スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

【動画】天使が死者を連れていく瞬間

こんちは、夏樹です。
スピリチュアルな話といえば、天使は避けて通れない。
ということで、今日はこの動画。

元記事のニュースだと、
このビデオはカザフスタンのセミパラーチンスクで撮影。

牧師(Shvedoveさん)によると、
アマチュアのカメラマンがこのアパート周辺を撮影していたら、
輝く天使?と思しき何かが、
屋根からアパートの中に入っていくのを捉えた、と。

そして映像の通り、輝く存在は、もっと小さい「光る存在」を連れ、空へと登っていった。


またのちに判明したことによると、
そのとき、まさにそのアパートでは、
一人の少年が息を引き取ったことが分かったという。

まずは、映像を見て欲しい。

 

1.死者を連れていく天使とは?

どう思っただろうか。
映像の真偽はともかくとして、
日本人なら、死者を連れていくというと、
死神を連想しやすい。

ちょっと怖そうなヤシっぽいよな。

しかし、神秘学派はそう考えないんだ。

ルドルフ・シュタイナーの指摘だが、
実は死者を迎えに来て、
連れていくのは、
聖書でも有名なあの「大天使ミカエル」とされているんだな、コレが。

 

ミカエル1

 

 


2.なぜミカエルが?

スピリチュアルな流行での影響で、
日本でもミカエルの名は広く知られている。

実はこの大天使は、
人に熱エネルギーを与える存在であり、一人ひとりの肉体の内で働いている。
そして「死」が訪れたとき、最後の生命=熱を天へと持ち去るのも彼なのだ。


それは無論、死神が命を刈り取るイメージじゃない。
優しく、水の最期の一滴を救い上げるように。

 

3.ミカエルは熱―ゆえに、心臓の鼓動こそ彼の息吹

よくスピリチュアルな「チャネラー」は、
天使たちやら神様とチャネリングとかして、
「メッセージ」を受け取ろうとする。

そういうのを聞くたびに、
まぁ正直おれは「フン」と鼻で笑いたくなる。

人間の肉体は、まさにミカエル、ラファエル、ガブリエル、ウリエル
と呼ばれる四大天使たちが働く神殿そのものだ。

彼らの力が、この肉体を維持し、機能させているのだ。

心臓に、その音に、そして血潮に意識を集中するといい。

熱い生命の響きに、集中するといいんだ。

 

それこそ、
もっとも身近に寄り添い、
我々を活かしてくれる大天使たちの声そのものなのだから。

 

24時間休むことなく、
人は神的な存在とその力によって、
活かされ、愛されている。

人とは、
そういう存在なのさ。

 

ま。そんな話だ。

 

人生を変える8本のメールレッスン

★★★★★★★★★★★★★★
伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと

落とし込みました。

1055人が読むだけで元気になり、

 
「人生を諦めない!」
 
と気力が溢れてきた8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter