっとくはそう思います。現実に向き合うと言い出しているみたいです。神=キリストなら宗教観が総崩れですね(・・;) キリストの水は検討ついてましたが、物質おばけみたいな魔女とか一緒にわかるとは思いませんでした。 ②も含めて返信ありがとうございました
    » 「やっぱりさ、光属性の聖騎士でいくわ」

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter