“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

リベンジなるか?

はい、どーも。ぼくちゃんです。いやね、オレさまの副業会社。3年ほど前、とあるケータイゲームを出して、ぶっちゃけたいして売れんかった。w


今も細々と売れてはいるようなのだが、高校生の小遣い程度なわけです。それはともかくも、今年は事業形態もガツンと変えていくのだが、相棒くんは諦めきれなかったのか。



スマートフォンがここまで普及してきた昨今を鑑み、かなりやりこみ系のものをどうしても出したかった様子。



さて先日、名古屋に出向いた相棒くんから連絡があった。名古屋には、ゲーム方面を出すときにプログラム等を制作してもらうために組んでいる会社がある。




「今、名古屋にいてさ。今度こそRPGでいいのを出そうって話がまとまった。シナリオ、用意してくれ」と連絡が。



やっこさんのゲーム熱に火がついたな、と思いつつも、了承。翌日、仕事中の移動時間内、電車の中で思いついた話をメールにまとめて、たたき案1として送る。



しばらく連絡ねぇな?と思っていたら、もうプログラム制作会社、イラストレーターにメールを転送してあっちゅー間に話を通してしまっていた。w



ヒマつぶしに創ったシナリオプロットがプレゼンもなく通る。w こんないい加減なコトでいいのかと思わないでもないのだが。



さてさて。次作は果たしてリベンジなるのか!? という事態だぜ。まったく。仕事がまた増えた。今度はちゃんとシナリオを作りこむためにまた打ち合わせだ。



やれやれ。今年もやはり数足のワラジの生活は続く。ビンボーヒマなしとは言ったもんだなぁ。



ま。そんな話だ。


あ、そろそろまともな記事もちゃんと書きます。w

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


はいはい。そんなワケで。オレさま主催の『神秘学講座 基礎編』の案内だ。


↓ここ見ておくんなまし。参加してみっか、という奇特なヤシはどうぞ。

第一期はもう少しの間だけ受付中。


神秘学講座 基礎編 参加要綱はこちら


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


                     訂正 1  



「忙しいのはみんないっしょよ。w」なんて同情したら、ぽちっとな♪
                        人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter