“スピリチュアルとは何か”。その意味や方法論を探究するスピリチュアルブログ「魂の神秘学」―瞑想、瞑想方法、内省など多岐に渡って

引き寄せの法則には、取り組む前の注意点がある

どーも。夏樹です。夏過ぎて冬支度を始める木々のように、
少しずつ着ぶくれがはじまっていますが、
皆様はいかが「引き寄せの法則」でギラギラした欲望を
実現しちゃおうと「よーし、パパ、とにかく月収200万超えちゃうぞー!」と
世の中ナメ腐っていやがりますか。

 

いますよねー。
自己実現、成功法則、成功哲学、
スピリチュアルをこういう風に利用って。
危険なコトなんだけどね、いろいろ。

危険と美女

あー、すんません。クチが悪いのはデフォです。

最近、FBページが膨大ないいね数だわ、
サイトになったら読者数が増えてきたわで、
少しいい子ぶってましたが、
もう限界です。


ごめんなさい。お上品もストレスがたまるぜ、コンチクショウ。

 

ってなわけで、
なんとか抑えていたベランメェ調がまあ戻ってきちまった。

 

人間慣れねぇことはするもんじゃないねぇ、まったく。

 

あー、そうそう。
引き寄せね、引き寄せ。
今回のトピック。


前に少しだけ引き寄せの原理の一つになる、
エレメンタル(想念形態)の話を少しだけしたな。

※引き寄せの法則が成立するのは、エレメンタルの力だけではない。

 

で、まぁ、オレんところにも、
実際、なんで「自分は引き寄せがうまくいかないんだろう?」

という話が舞い込んできたりする。

で、話をいろいろと聞いていると、
まぁなんつーか。

とりあえず、「今は失敗してよかったよ、それ」

という人が多いんだな。

ぶっちゃけ、どんな欲望でも、
そのひと次第で確かに叶うぜ。
宇宙はそういうシステムだ。

だが、その叶えたい願望=本当の自分の願望か。

という自分探し的な前段階をあまりにも軽んじている人が、
多すぎるんだ。

月収○○万、経済的に自由な生活。

そんな派手な部分に惹かれて、
神秘的な法則を活用とする。

「聞くが、叶ったときの代償をきちんと考えているのか?」

ということ。

もっと怖いこというと、
それを強く願ってしまった代償もあるが・・・。
そこまではとりあえず、
踏み込まない。

引き寄せ以前に、
オレたちはまず上位法則として、
カルマの法則(原因と結果の法則)に支配されている。


「神聖な法則」「神の計画」、
クリスチャン的に言えば、
「神のご経綸」というヤツだ。


どんな願い(想い)も「因」になる。

「果」を生まない因はない。

そしてこの世界は、
複雑に因果の絡んだ結果としての「いま」がある。

そしてこの「いま」は、次の「果」を生むのための「因」である。

 

この無限のループはただ一点、「永遠の今」に入らない限り、
完全に紐解くことはできない。

複雑な因果

 

オレたちは、時間軸に則って、
丁寧に、原因と結果、カルマというものを考慮しなくてはいけない。

いささか、
話が抽象的になったな。

もっとシンプルに言おうか。

となりのAさんが、引き寄せで成功して月収ウン百万になった。
引き寄せ、最高!本当だった!

 

Aさんにとって、
それは「正当な結果」であり、
スピリチュアル的にも正しく、
まったく問題がない。

 

だからスムーズに答え(結果)に至った、
ということもあるが、
おまえさんもそうである保障なんて、
まったくないのだからな?

 

話が少し長くなった。

続きは、また別の日に。

 

人生を変える8本のメールレッスン

★★★★★★★★★★★★★★
伝統的神秘学を現代人の生きる力

を爆発させるメソッドへと

落とし込みました。

1055人が読むだけで元気になり、

 
「人生を諦めない!」
 
と気力が溢れてきた8本の
メールを公開しています。
★★★★★★★★★★★★★★
 
「もう引き寄せの法則とか、
 いりません」
 
メルマガ「魂の神秘学」著者加藤夏樹が、
伝統的神秘学を平易にかみ砕き、
そのエッセンスで
読者の魂の力を賦活する
メールをお届けします。
 
 
このメールは、
ともすれば自分の人生に
見切りをつけ始めた、
とくにover40歳など、
オトナたちのために書かれています。

追伸

本メール講座で、
「スピリチュアル・リンケージ」という
概念を知り、身に着けてください。
 

 
☆魂を元気にする8本の復活の呪文の受け取りはコチラ☆

https://natsukisummer.jp/p/r/Bn0eLsv0/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


特別講義

おすすめカテゴリー

MYブックマーク

最近のコメント

  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    こちらも承認と返信が消えていたような・・・。すまんこって。 日々の中でいろんなケーススタディーでてくるよな。 確かに知識とハウトゥを知ってるだけでかなり違うように思うね。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar 加藤 夏樹 さんより(20/05/03)
    あれ。なんか承認と返信が消えているような・・・。 まぁそこまで深刻なというよりは、どう生きるかどう在るべきか。 自分に対しての決めの問題かなーと。
    » この手は何のためにあるのか
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    ありがとうございます。その後、アマゾンで「老人の取扱説明書」、「まんがでわかる老人~その行動には理由があります」、「老いた親との上手な付き合い方」など医師による著書が沢山あることがわかりました。まずは読んでみたいと思います^^。
    » 孤独なエロジジイに愛の花束を渡したいけどさ。
  • User Avatar ろこじ さんより(20/04/21)
    こちらの具体的な事例による気づきや葛藤、学びのお話、とても共感し考えを深めるきっかけになります。ありがとうございます。 日々の実践で「誠意をもって(略)隣人を愛し、彼らに奉仕します」というのは、自分ひとりでできることではなく相手があることなので結構難しいと感じます。「こちらがよかれ、と思ったことでも相手には迷惑だったらどうしよう」とか「逆ギレされたらこわいな」とか、実際にそんなことがあってあつものに懲りてなますを吹く的に人に親切な行動することをためらった経験のある方はかなり多いのではないでしょうか。 あと、本当に知識と慣れですね。以前、視覚障碍者の方から「道路が分らなくて困っている様子の白い杖の人を見かけたら、突然腕を取ったりしないで一声かけてからにしていただけるとビックリしません」とお話を聞いてから、「お手伝いしましょうか?」と積極的にお手伝いできるようになりました。 これからもケーススタディシリーズ、よろしくお願いします!
    » この手は何のためにあるのか

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

RSS

twitter