スピリチュアルとは何か。そして神とは何か。本気で学ぶための講座やメルマガも運営しています。

霊的な「水」の意味を理解し、求めよう。

霊的な水を飲もう。そのときあなたは渇かなくなる。

どうも。

なつきちです。

さてさて。

ふざけたキャラ「オレさま」がスピリチュアル界(?)で異端視されて十数年・・・。


無料ブログでブイブイ

言ってたころは、おっぱいおっぱい叫んで今よりもずっととんがったキャラクターでおりました・・・。(遠い目

 

しかし、

師匠こと通称ダンブルドアの

「40になったら今度はおまえが

 教えを伝えていくんだぜ」


遺言(※死んでないw)に従い、

はや数年。

実際は40になる数年まえから事前準備的に始め、

46の2021年現在に至るまで神秘学講座なるものを運営しておりやす。

もう10年くらいですかねぇ。早いもんだ。


20代のころはそんな日が

来るなんてマジで思わなかったけどねぇ。。


それが今や、


「あー、そろそろ次の参加フォーム用意せんと」

と思いつつ、

もうちょっとお待ちくだされ、

なんていっちゃってるわけです。

まぁ、一応中身はマジメにやっているせいか、感想の一番多いのが、

「こんなにまっとうとは思わなかったw」

意外に映ったのか、

そんな感想が多いですわ。(笑)

んでね。


今日はそーいうこっちゃないの。

 

霊的な水とは何か


よくある話だが、霊的な道を「伝える」ということは、「指導者」への依存、下手したら隷属を生み出しやすい。


だからこそおれは「先生」ではなくて、ただのインストラクーで、

まぁ笑われるくらいの存在で丁度いいと思ってるわけ。


だから講座では名前で呼んでもらってるし、

インストラクターでしかない、

とは強調するところ。

 

シュタイナーに言わせると、ゼミの指導教授と学生のような関係性。


おれは町のカルチャーセンターのインストラクターなんて表現するけど。

それくらいでいいわけ。


だから大いによその「ゼミ」をのぞいてみることもいとわない。


比較するのもいいだろう。


実際、おれ自身も、薔薇十字の道とダスカロの残したシステム、


キリスト教神秘主義という枠内ではあるがダンブルドアの勧めで弊習した身だ。

 


でもね。

おれは一つだけ、いい加減に扱わないものがある。


それが、ブログ、メルマガや講座を通して伝えている

「真理」とか「叡智」と言われてる智の結晶ね。


先人たちが探求し、蓄積し、究め、今に残してきた。

その足跡だけは、畏敬の念をもって扱っている。

 

その扱い方、扱う資格というものは、常に問われる。

おれ自身を軽んじるのは

いいんだけど、おれがコップに入れて渡した「水」は大切に扱ったほうがいい。


はっきり言って、そこを混在させている者は、弾かれる。

 

夏樹がいい加減なアホであったとしても、

おれの渡している「水」まで同じと思ってはダメだぜ。


イエスも言っただろ。

「わたしが与える水を飲む者はだれでも、

 決して渇くことがありません。」


「水」は大切に。(笑)


「水」への畏敬のないものは、おれはごまかせても、上はごまかせません。


スピリチュアルな道を学ぶ。


ってそういうことだぜ。


ま。そんな話さ。

 

 

「風の時代」も乗り切る本物の霊的成長と社会・経済的成長を達成するメールレッスン

『2021年以降でも人生で成功するための伝統的神秘学の教え』

 

ご登録後、無料e-Bookをダウンロードでプレゼント。
動画は本文よりリンク。

※2021年以降にご登録の場合、その年の最新版の登録特典がダウンロードできます。

 

 

無料メール講座は下記の通りです。

 

第一部<スピリチュアル編>
【霊的成長編】

1通目:人格主義=霊的成長。それが前提
2通目:天国へと至る 5つ黄金の鍵とは何か
3通目:内省はすべてのベース
4通目:我々は真理の現れも観察する
5通目:集中力なくして達成できるものは何もない
6通目:霊的成長とは何か
7通目:もっとも重要なスキル—視覚化—
8通目:瞑想でこの世界を超越する
9通目:【重要】なぜ学ぶのか―魂のパトス—
10通目:お仕事編の学びを進めますか

 

【第二部お仕事編】

【spiritual&marketing】
1通目:真・善・美からそれないこと。
2通目: 個の時代の到来をはき違えるな
3通目:あなたの強みを具現化するということ
4通目:100年食いっぱぐれない力とは何か
5通目:非成長型社会を乗り切れる人種は〇〇
6通目: 再びモノづくりの時代へ
7通目: 日本人に最適な働き方

※第二部の配信はクリックした希望者のみ。

※icloudのメールは配信不可です。

『2021年以降でも人生で成功するための
伝統的神秘学の教え』

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar ポチ さんより(21/10/02)
    ありがとうございます。 >基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 >観察することに集中するんだよ。 >その結果、 >色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 観察への集中、確かにここは欠けてるようです。 また、その結果得られた衝動や意味も、 祈る時は捨てて観察に集中するようにしてみます。 ありがとうございました。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/10/01)
    ポチ ども、夏樹です。 多分だけど、意味をイメージしすぎているんじゃないかな。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 とくにこのあたり。 こういう崇高なイメージは結果湧いてくるものであって、 視覚化においては 基本的に「視覚的イメージ」を形成し、 観察することに集中するんだよ。 その結果、 色んな崇高な魂の衝動や意味がわきあがってくる。 最初からそういうイメージをもって 挑むもんでもないんだ。 今度は映画を観るように 視覚的イメージだけに集中してみなよ。
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar ポチ さんより(21/10/01)
    なつきさん こんばんは 薔薇十字の瞑想の時の最後の薔薇十字の表象の時に、上手くいきません。 植物の光を求める衝動をキリストの父なる神への衝動にかさねて7輪の薔薇をイメージする、 十字架はもちろん贖罪の罪=私の罪で託して背負い、 十字架と薔薇の間にある私を含めた現存在の全体をイメージしてるのですが何かが違う気がいつもしてます。 どこがダメだと思いますか?
    » ルドルフ・シュタイナーの薔薇十字瞑想について
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(21/09/17)
    4年目さ。
    » この世に何を遺せるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter