“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

ある教師の物語

ぽまいら、この話、知ってっか?

雑誌『致知』2005年12月号「縁を生かす」って特集の中で、エニアグラムとかで有名な鈴木秀子女史が語った話として、藤尾編集長が書いたとかでネットで有名になった物語、だそうだ。



新米の先生が5年生の担任として就任した時、一人服装が不潔でだらしなく、どうしても好きになれない少年がいました。


先生は、中間記録に少年の悪いところばかりを、記入するようになっていました。

  
ある時、少年の1年生からの記録が目に止まった。
  

「朗らかで、友達好きで、誰にでも親切で、勉強も良くでき、将来が楽しみ」とある。


先生は、これは何かの間違いだ、他の生徒の記録に違いない、そう思った。

  
2年生になると、「母親が病気で、世話をしなければならず、時々遅刻する」と書かれていた。


3年生では、「母親の病気が悪くなり、疲れていて、教室で居眠りをする」。そして後半の記録には、「母親が死亡。希望を失い悲しんでいる」とあり、


4年生になると、「父は生きる意欲を失い、アルコール依存症となり、子供に暴力をふるう」とあった。

  
先生の胸に痛みが走った。
  

ダメと決め付けていた子が突然、深い悲しみを生き抜いている生身の人間として、自分の前に立ち現れてきたのだ。

  
先生にとって目を開かされた瞬間であった。

  
放課後、先生は少年に声をかけた。
  

「先生は夕方まで教室で仕事をするから、あなたも勉強していかない? 分からないところは教えてあげるから」


少年は輝くような瞳と笑顔で「はい!」と応えた。

  
それから毎日、少年は教室の自分の机で予習・復習を熱心に続けた。
  

授業で少年が初めて手を上げた時、先生に大きな喜びが沸き起こった。
  

少年は自信を持ち始めたのだ。

  
クリスマスイブの午後だった。
  

少年が小さな包みを先生の胸に押し付けてきた。

  
後で開けてみると香水の瓶だった。
  

亡くなったお母さんが使っていたものに違いない。

  
先生はその香水を身につけ、夕暮れに少年の家を訪ねた。

  
雑然とした部屋で独り本を読んでいた少年は、
  

気が付くと直ぐに飛んできて、先生の胸に顔を埋めて叫んだ。
  

「ああ、お母さんの匂い!今日は素敵なクリスマスだ」

  
6年生では、先生は少年の担任ではなくなった。

  
卒業の時、先生に少年から1枚のカードが届いた。
  

「先生は僕のお母さんのようです。そして、今まで出会った中で1番素晴らしい先生でした」

  
それから6年後、またカードが届いた。
  

「明日は高校の卒業式です。僕は5年生で先生に担当してもらって、とても幸せでした。お陰で奨学金をもらって医学部に進学することができました」


10年を経て、またカードが届いた。

  
そこには、先生と出会えた事への感謝と、父親に叩かれた体験があるから、患者さんへの痛みが分かる医者になれたと記され、こう締めくくられていた。


「僕は5年生のときの先生を思い出します。あのままダメになってしまう僕を救って下さった先生を、神様のように感じました。
  
大人になり、医者になった僕にとって最高の先生は、5年生の時に担任して下さった先生です」

  

そして1年後、届いたカードは結婚式の招待状だった。
  

「母の席に座って下さい」と一行添えられていました。

  
新任の先生は当時22歳、学校を卒業したばかり、
  

学問の教え方についての意気込みはあったものの、人を育むという
  

「本来教諭が身につけていなければならない」ものを少年によって再認識させられたそうです。

  
少年の過去、生い立ちを知ったことで眼を開かされた先生。

  
先生の深い愛情で自分を取り戻した少年。


 <了>

【特典つき!】メルマガ登録

 

メルマガ「魂の神秘学」は、

神秘家:加藤夏樹 が、ガチに本物の神秘学の探究を進めます。

本物のスピリチュアリティとは・・・?

と、真摯に問う方の登録を夏樹がとっても楽しみに待ってます!

 

登録はコチラから☆

 

メルマガ魂の神秘学は、

登録特典としてPDFブック
「神秘学ベーシックテキスト」
プレゼントしています!



>>こんな方はぜひ!

・本質的なスピリチュアルを探求したい。
・スピリチュアルで本当に大切なコトを知りたい。
・ヒーリングの基礎的なコトを知りたい
・ヒーラー向け基礎スキルを知りたい
・スピリチュアルの基礎を学びたい
・ちょっと本格的なスピリチュアルも知りたい



【Contents】

はじめに-最高のヒーリングの話

【内省編】
1.内省の効果として-内省で生まれ変わった男の話
2.理性で、潜在意識という畑を耕せ!
3.瞑想と内省との違い
4.基礎的内省の実践
5.内省の必要性としての補講

【ヒーリング編】
1.エーテル(気)を感じることから始めよう
2.エーテルの機能について1
3.エーテルの機能について2
4.エーテルの機能について3 基礎的プラクティス

【エソテリック・プラクティス】
1. 秘教のスキルとして霊的防御フィールドの構築
2. 1本の赤い薔薇を


【ヒーラーに向けて】

1.魂のセラピストたれ

登録はコチラから☆

 

関連記事

メルマガ登録

メールマガジン「魂の神秘学」登録しませんか?
必要事項をご記入の上、送信ボタンをクリックしてください。
すぐに登録完了メールが届きます。
万が一、3分以内にメールが届かない場合は、メールアドレスの入力ミスが考えられますので、
大変お手数ですが、再度入力をお願いします。

* は必須入力です。

*

*


*

【☆登録特典☆】
ご登録された方には、ヒーリングや神秘学基礎メソッドの学習に活用できる
『神秘学ベーシックテキスト』をプレゼントいたします。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/29)
    >天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? 微妙。シャマエルは確かにルシファのエレメンタルとして活動するね。その作用は「機能的」なのであまり悪魔として認識されないように思う。 いわゆる「悪魔」とは別と考えた方がいい。 シュタイナーの文脈でいえば「アーリマン」に属する人(笑)たちが悪魔だねー。 悪魔は人間の感情をトレースできるので「善でも悪」でも柔軟にw行動できちゃうけど、ルシファーとかは根本は大天使なので「悪と呼ばれる行為(作用)しか」(ルシにとっての善)できないわけです。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar ひろ子 さんより(19/07/29)
    昨日教えてもらったことを復習しにやってきました☆ 天使=大天使のエレメンタルだとするなら、 悪魔=ルシファーのエレメンタルということでオッケーですか? さらにルシファーが悪魔しか作らないとするならば、シャマエルは悪魔なの??? とするならば、私たちの肉体を司る存在の中に悪魔がいる!? 気になります。
    » 天使と悪魔
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(19/07/13)
    となるとアレね。やはり王道はシュタイナーやダスカロス本の紹介でいいんでないかねー。 まぁ『信者』になってるとなかなか難しいものはあるけどな。
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。
  • User Avatar なが さんより(19/07/13)
    だよねえ。周りの人曰く“ピュアな人”らしいんだけど、神秘家をピュアって形容しないしねえ。 多分ピュアでいい人なんだと思う。そのスピな人。カルマの負債を増やす前に誰か教えてあげてって祈るわ。 結局私にできるのは、信者(どストレート過ぎて使いたく無かったけど)達に、 こういうブログがあるよって教えることか、 ダスカロスかシュタイナーの本の紹介するくらい。 自分が認識甘いのに人のこととやかく言えないよなあ、と思うこともある。 モヤモヤの半分は私の過去を見ているみたいだから関わりたくない、なんだけどもね(笑)
    » すぐ騙されるスピリチュアル女子への"注意喚起"だの"批判"はただのストレス解消でしかない。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter